【2019年版】MT4(メタトレーダー4)が使える国内FX業者・国内証券会社を一覧比較

【2019年版】MT4(メタトレーダー4)が使える国内FX業者・国内証券会社を一覧比較

MT4を取り扱っている国内FX業者・証券会社をまとめて紹介しています。どのFX業者・証券会社で使ってもMT4のスペック自体は変わらないのですが、利用する業者によって取引ルールや独自サービスにさまざまな違いがあります。スプレッド、対応通貨ペア、発注上限数量、DD方式かNDD方式か、オリジナルインジケーターの提供があるかなど…。同じMT4を利用するのであれば、自分が求めている環境と合致するFX業者で使いたいですよね。

当ページでは、MT4を取り扱っている国内のFX業者・証券会社のスペック・取引ルール・独自サービスに焦点を当てて各社を徹底比較。対応通貨ペア、米ドル円スプレッド、取引単位、業者の特徴で分かりやすく一覧比較しています。

さらに、「スプレッドの狭さで選ぶなら?」「NDD業者で選ぶなら?」「大手ネット証券会社でMT4を使うなら?」「オリジナルインジケーターの豊富さで選ぶなら?」といった観点から見て特にオススメのFX会社もピックアップしてお伝えしています。これからMT4業者を口座開設しようとお考えの方、別のMT4業者を追加で解説しようとお考えの方は、ぜひ当ページの情報をご活用ください。

MT4(メタトレーダー4)対応の国内FX業者 一覧比較

FX会社 通貨ペア 米ドル円スプレッド 取引単位 特徴 公式サイト
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan 71種類 0.3銭(※1) 1000通貨 NDD方式
約定拒否なし
オリジナルインジ50種類以上
[オアンダ ジャパン>詳細]
[楽天証券]楽天証券 22種類 0.5銭 1000通貨 大手ネット証券会社
楽天FXと併用可能
[楽天証券>詳細]
[外為ファイネスト]外為ファイネスト 30種類 変動制 1000通貨 NDD方式
スキャルピングOK
EA利用制限なし
[外為ファイネスト>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン 29種類 0.3銭 1000通貨 オリジナルツールが豊富
ウェブ版MT4提供
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[EZインベスト証券]EZインベスト証券 31種類 変動制 1000通貨 NDD方式
スキャルピングOK
CFD銘柄取引可能
[EZインベスト証券>詳細]
[フォレックス・エクスチェンジ]FOREX EXCHANGE 25種類 変動制 1000通貨 DMA方式
有料EAを自由に利用可能
[フォレックス・エクスチェンジ>詳細]
[EZインベスト証券]FOREX.com 84種類 0.8〜0.9銭 1000通貨 通貨ペアが豊富
EAホスティング無料
[FOREX.com>詳細]
[YJFX!]YJFX!(※2) オリジナルインジケーター提供 [YJFX!>詳細]
[JFX]JFX(※2) スキャルピングOK
オリジナルインジ提供
[JFX>詳細]

(※:OANDA、楽天証券、ゴールデンウェイ・ジャパン、FOREX.comの上記スプレッドは原則固定・例外あり)
(※1:OANDAのMT4には3つの取引コースが複数あり、上記スプレッドは東京サーバーコースのスペック。ベーシックコースでは0.4銭、プロコースでは0.8銭。すべて原則固定・例外あり)
(※2:YJFX!、JFXではMT4は分析専用ツールとして提供されており発注には対応していません)

NDD方式かつ業界最狭水準スプレッドのFX業者は?

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)

OANDAのMT4

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)はMT4を取り扱っているFX会社の中でも人気度の高い業者です。約定力の高さに定評があり、「約定拒否なし、再クオートなし」と公式サイトでアピールしているのが心強い。

オアンダは複数の取引コースを用意しており、1つめの「東京サーバーコース」は米ドル円0.3銭原則固定(例外あり)などの業界最狭水準スプレッドが魅力。ただし1回の最大発注数量が50万通貨までとなっています。

2つめの「ベーシックコース」では米ドル円0.4銭原則固定(例外あり)などのスプレッドで、1回の最大発注数量は25万通貨と東京サーバーコースよりもさらに少ないのですが、取り扱い通貨ペアが71種類と豊富なのが魅力。そして3つめの「プロコース」は米ドル円0.8銭原則固定(例外あり)と他のコースよりも基準スプレッドがやや広くなりますが、1回の最大発注数量が300万通貨と高く、通貨ペア数も71種類と豊富。取引スタイルでMT4を利用する環境を選べるのはOANDAのうれしいメリットですね。

また、OANDAは独自の情報コンテンツやオリジナルインジケーターの提供にも力を入れています。オリジナルインジケーターの数は実に50種類以上。特に、OANDAは世界中でサービスを展開しているのですが、世界のOANDAユーザーの注文情報を見られるオーダーブックというサービスが魅力。MT4のチャート上でも注文情報を見ることができます。このような情報を取引の材料として利用できるFX会社は貴重。OANDAは他にもさまざまな利点を兼ね備えていますので、気になる方はぜひ公式サイトもチェックしてみてくださいね。

OANDAはこんな人にオススメ!
  • スプレッドの狭いFX会社でMT4を使いたい!
  • オリジナルインジケーターが豊富なFX会社を使いたい!
  • トレーダーのリアルな注文情報(オープンオーダー)を見ながら取引したい!

