未成年でも口座開設できる?年齢制限がある仮想通貨取引所

仮想通貨取引所の口座開設は20歳以上の大人でないと売買ができないところがあります。誰でもできるのかというとそうでもなく、残念ながら年齢制限が・・・。これだけ話題になっている仮想通貨、ビットコインを持ちたいという未成年の大学生であったり、高校生も多いのではないでしょうか。ただし親の同意書があればできるところも。

20歳未満の方でも口座開設ができる仮想通貨取引所を一覧にしてみました。未成年の学生は両親・保護者に一度相談して口座開設しましょう。

年齢制限がある仮想通貨取引所一覧

取引所 年齢制限 公式サイト
[bitFlyer]
ビットフライヤー
保護者の承諾書、保護者の方の顔写真付本人確認資料 [ビットフライヤー>詳細]
[Zaif]
ザイフ
20歳未満未成年者の方は、親権者(又は未成年後見人)とご本人の続柄を確認できる証明書類、およびご本人確認のための本人確認書類、親権者の同意書が必要 [ザイフ>詳細]
[ビットバンク]
ビットバンク
未成年者は、法定代理人の同意を得た上で、本人確認書類のほか、保護者の方直筆の委任状(書式自由)及び、保護者の方との関係を証明する書類(健康保険証、住民票など)が必要 [ビットバンク>詳細]
[フィスコ仮想通貨取引所]
フィスコ仮想通貨取引所
20歳未満未成年者の方は、親権者(又は未成年後見人)とご本人の 続柄を確認できる証明書類、およびご本人確認のための本人確認書類、親権者の同意書が必要 [フィスコ仮想通貨取引所>詳細]
[BTCBOX]
BTCBOX
20歳未満の方がサービスを利用するにあたり、親権者の同意書、親権者の本人確認書類が必要 [BTCBOX>詳細]
[ビットバンクトレード]
ビットバンクトレード
未成年者は、法定代理人の同意を得た上でサービスに登録できます [ビットバンクトレード>詳細]

(GMOコイン、ビットポイント、ビットトレード、QUOINEX、みんなのビットコインは満20歳以上の方、DMMビットコインは満20歳以上満75歳未満の方のみ口座開設ができます。)

未成年の方がbitFlyerを口座開設する場合

bitFlyerでは「保護者の承諾書」と「保護者の方の保護者の方の顔写真付本人確認資料」の2つの書類の提出が求められます。これを郵送します。これが確認できるまでは口座開設できません。例えば他のZaifでは「親権者との続柄が分かる証明書類」(住民票、戸籍妙本、健康保健証、母子手帳)も求められますが、bitFlyerでは2点だけです。

詳しくは以下で確認できます。

リンク先に書かれてある利用規約第3条5項2号とは、

「未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合」

この場合は、「登録を拒否することがあります」と書かれてあります。きちんと同意を得てから申請をしましょう。

bitFlyer 公式サイト