【相場分析】ドル売りがどこまで続くのか?

韓国で冬季オリンピック開催中ですね。羽生結弦選手の金メダルには感動しました。怪我をして練習もあまりできない中、ぶっつけ本番であそこまで演技ができるのはそれだけの実力があるということだと思います。今まで積み上げてきた努力の結果なのでしょう。見習いたいものです。

ドル円を中心としたクロス円とドルストレート。そしてダウです。動画でも解説しました。スイング向けの分析となります。

2018年2月20日(火)9時半時点での相場分析

ドル円

ドル円の日足です。

ドル円の日足は下落トレンド発生

ポイントとしていた108円を超えて下落しました。そして2017年9月8日の安値107.31も終値で超えてきました。最近の流れから見ても下落トレンドとなったと思います。基本的には上がっても戻り売り戦略でいくつもりです。108円を超えてくるとちょっと嫌な感じがしますが、それでもショートで入りたいです。

次にドル円の週足です。

ドル円の週足

5円ほど動ける間隔があります。そこを狙っていきます。さすがに100円は意識されます。そこまでいくと買い圧力も大きいはずです。辛抱強くスイングで取りたいですね。

ダウ先物

ダウ先物の日足です。

ダウの日足

大きな下落の後、下ヒゲの陽線で支えられました。そして再度下落を試みましたが、また下ヒゲの陽線によって今現在上昇しております。そしてダブルボトムのネックラインを超えてきましたが、終値で確定していません。終値ベースで超えたかどうかを見ていきたいと思います。そして上がだましで終わった場合は、下落トレンドとして下落していく可能性がありますので、注意したいです。

ユーロ円

ユーロ円の日足です。

ユーロ円は131円に注目

ユーロ円は上昇していくものと思ってましたが、上昇トレンドは続かず落ちてきました。これによってどちらにも考えられるようになったため、様子見したいです。ポイントは131円から132円にかけて買い支えられていることです。このサポートが機能するのかに注目です。ここを割り込むようなことになると明確に下落と見て頭を切り替えます。戻り売り戦略とします。

ポンド円

ポンド円の日足です。

歩インド円はチャンス待ち

サポートのトレンドラインを割り、下落中です。ただポンド円も147円から148円のサポートにより買い圧力で止まっています。ここから上昇していくのか、下落していくのかを見定めたいです。今のところは下に行きそうな感じがしますが、ここで売りたいとは思いません。少し様子見してチャンスを待ちます。

ユーロドル

ユーロドルの日足です。

ユーロドルの日足はきれいなチャネルライン

サポートラインが機能しています。まずこのラインを超えるかどうか。それを超えるまでは押し目買いで見ていきます。ユーロドルは分かりやすいパターンとなっています。しっかりと見極めていきたいです。

ポンドドル

ポンドドルの日足です。

ポンドドルの日足はチャネル内

上昇のチャネル内に入っています。よって押し目買いのロング戦略でいきたいです。ただチャネル内で下落しそうなパターンとなっており、注意が必要です。押し目買いでいきますが、もう少し様子見をしてみます。

ダウがどういうトレンドになっていくのかをまずは見定めたいです。それによってユーロ円、ポンド円は変わってきます。そしてユーロドルです。チャンス待ちです。終値でしっかり確定してからエントリーしていくつもりでいます。

次回の動画記事は2月27日の14時頃になります。最後まで見てくださり、ありがとうございました。

見ているFXチャートはEZインベスト証券のMT4です。CFDも表示することができます。ぜひ一度試してみてください。

→詳しくはEZインベスト証券公式サイトへEZインベスト証券

FX手とりでは毎週火曜日に、ドル円を中心とした相場分析の動画を配信しています。
解説を担当しているのはFXトレード歴10年のスタッフ、Masaです。
忙しい合間にもサクッと視聴できるよう5分でまとめています。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です