仮想通貨の逆指値注文(ストップ注文)を決める?Chandelier Exit(シャンデリアシステム)とは

bitFlyerのチャートは、「LightChart」「Cryptowatch」「Original」の3種類あります。

これらは設定から変更が可能です。

初めにデフォルトであるLightChartを表示させていました。インジケーターを表示させようと思いリストを見てみると、Chandelier Exitというインジケーターを見つけました。

別のCryptowatchではシャンデリアシステムとなっています。

あまり聞いたことがないインジケーターですが、仮想通貨では使えるのでしょうか。そこでChandelier Exit(シャンデリアシステム)について調べてみました。

詳しくはbitFlyerbitFlyer(ビットフライヤー)

Chandelier Exit(シャンデリアシステム)とは

チャールズ・ル・ボーが開発をし、アレクサンダー・エルダーが本で紹介した手法です。ボラティリティを考慮したものであり、トレーリングストップの位置にラインを引くイメージです。

計算式

ある期間の最高値と最安値に注目をし、そこからATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)分を増減させたものです。ATRとはある期間の値幅を平均化させた値です。

シャンデリアシステムの計算式

  • Chandelier Exit (ロング) = 22期間の最高値 – ATR(22) x 3
  • Chandelier Exit (ショート) = 22期間の最安値 + ATR(22) x 3

ATRの3倍になっていますが、bitFlyer Lightningのチャートでは、3倍だとすぐにラインをブレイクしてしまい、さほど機能しません。1倍で十分かと思います。

トレンド転換の判断でも使えますし、ストップの位置を決めるのにも使えるのではないでしょうか。

シャンデリアシステムをMT4のインジケーターに。アラート機能付きを無料公開

MT4でも使ってみたいという方に作ってみました。無料でダウンロードできます。

シャンデリアシステム

ダウンロードはこちら(2018/03/23 ver1.0)

 Chandelier_Exit_Alert.mq4

パラメーターの入力で「終値でブレイクするとアラート」をtrueにするとアラートを出すことができます。

MT4シャンデリアシステムにアラート

トレンドの転換など知らせてほしいときに使えるかと思います。

もっとこうしてほしいなど感想をお待ちしております。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です