フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所

fisco

フィスコ仮想通貨取引所は2018年9月にシステムのリニューアルを実施。セキュリティ強化に加え、公式サイトと取引画面の刷新が実施されました。仮想通貨交換業界の発展とともにフィスコ仮想通貨取引所のサービスにも注目です。

フィスコ仮想通貨取引所ではビットコインとモナコイン、ビットコインキャッシュの3種類の仮想通貨を取り扱っています。それに加えてCounterpartyトークンのFSCC、CICC、NCXCも取引していただけます。

取引画面はシンプルな構造になっており、チャートや気配値、全取引履歴といった情報をまとめて確認可能。
スマホ環境からの仮想通貨取引にも対応。ブラウザ表示により、スマホの画面でもチャートを見たり売買の操作を行えます。

→詳しくはフィスコ仮想通貨取引所公式サイトへフィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引所 基本スペック紹介

取り扱い仮想通貨 【主要通貨】ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)
【トークン】フィスココイン(FSCC)・カイカコイン(CICC)・ネクスコイン(NCXC)
FX取引 対応なし
売買手数料 ビットコイン/円:0.1%
モナコイン/円:0.1%
モナコイン/ビットコイン:0.1%
ビットコインキャッシュ/円:0.3%
ビットコインキャッシュ/ビットコイン:0.3%
Counterpartyトークン:0.1%
日本円入金 お客様負担(銀行振込)
日本円出金 50万円未満:350円
50万円以上:756円
仮想通貨預入 無料
仮想通貨送金(※) ビットコイン:原則0.001 BTC
モナコイン:0.001 MONA
ビットコインキャッシュ:0.001 BCH
Counterpartyトークン:0.001 BTC
スマホツール ブラウザ対応
仮想通貨交換業者登録 登録済み

※仮想通貨へ実際に採掘者に支払われる出金手数料は金額が上下する場合があります。

フィスコ仮想通貨取引所の取引画面

フィスコ仮想通貨取引所の取引画面

通貨ペアのチャート、注文パネル、気配値、全取引履歴などリアルタイムに変動する情報がまとめて配置。ビットコイン円やモナコイン円のチャートを自由に見ていただけます。フィスココイン(FSCC)などトークンのチャートも表示可能。

テクニカル指標は単純移動平均線(SMA:5 or 25)とボリンジャーバンド(BOOL:20)を表示できます。足種は1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、日足に対応。

スマホでもビットコインなど仮想通貨を取引

スマホでもビットコインなど仮想通貨を取引

フィスコ仮想通貨取引所はスマホ環境での取引にも対応。ブラウザからの利用となっており、パソコンの取引画面をそのままコンパクトにしたような仕様となっています。チャートのテクニカル指標も利用可能。

上記で紹介した簡単売買もスマホで行っていただけます。
どちらの取引画面もシンプルな構造になっていますので、スマホの小さな画面でもサクサク操作できます。


仮想通貨の価格やニュースを閲覧できる便利なアプリ

仮想通貨ナビ

フィスコ仮想通貨取引所のアプリではないのですが、FISCOが配信しているスマホアプリに「仮想通貨ナビ」というものがあります。
ビットコインやモナコインだけでなく、リップルやイーサリアムなど数多くのアルトコインの価格を一覧表示。また、bitbankやZaifなど複数の取引所における仮想通貨のレートをチェックすることもできます。
仮想通貨に関わるニュースも随時更新。無料でダウンロードしていただけますので、興味のある方はぜひ使ってみてください。


ビットコインとモナコインの簡単売買(※サービス停止中)

ビットコインとモナコインの簡単売買

フィスコ仮想通貨取引所の特長の1つとして簡単売買があります。簡単売買は取引所とは異なり、希望の数量の仮想通貨をすぐに売買することが可能。ビットコインあるいはモナコインに対応しており、仮想通貨の数量を入力して「売る/買う」のボタンをクリックするだけで注文できます。

フィスコ仮想通貨取引所 公式サイト