ビットバンク/bitbank ビットコイン取引所

bitbank

高水準のトレード環境を求めるプロ向けの取引所

ビットバンク(bitbank)は2014年より仮想通貨のトレーディングサービスを運営している取引所。ユーザーが資産を使って仮想通貨を取引する上で、最先端のセキュリティ体制を整えており、かつ高い性能を誇るチャートツールを提供。
ビットコインなどの仮想通貨取引所としては、経験者やプロのトレーダーにも満足できるサービス、「一歩先の取引体験」をユーザーにもたらしてくれます。チャート分析の機能性、取引の快適性で選ぶのなら、bitbankは要チェック。

取り扱っている仮想通貨はビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)の3種類。ビットコインの需要の高まりはもちろん、リップルに関しても多くのトレーダーから注目を集めており、今後の展開が楽しみな仮想通貨。bitbankでは、他の仮想通貨の取り扱いも増えていきそうなので、これからの動きにも期待です!

→詳しくはビットバンク公式サイトへbitbank(ビットバンク)

TradeView採用。ブラウザ表示でストレスフリーな操作性

bitbank

ビットバンクで提供されるチャートツールは「TradeView」。世界中で支持される高性能ツールで、100種類以上もの分析機能を搭載。移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンド、MACD、ATRなど豊富なテクニカル指標を自由に扱えます。チャート分析にこだわっておられる方にとっては嬉しいツールではないでしょうか。

TradeViewはブラウザ表示ですので、ご自宅でも外出先でも使っていただけます。WindowsにもMacにも対応。さらに、iPhoneもしくはAndroidのスマホ環境でも使えます。こちらもブラウザ環境なのですが、サクサク動いてくれてストレスフリー。

リップル(XRP)とライトコイン(LTC)も取り扱い

ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコイン(代替コイン)と総称されますが、リップル(XRP)とライトコイン(LTC)もそこに含まれます。いずれも非常に注目度の高まっている仮想通貨。リップルはGoogleが出資をしたことでも有名で、市場価値も短期間で大きな高まりを見せるなどしています。bitbankではそのリップルを取引可能。取り扱っている取引所は多くないですので、気になる方は要チェックですね。

最先端のセキュリティ体制でユーザーの資産を守る

bitbank

ビットバンクではセキュリティ面の強化に尽力。ユーザーの資産を保管するコールドウォレットはもちろん、マルチシグを採用していますので、仮想通貨の送信には複数名の署名が必要で内部からの不正にも対策を行っています。ビットコインセキュリティの専門企業であるBitGo社との提携も実施。

マイナス手数料などお得なキャンペーンを順次開催

bitbankでは仮想通貨の取引をお得にするキャンペーンを随時開催。2017年6月からはリップルとライトコインのマイナス手数料キャンペーンと、リップルの売買高をランキング形式で競うキャンペーンを実施。最新のキャンペーン情報に関しては、公式サイトでご確認ください!

bitbank 公式サイト