上位時間軸(マルチタイムフレーム)や他の通貨ペアのインジケーターを表示させる

JForexにはマルチタイムフレーム機能が備わっており、下位時間軸のチャートに上位時間軸のインジケーターを表示させることが可能です。また、別の通貨ペアのインジケーターを表示することもできます。ここでは、分析の幅が広がるこの機能について解説していきます。

上位時間軸を表示させる

例えば米ドル/円1時間足のチャート上に米ドル/円の日足の移動平均線などを表示することができます。

まずはインディケーターを表示させます。今回は「SMA – Simple Moving Average」(移動平均線)にしました。

SMAを表示

次に「アドバンスド」のタブを選びます。既にインジケーターが表示されている場合は、「インジケーターの編集」から「アドバンスド」に行くことができます。そして「カスタム・データから計算」のチェックボックスをオンにし、「期間」を1日にします。

カスタム・データから計算

OKを押すと1時間足チャートに日足の結果が表示されます。

マルチタイムフレーム

他の通貨ペアのインディケーターを表示させる方法

例えば米ドル/円1時間足のチャート上に豪ドル/円1時間足のMACDを表示してみましょう。

まずは米ドル/円のチャートに豪ドル/円のチャートを表示させます。

今回は米ドル/円のチャート上に豪ドル/円のロウソク足は必要がないので、消しておきます。

チャートを消す

チェックボックスをオフにすることで簡単に消すことができます。

次にインディケーターを追加します。

今回はサブウィンドウに表示するMACDを追加します。

MACDの追加

次に「アドバンスド」の「カスタム・データから計算」にチェックを入れます。そして隣の「チャートから使用」をクリックして豪ドル/円のMACDを表示させたいのでAUDJPYを選びます。

銘柄のチャートから使用

最後にOKを押せば、米ドル/円のチャートに豪ドル/円のMACDを表示させることができました。

豪ドル/円のMACDを表示

マルチタイムフレームなどと一緒に使ってみてください。

動画で解説

文章では分かりづらい部分もあると思うので、実際に表示してみた動画を作成しました。

デューカスコピー・ジャパン 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です