最大利率5%!「仮想通貨を貸して増やす(ビットバンク)」サービスが登場

ビットバンク「仮想通貨を貸して増やす」サービス開始

仮想通貨取引所のビットバンク(bitbank)が、2018年4月より「仮想通貨を貸して増やす」サービスを開始することを発表しました。「仮想通貨を貸して増やす」は仮想通貨貸借取引契約を結び、ユーザーがビットバンクに仮想通貨を1年間貸し出すことで、最大5%の利用料を得られるというもの。

ビットバンクの口座を持っていればサービスの利用が可能です。まずはビットコインのみ対象となりますが、いずれはイーサリアムやリップルなど、すべての仮想通貨が対象になる予定。

価格変動のリスクは当然ありますが、仮想通貨を1年以上の期間で保有されるのであれば、待っているだけで貸し出しの利用料が加算される、「仮想通貨を貸して増やす」サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

→詳しくはビットバンク(bitbank)へビットバンク(bitbank)

ビットバンク「仮想通貨を貸して増やす」サービス概要

対象仮想通貨 ビットコイン
※順次他の仮想通貨も追加予定
貸出期間 1年間(募集月の翌月1日〜12ヶ月間)
最小貸出数量 1 BTC
最大貸出数量 1000 BTC
利用料 1 BTC以上〜5 BTC未満:3%
5 BTC以上〜10 BTC未満:4%
10 BTC以上:5%
備考 中途解約した場合は5%の解約手数料が発生し、期間中に発生予定の利用料は加算されない

「仮想通貨を貸して増やす」1年後に最大5%の利用料

「仮想通貨を貸して増やす」はまずビットコイン(BTC)から対応を開始。申し込みできる最小数量は1 BTCで、最大は1000 BTCとなっています。
貸し出しに対する利用料は、貸し出す数量によって変動。1〜5 BTC未満であれば3%、5〜10 BTC未満で4%、10 BTC以上で最大5%の利用料が設定されています。

ビットバンクが申し込みの募集月を設定し、その月の末日が申し込みの期限となります。その期限の翌日から1年間が利用料発生の期間。

「仮想通貨を貸して増やす」を利用される場合は、ビットバンクの口座を開いておく必要があります。ビットコインなど仮想通貨を長く持たれるのであれば、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ
  • 2018年4月より、ビットバンクが「仮想通貨を貸して増やす」を開始
  • ビットコインの貸し出しにより、最大5%の利用料を加算
  • まずはビットコインのみ対応。それ以外の仮想通貨も順次対応予定

ビットバンク(bitbank) 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です