JForexのダウンロードとインストール方法

JForex(インストール版)のダウンロードからインストールまで詳しく解説します。

JForexのダウンロード

JForexのダウンロード場所

「Win 32-bit / 64-bit」など書かれてありますが、ピンク色で囲った「JForexをインストール」をクリックすると自動で判別してダウンロードされます。

インストール
(Windows10 64bitをダウンロードしたファイル)

インストール版 JForexをインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールが始まります。

インストール4jウィザード

言語の選択を「日本語」にします。

言語の選択

「ようこそJForex Platformセットアッププログラムへ。」と出るので「次へ」を押します。

ようこそJForex Platformセットアッププログラムへ。

「ユーザー設定」が出てきます。お使いのパソコンの環境により違いますが、「このユーザーのみにインストールする」で大丈夫です。

install6

「インストール先の選択」はそのままの設定でいいでしょう。

install7

「プログラムグループの選択」もこのままで「次へ」を押してください。

プログラムグループの選択

「ショートカット作成オプションの選択」ではアイコンを作成します。必要なければチェックボックスをオフでも構いません。

ショートカット作成オプションの選択

すぐにJForexを起動しないのであれば、「JForex Platformを実行する」をオフにしてから「終了」を押してください。

JForex Platformのセットアップ完了

インストールが完了しました。特に複雑な設定はなかったと思います。

Windowsファイアウォールの設定

Windowsの場合「Windowsセキュリティの重要な警告」というものが出るかもしれません。

JForexのファイアウォール設定

お使いのパソコンの環境により違いますが、「プライベートネットワーク(ホームネットワークや社内ネットワークなど)」を選択して「アクセスを許可する」をクリックすればOKです。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です