【最新版】注目米国株式の決算スケジュール・最新情報まとめ!

【最新版】注目米国株式の決算スケジュール・最新情報まとめ!

この記事では2021年4月-5月で注目の米国株式の決算スケジュールを一覧表でまとめています。決算発表後には最新情報に更新しています。投資先の銘柄選びにご活用ください。

【2021年4月】注目の米国株式の決算スケジュール

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/15Q1台湾セミコンダクターTSM129.2億ドル25%増
4/20Q1ネットフリックスNFLX71.6億ドル24%増
4/26Q1テスラTSLA103.8億ドル74%増
4/27Q1アルファベットGOOGL553.1億ドル34%増
Q3マイクロソフトMSFT417億ドル19%増
4/28Q2アップルAAPL895.8億ドル54%増
Q1フェイスブックFB261.7億ドル48%増
4/29Q1アマゾンAMZN1085.2億ドル44%増

【2021年5月】注目の米国株式の決算スケジュール

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
5/26Q1エヌビディアNVDA

注目米国株式の個別特集

台湾セミコンダクターの決算スケジュール、最新マーケット情報

台湾セミコンダクター株価

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/15Q1台湾セミコンダクターTSM129.2億ドル25%増

台湾セミコンダクター(台湾積体電路製造、TSMC)は2021年4月15日、第1四半期の決算発表を行いました。

売上高は3624億1000万台湾ドル(約1兆4000億円)、前年同期比で25.4%増と好調な業績を継続しています。当期純利益も19.4%増の1396億9000万台湾ドル(約5300億円)という結果に。

同社は2021年4月7日に今後3年間で1000億ドル(約10兆8000億円)規模の設備投資を行うと発表。今決算発表では、2021年の設備投資目標額の280億ドルを300億ドルに引き上げています。

現状では大型の設備投資によって営業利益率が少し悪化していますが、世界的に半導体不足が継続しており設備投資の効果は下半期に表れる見込みとなっています。

ネットフリックスの決算スケジュール、最新マーケット情報

ネットフリックス株価

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/20Q1ネットフリックスNFLX71.6億ドル24%増

米ネットフリックが2021年4月20日に発表した第1四半期決算では売上高、純利益ともに過去最高を記録しています。

売上高は71億6300万ドル(約7700億円、前年同期比24%増)、純利益は約17億円と前年に比べて2倍以上に増加しました。

有料会員数は市場予測を下回る398万人増となりましたが、依然、米動画配信サービス業界でトップのシェアを誇っています。

競合は「Amazonプライム」「Hulu」「Disny+」などですが、Disny+は2021年3月に有料会員数が1億人を突破したと発表しています。

ネットフリックは2020年末の時点で2億人を越えていますが、今後も魅力的なコンテンツを配信できるか、その動向に注目が集まります。

TESLA(テスラ)の決算スケジュール、最新マーケット情報

テスラ株価

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/26Q1テスラTSLA103.8億ドル74%増

米テスラは2021年4月26日に第1四半期決算を発表。売上高が前年同期比74%増の103億8900万ドルと非常に好調な業績を残しています。

純利益(GAAP)は4億3800万ドルで過去最高を記録しました。第1四半期では、高価格帯のモデルS/モデルXの生産がありませんでしたが、量産型のモデル3/モデルYの生産台数が増え売上をカバーしている形です。

テスラは数年前より生産拠点の拡大(米テキサス、中国上海など)工場の生産能力増強を進めており、着実に生産台数が増えてきています。

中国ではモデル3/モデルYの需要が高く、生産台数の拡充によって売上も増加する見込みです。今四半期では新型トラクターも公開されており、モデルS/モデルXのフルモデルチェンジなど同社の動向から目が離せません。

アルファベットの決算スケジュール、最新マーケット情報

グーグル株価

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/27Q1アルファベットGOOGL553.1億ドル34%増

米アルファベット(グーグル)は2021年4月27日に第1四半期決算を発表しました。アメリカの経済回復からオンラインでの消費活動が活発化、それに伴って広告事業の売上が大きく伸びています。

全体の売上高は553億1400万ドル(約5兆9700億円、前年同期比34%増)、純利益は179億3000万ドル(約1兆9400億円、前年同期比162%増)と素晴らしい業績を叩き出しています。

大型株とは思えないほどの成長率を誇っている同社ですが、今後、クラウド事業を筆頭にさらなる成長が見込まれます。

マイクロソフトの決算スケジュール、最新マーケット情報

マイクロソフト株価

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/27Q3マイクロソフトMSFT417億ドル19%増

米マイクロソフトも2021年4月27日に第3四半期の決算を発表。グーグルと同じく非常に素晴らしい業績を残しています。

売上高は約417億ドル(約4兆5000億円、前年同期比19%増)、純利益は約155億ドル(約1兆6700億円、前年同期比44%増)という結果に。

特に、クラウドサービス「Azure」の成長が著しく、前四半期に引き続き前年比50%もの成長を続けています。その他のセクターも軒並み2桁成長を達成しており、好調をアピールしました。

