チャートにラインを引く

チャートにラインを引いてみましょう。ラインの種類は「垂直線」「水平線」「トレンドライン」「角度によるトレンドライン」の4種類です。

メニューバーの「挿入」から「ライン」を選ぶと項目が表示されます。

チャートにラインを引く

ツールバーからも選択してラインが引けます。

ツールバーからラインなどを引く

表示されていないアイコンでよく利用するラインがあれば、右クリックから表示アイコンのカスタマイズができますので、使いやすいように配置を変更しておきましょう。

垂直線(Vertical Line)

垂直線は時間軸を分けるために使われます。

垂直線

パラメーターは時間だけです。

水平線(Horizontal Line)

水平線は主に高値と安値に注目し、サポート/レジスタンスラインを引くときに利用します。

水平線

パラメーターは価格のみとなります。

トレンドライン(Trendline)

トレンドラインはトレンドに沿ってラインを引くときに使います。

トレンドライン

パラメーターは時間と価格をそれぞれ2つずつ指定します。上図では「ラインを延長」をオンにした状態です。オフにするとパラメーターの期間内ラインになります。

角度によるトレンドライン(Trend By Angle)

ラインの角度を意識する場合、このラインが便利です。

角度によるトレンドライン

時間と価格と角度数の3つのパラメーターがあります。ラインを動かすことでそのラインの角度を知ることができます。上の図では、31.7度という角度になります。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です