【相場分析】アメリカは確実に変わる。良い方向に?悪い方向に?

GMOがVRスマホアプリ「GMO-FX VR トレード」を今日リリースします。そういう時代になったのですね。ぜひ試してみたいのですが、VRゴーグルというものがないと見ることができません。週末にでもヨドバシカメラにでも行ってゴーグルを買ってみようと思います。

相場ですが、ダウが2万ドルを超えても勢いが続かず。トランプ大統領の発言によってリスクオン/オフを繰り返す始末。アメリカは大丈夫なのでしょうか。

ドル円を中心に見ていきます。

2017年1月31日(火)12時00分時点での相場分析

ドル円

ドル円の日足です。

ドル円の日足では112円50銭がポイント

上昇の勢いがなくなってしまいました。また下落ということで、ここでレンジになってしまう可能性もあります。そしてポイントとしては112.5をはっきりと割るようなことになるとさらに下落トレンドとなってしまうでしょう。そして今週は重要な経済指標の発表が続きます。そのイベントによってはどちらかにブレイクしてトレンドとして続くことも考えられるので注意が必要です。

ダウ先物

ダウの日足です。

ダウの日足は2万ドルを割り込む

2万ドルを超えたのでそのまま上昇するか、2万ドルのラインがサポートとして機能すれば想定内の動きですが、また2万ドルを割り込んできました。こうなると2万ドルのブレイクがダマシだったことになります。もしかしたらレンジに入ることも考えられます。ダウは最安値を割ったときに下落が始まる可能性もありえますので今後もしっかりと分析をしたいです。

ユーロドル

ユーロドルの日足です。

ユーロドルは1.05がポイントだった

上昇とはなっているものの、大きく陽線が続いているわけではありません。1.05を割り込まない限りは押し目買いですが、正直トレードが難しい。しばらくは様子見してもいいかもしれません。

ポンドドル

ポンドドルの日足です。

ポンドドルはレンジ中

ポンドはレンジに入ったような動きになっています。ポンドドルも、もう少し様子見してからでも遅くはないでしょう。

今週の経済指標

今週はADP、FOMC、NFPなど盛り沢山です。

経済指標カレンダ-

特に2日早朝にあるFOMCには注意が必要です。利上げの話によって乱高下するかもしれません。

次回の動画記事は来年の2月7日の14時頃になります。最後まで見てくださり、ありがとうございました。

FX手とりでは毎週火曜日に、ドル円を中心とした相場分析の動画を配信しています。
解説を担当しているのはFXトレード歴8年のスタッフ、Masaです。
忙しい合間にもサクッと視聴できるよう5分でまとめています。

見ているチャートはFXトレード・フィナンシャルのMT4です。FXTFオリジナルインジケーターが標準搭載されており、CFDも表示することができます。ぜひ一度試してみてください。

→詳しくはFXトレード・フィナンシャル公式サイトへFXトレード・フィナンシャル

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です