カスタム足の設定方法(70ティックチャートなど自由自在)

一般的なFXチャートソフトの足種は1分足、5分足、15分足、30分足と期間が固定されているものが多いです。
しかし、デューカスコピー・ジャパンのJForexでは期間を自由に設定することができます。単位を指定して、数値の部分はユーザーが自由に設定するとが可能。この足種のカスタム機能は、JForexの持つ大きな魅力です。

分足や時間足、日足などはもちろんのこと、秒足やティックベースまでカスタム設定できる足の種類が多いのも特長的。
ティックベースを利用すれば、例えばボブ・ボルマン氏が著作で紹介されている、70ティックチャートの表示も可能です。

カスタム足

詳しくはデューカスコピー・ジャパン公式サイトへデューカスコピー・ジャパン

足の種類

ロウソク足だけではなく、ティック足もあります。当然期間を自由に設定できます。それ以外にも「レンジ・バー」「練行足」「ラインブレイク」「ポイント&フィギュア」「ティック・バー」があります。

設定するための準備

メニューにある「ツール」から「オプション設定」を選びます。

メニューからツールを選びオプション設定へ

そしてオプション設定の中から「期間」を選びます。

オプション設定の期間

「時間ペースの期間」のUnitsには「ティック、Sec(秒足)、Min(分足)、Hour(時間足)、Day(日足)、Week(週足)、Month(月足)」となっています。それらを指定した後にタイムフレームを設定します。

※ここのティックは期間を指定できません。70ティックチャートの場合は、次に出てくる「ティック・バー」を設定します。

「価格ベースの期間」には、「レンジ・バー」「練行足」「ラインブレイク」「ポイント&フィギュア」「ティック・バー」があります。

数値など設定した後、[ >> ]ボタンを押して、項目を追加します。図では70ティックチャート設定をしています。

期間を設定して追加

最後に「OK」を押せば、登録完了です。次にチャートに表示させます。

チャートに表示する

それぞれの通貨ペアのチャートの上にある項目から選ぶこともできます。

カスタム足

Workspaceから指定の通貨ペアを選び、右クリックすることで選ぶことができます。

期間を変更する

デューカスコピー・ジャパン 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です