【相場分析】今週は窓開けから始まったドル円。ダウは18,000台を回復。

熊本で大きな震災がありました。震度7の地震が2度続いたのは前例がないのではないでしょうか。これで被害を更に拡大させたのかなと思います。神戸の震災経験者として心が痛いです。自分でできることを遠くからですがやっていきたいです。熊本がんばれ!

先週はG20がありました。円安に向けた介入に日本はけん制された形となりました。やはり介入にはなかなか同意が得られないと思います。

2016年4月19日(火)10時50分時点での相場分析

 

ドル円のチャート

週足のチャートです。

ドル円の週足チャート

先々週が大きな陰線で終わり、選手は陽線となりましたが、戻りはそんなに大きくありませんでした。下に大きな窓開けをして今週の相場が始まりましたが、今はそれを埋めた形になっております。

IMMポジション動向

IMMポジションを見てみましょう。

シカゴ通貨先物、円、投機筋のポジション

円ロングが続いてます。円高に進みやすい環境と言っていいかもしれません。

ダウは1万8,000ドル台を回復

今朝の経済トップニュースです。ダウは上昇しました。

節目の1万8000ドル台を回復したダウ

企業の業績がいいということで、ダウは上昇しております。

ダウ先物の次の高値は

次は2015年5月19日の高値が意識されるでしょう。どこまで上昇するのかは、中国経済の行方も見守る必要が出てきます。油断はできません。

原油先物

最後に原油だけ見ておきましょう。日足です。

原油はダブルトップ

直近高値に抑えられました。しばらくはレンジが続くのかなぁとも思えます。

今週の経済指標

今週の経済指標

4/21(木)20:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表

最低これだけは注意したいです。

次回の動画記事は4月26日の3時頃になります。最後まで見てくださり、ありがとうございました

FX手とりでは毎週火曜日に、ドル円を中心とした相場分析の動画を配信しています。
解説を担当しているのはFXトレード歴8年のスタッフ、Masaです。
忙しい合間にもサクッと視聴できるよう5分でまとめています。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です