現CEOのナデラ氏も「企業のデジタル導入曲線は減速していない」としており、今後もクラウド事業を筆頭に大きな成長が見込まれます。

Apple(アップル)の決算スケジュール、最新マーケット情報

Apple株価

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/28Q2アップルAAPL895.8億ドル54%増

米アップルが2021年4月28日に発表した第2四半期決算は純利益が約2倍になる素晴らしい決算となりました。

売上高は895億8400万ドル(約9兆7000億円、前年同期比54%増)、純利益は236億6300万ドル(約2兆5000億円、前年同期比110%増)という結果に。

新型コロナウイルスによる在宅勤務やリモートワークの広がりで製品全般が好調な売れ行きを記録。特に、iPhoneやMacは前年同期比70%増という驚異的な伸びを見せています。

地域別では中国での売上高が大きく伸びている形です。米国の経済回復は着実に進んでおり、次の第3四半期決算にも期待が高まります。

Facebook(フェイスブック)の決算スケジュール、最新マーケット情報

facebook株価

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/28Q1フェイスブックFB261.7億ドル48%増

米フェイスブックが2021年4月28日発表した第1四半期決算では売上高、純利益ともに大幅に増加し好業績を記録しました。

売上高は261億7000万ドル(前年同期比+48%)、純利益は94億9700万ドル(前年同期比+94%)という結果に。純利益は前年比で約2倍近く増加しています。米国の経済回復による企業広告の増加、広告あたりの平均価格の上昇が追い風となった形です。

CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は「私たちは、拡張現実や仮想現実、商取引、クリエイターエコノミーなどの新しい分野を含め今後数年間、新しく有意義な体験を提供するために積極的に投資を続けます」と発表。

VR製品の「Oculus(オキュラス)」を筆頭に長期的なスパンで新しい収益の柱を構築してくとしています。iOSのターゲティング広告の制限や欧州の広告規制など懸念事項はいくつかありますが、足元の好決算から注目すべき銘柄の1つであることには違いありません。

Amazon(アマゾン)の決算スケジュール、最新マーケット情報

amazon株価

決算発表日決算区分銘柄ティッカー売上高前年同期比
4/29Q1アマゾンAMZN1085.2億ドル44%増

米アマゾンが2021年4月29日に発表した第1四半期では売上高、純利益ともに1-3月期としては過去最高を記録。

純利益は前四半期に引き続き1000億ドルを越え前年同期比44%増もの増加となりました。純利益は約81億ドル(約8700億円)と前年同期と比べて3.2倍に。

特に、クラウドサービスのAWSが135億300万ドル(約1兆4500億円、前年同期比32%増)もの売上を上げており、ここ数年で急激な成長を遂げています。

今決算発表でアマゾンは「地球上で最高の雇用主、最も安全な職場」を目指すと発表。全世界で130万人以上いる従業員の時給を最大3ドル引き上げるとしています。

倉庫労働者との対立が懸念されていますが、賃上げに伴う費用として10億ドルを見込み労働環境の改善を図るとしています。米国屈指の巨大企業と思えないほどの成長を続けているアマゾンは要注目!

米国株式のCFD取引対応業者比較表

比較項目[IG証券]IG証券[サクソバンク証券]サクソバンク証券[GMOクリック証券]GMOクリック証券
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%無料
最低手数料USD16.5USD5無料
銘柄数約17,000種類約9,000種類約130種類
最大発注数量原則、上限なし
(※)
銘柄による5,000万円
最低注文数量1株50USD1株
取引時間18:00-10:0023:30-6:0023:30-6:00
最低入金額制限なし10万円以上制限なし
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細][GMOクリック証券>詳細]

※片道手数料率とオンライン取引での最低手数料額を掲載。取引時間は標準時間を掲載(夏時間は1時間早くなります)。
※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。また、一部の米国株式で取引時間が延長されています。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。
※GMOクリック証券の最大注文数量は建玉金額を記載。

米国株式の現物株式対応ネット証券会社比較表

比較項目[DMM 株]【DMM 株】[SBI証券]【SBI証券】[楽天証券]【楽天証券】
手数料無料0.495%0.495%
注文種類指値、成行、IFDONE指値、成行、逆指値指値、成行
最大発注数量250,000株250,000株
発注上限2,000万ドル989万9,999.99ドル
最小取引単位1株1株1株
呼値1セント単位1セント単位1セント単位
取引時間23:30-6:0023:30-6:0023:30-6:00
公式サイト[DMM 株>詳細][SBI証券>詳細][楽天証券>詳細]

※SBI証券、楽天証券の手数料は約定代金の0.495%(税込)を掲載。最大発注数量、上限発注金額は1注文あたりを記載しています。
※DMM 株では円のみでの取引となります。米ドルの預け入れ、払い出しは行っていません。為替手数料として1ドルあたり25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。また、2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。
※取引時間は標準時間を掲載。夏時間は掲載時間より開始時刻、終了時刻ともに1時間早くなります。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です