coincheck/コインチェック ビットコイン取引所

コインチェック

ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど銘柄が豊富

coincheck(コインチェック)はビットコイン(Bitcoin)をはじめ、BTCに次いで時価総額の大きいイーサリアム(Ethereum)や、リップル(Ripple)など多数の仮想通貨を取り扱っているビットコイン取引所。2017年4月にはネム(NEM)、ライトコイン(Litecoin)、ダッシュ(DASH)が新規追加され、合計12種類もの仮想通貨を取引可能(2017年5月15日現在)。

取扱い銘柄で国内の取引所を選ぶなら、coincheckは要チェック。世界にはすでに700以上のビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)が存在すると言われています。可能性を感じる仮想通貨に投資して、発展を応援するのもいいかもしれません。

コインチェックは取引所手数料が無料(期間限定)。レバレッジ取引では最大5倍のレバレッジを利用可能。通常の取引所の画面に加えて、トレードビュー画面では仮想通貨の値動きをチャートで見ながら、リアルタイムで更新される取引の様子を眺めることができます。シンプルなデザインのiPhone&Android(アンドロイド)専用のスマホアプリにも対応。

他にも、電気代をBTCで支払える「coincheckでんき」や、店舗やECサイト向けに「ビットコイン決済」サービスの提供を実施。国内での仮想通貨の普及にも尽力されている業者です。

→詳しくはコインチェック公式サイトへcoincheck

ビットコインを含む12種類の仮想通貨を取り扱い

取り扱っている仮想通貨

2017年5月現在、coincheckで取引できる仮想通貨は12種類。ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコイン(もしくはオルトコイン)と言われ、そのほとんどがビットコインを基に作られています。これからも種類が増えるだろう仮想通貨の中で、注目されそうなものを発掘する楽しみもあるでしょう。

ちなみに、コインチェックのQ&Aでは仮想通貨の解説もしています。基本的な情報から、仮想通貨の紹介(取扱いのないものも)、他の取引所の説明まで用意。興味のある方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか?

コインチェックのトレードビュー画面

トレードビュー

取引に際しては、シンプルな取引所のトップ画面の他に、トレードビュー(Tradeview)があります。インストールは不要。
トレードビューでは、各種通貨ペアのチャート、全取引履歴、注文一覧、ユーザーが注文するためのパネルなどが配置されています。取引履歴と注文一覧はリアルタイムに変動。ビットコイン、その他仮想通貨の市場の動きを感じながら、注文が行えます。

スマートフォンアプリでもビットコイン取引

スマートフォンアプリiPhoneとAndroid専用のスマホアプリを用意。シンプルなデザインですので、初心者の方にも扱いやすい仕様となっています。
PC環境と同様に、12種類の仮想通貨の取引が行えて、そのチャートを素早く表示することも可能。海外への仮想通貨の送金についても、スマホから実行できます。また、ユーザーによるチャットも、いつでもどこでも閲覧可能。

「coincheckでんき」「ビットコイン決済」などのサービス

電気代をビットコイン支払い&ビットコイン付与

coincheck

コインチェックの「coincheckでんき」を利用すれば、毎月の電気代をBTCでお支払い可能。関東・関西・中部エリアに対応しています(今後拡大を予定)。供給される電気の品質は変わらず、しかもビットコインが付与されるのがお得。

ビットコイン決済サービスの提供に大きく注力

coincheck

これは店舗やインターネットのショッピングサイトに関連することなのですが、コインチェックは業者向けのビットコイン決済サービスの提供を実施しています。都内の飲食店や、DMM.comにも導入。日本人だけでなく、ビットコインを利用している外国人旅行者にとっても非常に嬉しいサービスでしょう。仮想通貨の普及に対する姿勢にも注目です。

coincheck 公式サイト