【相場分析】2017年のドル円はレンジとなりました。仮想通貨の影響もあるのか?

2017年も残り数日となりました。今日は会社で大掃除です。しっかり綺麗に掃除をして、来年もいい記事を作りたいです。

ドル円を中心としたクロス円とドルストレート。そしてダウです。動画でも解説しました。スイング向けの分析となります。

2017年12月26日(火)10時時点での相場分析

ドル円

ドル円の日足です。

ドル円の日足

本日も特に大きな動きがなく、2017年の相場は終わった感じがします。1分足で見ても急激な動きはありつつも元に戻ったりしています。この時期でポジションを持つのは難しいです。ポジションを持つとしても来年からにしたいです。

そしてどちらかに大きく動く可能性を秘めています。そこのポイントを見極めます。

ドル円の週足です。

ドル円の週足

2017年のドル円相場は1月当初は115円を超えた形になっていますが、それ以降は115円から下は108円の範囲に入るレンジとなっています。アメリカの利上げ、そして株価の上昇を考えてもドル円は上昇してもおかしくはないと思うのですが、レンジとなってしまいました。これも多少なりとも仮想通貨、特にビットコインの影響もあったのかもしれません。2018年は115円を超えるかどうか、108円を下回るかに注目したいです。

ダウ先物

ダウ先物の週足です。

ダウの週足

2017年は大きな下落もなく上昇相場となりました。景気は良かったと言えます。後半の上昇が急なので、これが2018年も続くのかどうか。今後も注視したいです。急激な動きが予想されます。バブルとは言いませんが、必ず反動があります。そのときにどう対処すべきかを考えるべきです。

ユーロ円

ユーロ円の日足です。

ユーロ円の日足

終値で高値を超えました。ユーロ円は狙っていたので、私にとってはチャンス通貨ペアとなりました。押し目買いでトレードをしていきます。下がってもロングという流れです。今後どうなるのかユーロ円は特に注目していきます。

ポンド円

ポンド円の日足です。

ポンド円の日足

上昇しそうでしていないです。もう少し明確に上昇したと分かる形になるまでぐっと我慢してトレードを控えます。147円を割り込むとロングの考えを捨ててショート目線に切り替えます。

ユーロドル

ユーロドルの日足です。

ユーロドルの日足

少し分かりづらい動きです。ただ上昇しそうなパターンもしています。ユーロドルではトレードしませんが、ユーロ円と絡めて注目していきたいです。

ポンドドル

ポンドドルの日足です。

ポンドドルの日足

白い色のチャネルラインに近づいてきました。このラインを終値でブレイクしてくるのかにまず注目します。そしてどう動くのかが2018年最初のポイントとなりそうです。

ユーロ円はロング戦略で私はいきます。そしてドル円、ポンド円、そしてポンドドルは待ちです。明確にサインが出るまでしっかり待ちましょう。

次回の動画記事は来年の1月9日の14時頃になります。最後まで見てくださり、ありがとうございました。

FX手とりでは毎週火曜日に、ドル円を中心とした相場分析の動画を配信しています。
解説を担当しているのはFXトレード歴10年のスタッフ、Masaです。
忙しい合間にもサクッと視聴できるよう5分でまとめています。

見ているチャートはEZインベスト証券のMT4です。CFDも表示することができます。ぜひ一度試してみてください。

→詳しくはEZインベスト証券公式サイトへEZインベスト証券

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です