MT4(メタトレーダー4)対応 国内FX業者比較

MT4を提供している国内のFX業者をご紹介します。
優れたチャート機能、カスタマイズ性能、EA(エキスパートアドバイザー)による自動売買の利用といったメタトレーダー4自体の魅力は変わりませんが、スプレッド幅や、プラスアフファとして付属する独自ツールなどには業者によって違いがあります。ぜひ自分の取引スタイルにあったものを見つけ出してください。

OANDA Japan(オアンダジャパン)

OANDAのMT4

オアンダ ジャパンは約定力の高さに定評があり、「約定拒否なし、再クオートなし」の謳い文句が心強いMT4提供業者です。1,000通貨単位の少額トレードから、最大で1,000万通貨までの大口取引に対応しており、取引量が変わっても約定力は損なわれないのが嬉しい。また、取り扱い通貨ペアは71通貨ペアと豊富なのもポイントです、
オアンダ ジャパンも独自ツールに注力しており、実際のユーザーのオーダー状況を知ることができたり、様々なチャートパターンを自動で見つけ出してくれるオートチャーティストなど見所が豊富。

OANDA Japan 公式サイト

FOREX.com

FOREX.comのMT4

FOREX.comは2015年10月に実施された「MetaTrader 4 利用者最新アンケート調査(Klug調べ)」において、国内のMT4取扱い業者として「顧客満足度NO.1」を獲得した人気のFX業者。
公式サイトではMT4ビデオマニュアルが用意されており、ユーザーへの配慮が行き届いています。動画で説明してもらえると、頭に入りやすいです。口座開設でもれなく3つのオリジナルインジケーターと1つのオリジナルEAがもらえます。

FOREX.com 公式サイト

FXトレード・フィナンシャル

FXTFのMT4

2011年よりMT4サービスをスタートさせ、独自の発展を遂げ続けてきたFXトレード・フィナンシャルの「FXTF MT4」。MT4を提供している業者は外資系が多い中で、FXトレード・フィナンシャルは国内に本社を置くFX会社となります。
米ドル/円0.3銭などの業界最狭水準スプレッド(原則固定)など基本スペックが魅力的。さらにシステムトレードだけではなく裁量トレードにも注力しており、そのためのオリジナルツール「Mini Terminal」はユーザーから好評を得ています。
無料で試せるデモ口座も用意。当サイトでデモ利用の手順を解説していますので、とりあえず試用してみたいという方はぜひご参照を。

FXトレード・フィナンシャル公式サイト

ワイジェイFX(YJFX!)

YJFX!のMT4チャート

YJFX!はユーザーからの要望を受けて「MT4チャート」をスタート。発注機能は利用できず、チャート分析専用のツールにはなるのですが、お客さまの声に対応していくその姿勢がありがたいです。
YJFX!はFXをはじめ、バイナリーオプションやトレードコレクターといった複数のサービスを展開しており、それらの取引にMT4チャートを活用すれば、取引手法の幅が広がるのではないでしょうか。

ワイジェイFX(YJFX!) 公式サイト

外為ファイネスト

外為ファイネストのMT4

外為ファイネストのMT4はカリネックスブリッジを採用。人手を介することなく約定させることができますので、ハイスピードかつ透明性の高い環境での取引ができます。

外為ファイネスト 公式サイト

楽天証券

楽天MT4

楽天証券では2016年9月17日をもって、これまでのFXCM MT4口座のFX取引サービスを終了し、新たに「楽天MT4口座」のサービスを開始。スプレッドは取り扱い20通貨ペアすべてにおいて原則固定(例外あり)で、米ドル/円は0.5銭となっています。楽天FX口座から楽天MT4口座への振替もリアルタイムになりますます便利に。大手ネット証券の中では唯一のMT4取り扱いだけに、自動売買に興味がある方にとっては注目です。

楽天証券 公式サイト

EZインベスト証券

EZインベスト証券のMT4

NDD(ノンディーリングデスク)方式を採用し、スキャルピングも大丈夫なFX業者。そして日経225指数や米国ナスダック指数、ダウなどの株式指数を主に、MT4上でトレードすることができます。(FX口座とは別に口座開設が必要)
横浜F・マリノスのトップパートナーなので、マリノスファンにとってはお得なキャンペーンをやっています。

EZインベスト証券 公式サイト