OANDA Japan 公式サイト

大手ネット証券会社でMT4を使うなら?

楽天MT4(楽天証券)

楽天MT4

楽天MT4は大手ネット証券会社の楽天証券が取り扱っているMT4サービスです。楽天グループの知名度の高さは言うまでもありません。数々のサービスを取り扱っており実績も残しているグループとしての信頼感があります。

米ドル円スプレッド0.5銭原則固定(例外あり)という低水準スプレッドも魅力。また、MT4ではありませんが、口座は同時開設となる「楽天FX」サービスも注目。こちらは米ドル円0.3銭原則固定(例外あり)の業界最狭水準スプレッドであり、PCやスマホアプリ対応の高性能ツールなどがポイントです。大手ネット証券会社の中では唯一のMT4取り扱い。その点に注目される方は楽天証券は要チェック。

楽天MT4はこんな人にオススメ!
  • 大手ネット証券会社でMT4を使いたい!
  • 知名度の高い楽天グループのFXサービスで取引をしたい!
  • 低水準スプレッドの取引環境で取引をしたい!

楽天証券 公式サイト

スキャルピング公認かつNDD方式のFX会社は?

外為ファイネスト(MT4・ZERO)

外為ファイネストのMT4

外為ファイネストのMT4サービス「MT4・ZERO」は、人手を介さないNDD方式を採用しており、国内MT4業者として最狭水準スプレッドを実現しています。スプレッドの優位性だけでなく、「EA利用制限なし」「指値制限なし」「スキャルピングOK」と多くのメリットを兼ね備えています。

外為ファイネストは香港を拠点とするHantecグループの一員であり、外為ビジネスを長年続けてきた信頼性も魅力。スプレッドの狭さや約定力でMT4業者を選ぶなら、外為ファイネストをぜひチェックしてみてください。

外為ファイネストのスプレッド実績

外為ファイネストのスプレッド実績

外為ファイネストはこんな人にオススメ!
  • NDD方式でスキャルピングOKの会社でMT4を使いたい!
  • EA利用制限なし、指値制限なしのFX業者を利用したい!
  • 変動制で業界最狭水準スプレッドの会社で取引したい!

外為ファイネスト 公式サイト

原則固定の最狭水準スプレッドで取引できるFX業者は?

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

FXTFのMT4

ゴールデンウェイ・ジャパン(旧:FXトレード・フィナンシャル)は2011年から国内でMT4サービスを提供し続けているFX会社です。米ドル/円0.3銭などの業界最狭水準スプレッド(原則固定)など基本スペックが魅力的。さらにシステムトレードだけではなく裁量トレードにも注力しており、そのためのオリジナルツール「Mini Terminal」はユーザーから好評を得ています。前述のOANDAもオリジナルインジケーターに注力していますが、ゴールデンウェイ・ジャパンのMT4もさまざまなオリジナルインジケーター、オリジナルツールをすべて無料で提供しているのが魅力。無料で試せるデモ口座も用意。当サイトでデモ利用の手順を解説していますので、とりあえず試用してみたいという方はぜひご参照ください。

FXTF MT4はこんな人にオススメ!
  • 業界最狭水準スプレッドの環境でMT4を使いたい!
  • オリジナルツール・オリジナルインジの抱負はFX会社がいい!
  • MT4が初めてなので、サポートが充実している業者を利用したい!

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

日経225などのCFD銘柄をMT4で取引できる業者は?

EZインベスト証券(EZ MT4)

EZインベスト証券のMT4

EZインベスト証券もメタトレーダー4でNDD方式を採用。公式サイトでもスキャルピングを公認しており、超短期取引をされる方は要チェックです。また、EZインベスト証券のMT4はFX銘柄だけではなくCFD銘柄の取引にも対応しているのが魅力。日経225や米国ナスダック指数など、MT4で10種類の主要指数をトレードしていただけます。メタトレーダー4でCFDを取引したい方、あるいはチャートを表示させたい方はEZインベスト証券がおすすめ。

EZインベスト証券はこんな人にオススメ!
  • NDD方式を採用しているFX会社がいい!
  • スキャルピングOKのFX会社でMT4を使いたい!
  • 日経225や米国ナスダック指数などCFD銘柄をMT4で取引したい!

EZインベスト証券 公式サイト

DMA方式を採用している国内のFX会社は?

