仮想通貨ウォレット(クライアント型ウォレット)アプリ比較

仮想通貨ウォレット(クライアント型ウォレット)アプリ特集

仮想通貨がメディアに取り上げられ、徐々に認知度が上がってきています。仮想通貨の急激な価格の上昇により投資として買っていた人が億単位の資産を築いた「億り人」という言葉も出てきました。そんな仮想通貨の華やかなデビューとは裏腹に取引所から数百億と盗まれるという事件も発生。世界中のネットワークに繋がっている環境のホットウォレットでは、不正アクセスによって自分の資産盗まれる可能性も。では自分で管理するコールドウォレットもいいのですが、いざ使うというときに不便に感じるのも事実。そこで安全に資産を管理しつつ、仮想通貨の利便性を損ねることのないスマホアプリ(クライアント型ウォレット)が誕生しました。

仮想通貨ウォレット一覧比較

アプリ名 対応仮想通貨 アプリの特徴 公式サイト
[Ginco]
Ginco
Bitcoin/BTC、Bitcoin Cash/BCH、Ethereum/ETH、0x/ZRX、Augur/REP、DigixDAO/DGD、EOS/EOS、Kyber Network/KNC、OmiseGO/OMG、Status/SNT、TRON/TRX、ZILLIQA/ZIL、Decentraland/MANA、eosDAC/EOSDAC、Vechain/VEN、Zilla/ZLA 独自の暗号通信を採用 [Ginco>詳細]
[Wei Wallet]
Wei Wallet
イーサリアム専用 イーサリアムプレゼント [Wei Wallet>詳細]

クライアント型ウォレットとは

取引所では秘密鍵を取引所が管理するサーバーで保管しますが、クライアント型ウォレットでは仮想通貨の秘密鍵を自身のスマホで管理します。こうすることでセキュリティを高め、外部からのハッキングによるリスクを軽減させます。

そしてクライアント型ウォレット同士の送金もスムーズに行うことができます。

それぞれの特長とメリット

Ginco(ギンコ)

Ginco

気になるのがスマホを紛失したとき、故障したときです。スマホに保存している秘密鍵はどうなるのでしょう。ご安心ください。バックアップキーを別の安全な場所に保存しておけば、別のデバイスで復元することが可能です。

そして全ての通信時にクレジットカード情報や暗証番号などを送受信するときに使われるSSL/TLSで暗号化してます。さらに独自の認証方式で外部からのハッキングを遮断。セキュリティ対策は万全です。

Ginco 公式サイト

Wei Wallet(ウェイウォレット)

Wei Wallet

受取と送金がとにかくスムーズ!支払いなどで待つこともほとんどありません。

そしてスマホを紛失したとしてもバックアップを取っておけばイーサリアムの復元は可能です。

Wei Wallet 公式サイト