【相場分析】クロス円が難しい。難しいときはやらないべきか。

猛暑が続いております。熱中症にだけは注意したいです。

ドル円を中心としたクロス円とドルストレート。そしてダウです。動画でも解説しました。スイング向けの分析となります。

2018年7月31日(火)13時半時点での相場分析

ドル円

ドル円の日足です。

ドル円の日足

白いサポートラインからブレイクしているので下げそうではあります。下がったとしても108円までで、それ以上になるのかに注目しています。下がってからの押し目買いを狙いたいです。109.4がポイントとなるでしょうか。

ドル円の週足です。

レンジのドル円週足

108円から115円までのレンジです。108円近辺に来れば買われ、115円近辺に来れば売られるでしょう。トレンドになっていないので、一定の価格内に収まる形になっています。

ダウ先物

ダウ先物の日足です。

ダウの日足

ダウもレンジのような動き。方向感もなく。夏休み相場となったのか。

ユーロ円

ユーロ円の日足です。

ユーロ円の日足

131円と132円がポイントだと思っています。上昇していますが、戻り売りをしたいです。そして132円を超えたら、ロングを考えます。ユーロ円も非常に難しい相場となってしまいました。

ポンド円

ポンド円の日足です。

ポンド円の日足

148円を超えて下落していきました。戻り売りの考えです。ただストップ149.314まで遠いです。

ユーロドル

ユーロドルの日足です。

ユーロドルの日足

ここ最近は一定の価格内に入り、レンジ入りしていると見てもいいでしょう。直近の高値か直近の安値をブレイクしないかいぎり、レンジのままにと考えています。

ポンドドル

ポンドドルの週足です。

ポンドドルの週足

サポートラインからブレイクし、そのまま下落しています。戻り売りということで、ポンドドルに関してはショートから入ります。

クロス円はレンジに入ったのか、分析が難しいです。難しいときはトレードせずにいったん様子見をしたいところです。明確なトレンドが見分けられないときはトレードを控えるのも大切だと思います。

次回の動画記事は8月7日の12時頃になります。最後まで見てくださり、ありがとうございました。

見ているFXチャートはEZインベスト証券のMT4です。CFDも表示することができます。ぜひ一度試してみてください。

→詳しくはEZインベスト証券公式サイトへEZインベスト証券

FX手とりでは毎週火曜日に、ドル円を中心とした相場分析の動画を配信しています。
解説を担当しているのはFXトレード歴10年のスタッフ、Masaです。
忙しい合間にもサクッと視聴できるよう5分でまとめています。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です