GMOコイン(Z.comコイン byGMO)

GMOコイン

GMOインターネットグループが仮想通貨市場へ参入

2017年5月31日よりGMOインターネットグループのGMOコイン株式会社が「GMOコイン」サービスをリリース(Z.comコイン byGMOからサービス名称変更)。数年後に1兆円の規模まで拡大すると言われるビットコイン、仮想通貨の市場へついに本格参入します。

「仮想通貨FX」と「仮想通貨売買」の2種類のサービスを展開。いずれも24時間365日の取引が可能。FXでは原則5倍(最大25倍)のレバレッジが使え、専用スマホアプリ「ビットレ君」を用意。仮想通貨売買は「売買手数料0円」「ビットコイン出金手数料0円」と低コストで取引ができます。

GMOコイン社は2016年10月から先を見据えて試験提供などの着々と準備を進行させていました。GMOインターネットグループならではの高い技術力を活用。セキュリテイ体制の強化。仮想通貨FXでは、5年連続でFX取引高世界第1位(ファイナンス・マグネイト社調べ)を記録したGMOクリック証券のノウハウも活用。

「GMOコイン」の登場により、国内でのビットコイン取引がより身近なものになるのではないでしょうか。サービスの今後の拡充にも期待です!

→詳しくはGMOコイン公式サイトへGMOコイン

「仮想通貨FX」原則5倍のレバレッジ

GMOコイン仮想通貨FXでは5倍のレバレッジを効かせて、数十円の少額の証拠金からビットコインの取引が行えます(要望すれば、ユーザーの資産状況などにより最大25倍までレバレッジを引き上げることが可能)。

2wayプライス(Bid/Ask)方式を採用、6種類の注文方式(成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCO)を用意、専用のスマホアプリを提供などの特長があり。仮想通貨ならではの「24時間365日、土日祝日も取引可能」であるメリットも持っています。

「仮想通貨売買」日本円でビットコインを手軽に購入&売却

「いつでも手軽に」と謳われている仮想通貨売買サービスも注目。現時点ではビットコインの取扱いのみですが、ビットコインに次いで人気度の高いイーサリアムなど、他の仮想通貨も追加で扱う予定としています。

ビットコイン、仮想通貨を知ってはいるけれど、まだ詳しくは分からないから購入するまではいかない…。そんなふうに考えられている方や、あるいは仮想通貨について知りたいという方などにとって、手軽に扱いやすいサービスになってくれるでしょう。

スマートフォン専用アプリ「ビットレ君」が便利!

スマートフォンアプリ「ビットレ君」2017年6月1日にはiPhone版、2017年7月1日にはAndroid版のスマホアプリ「ビットレ君」がリリース。GMOクリック証券のFXネオにて人気のアプリがあるのですが、「ビットレ君」はそのFXアプリと非常に似た仕様になっています。FXのアプリを触ったことがある人にとっては親しみやすいのでは。

GMOコインのサービスは始まったばかりですが、スマホアプリはデザインが洗練されており、ワンタップで発注できるスピード注文や、テクニカル指標を複数備えたチャートなど、高い完成度を誇っています。アプリでビットコインの取引をしたいとお考えの方には、ぜひチェックしていただきたいツールです。

GMOコイン 公式サイト