FOREX EXCHANGE(フォレックス・エクスチェンジ)

FOREX EXCHANGE(フォレックス・エクスチェンジ)のMT4

FOREX EXCHANGE(フォレックス・エクスチェンジ)は「俺のMT4」という名称でMT4サービスを提供しています。俺のMT4の最大の特徴は「DMA方式」の採用をしている点。DMAはDirect Market Accessの略で、約定確認を行わず、ユーザーが取引したいそのタイミングでダイレクトに取引が行えるもの。そのため、透明性が高くスムーズな取引ができます。FOREX EXCHANGEでは「俺のEA」というサービスも提供されており、通常は購入が必要なEAを少ない手数料で利用することが可能。

FOREX EXCHANGEはこんな人にオススメ!
  • DMA(Direct Market Access)方式のFX会社を利用したい!
  • 「俺のMT4」というネーミングがピンときた!
  • 通常は有料のEAを少ない手数料で利用してみたい!

FOREX EXCHANGE 公式サイト

EAホスティングサービスを無料で使えるFX会社は?

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)のMT4

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)はニューヨーク証券取引所に上場しており、世界180ヶ国でFXなどの金融商品を提供している世界レベルのFX会社です。MT4の取り扱い業者としても実績があり、高い約定力を実現している取引環境、1回で最大500万通貨までの発注が可能で、比較的低水準のスプレッドなどが魅力。スプレッドは午前8時〜翌日3時までの時間帯でのみ原則固定(例外あり)となります。

また、FOREX.comは「EAホスティング」サービスを提供している点にも注目。EAホスティングを利用すればPCを電源OFFにしていてもEAを24時間稼働できたり、MacやスマホからMT4を操作することが可能になったりします。FOREX.comでは、EAホスティング申請後に、口座残高が30万円以上あるという条件を満たせば1ヶ月無料で利用可能(翌月以降は月間取引量50万通貨以上で無料になります)。EAを利用される方は要チェック。

MT4取り扱い業者の中にはFXTF MT4のようにオリジナルツールを提供している会社がありますが、FOREX.comも特別限定としてインジケーターとEA、スクリプトをすべて無料で提供しています。実際に提供されている特別限定インジケーターは以下のとおり。興味のある方はぜひFOREX.comをチェックしてみてくださいね。

無料で使える特別限定インジケーター

無料で使える特別限定インジケーター

FOREX.comはこんな人にオススメ!
  • 世界中でサービスを展開している実力派の会社で取引したい!
  • EAホスティングサービスを無料で使いたい!
  • FOREX.comだけのインジケーターやEAに興味がある!

FOREX.com 公式サイト

MT4を分析専用ツールとして提供しているFX業者

(※:以下の2社ではMT4を分析専用ツールとして提供しており、発注機能はご利用いただけません。発注は別の取引ツールで行うことになります)

ワイジェイFX(YJFX!)

YJFX!のMT4チャート

YJFX!はユーザーからの要望を受けて「MT4チャート」をスタート。発注機能は利用できず、チャート分析専用のツールにはなるのですが、お客さまの声に対応していくその姿勢がありがたいです。YJFX!はFXをはじめ、バイナリーオプションやトレードコレクターといった複数のサービスを展開しており、それらの取引にMT4チャートを活用すれば、取引手法の幅が広がるのではないでしょうか。

YJFX!はこんな人にオススメ!
  • ヤフーグループのFXサービスでMT4を利用したい!
  • 平野朋之氏が監修したオリジナルインジケーターを使いたい!
  • 米ドル円0.3銭など業界最狭水準スプレッドで取引したい!(原則固定・例外あり)

ワイジェイFX(YJFX!) 公式サイト

JFX(MATRIX TRADER)

JFXのMT4チャート

JFXでもMT4が提供されていますが、YJFX!と同様に分析専用ツールとして使うことになるので、発注機能には対応していません。MT4で発注を行いたいのなら他のFX業者を選ぶべきなのですが、JFXはオリジナルインジケーターを提供していますのでその点にご注目を。任意のティック本数を設定してティックチャートを表示させられるものや、小林芳彦氏のTwitterをMT4上に表示できるインジケーターなどを、すべて無料で利用できます。

JFXはこんな人にオススメ!
  • JFXでMT4チャートを使いたい!
  • 小林芳彦氏のTwitter表示などオリジナルインジケーターを使いたい!
  • スキャルピングOKのJFXで取引したい!

JFX 公式サイト


MT4(メタトレーダー4)を取り扱っている国内のFX業者を、比較表でまとめて紹介して、各社の特徴に注目して紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。冒頭でもお伝えしたとおり、MT4自体はどのFX会社で使っても変わらないのですが、利用する業者によってスプレッドやオリジナルインジケーターの提供など、多くの点で違いがあります。

NDD方式を採用していてスプレッドが狭く、オリジナルインジケーターも豊富な業者を希望するならOANDA、大手ネット証券でMT4を使うなら楽天証券というように、お客様のニーズに合わせて利用するFX会社を選んでいただけたらと思います。1つに絞れないという方は、複数のFX業者で口座開設するという方法もありますね。ぜひ、当ページの情報をFX業者選びにご活用ください。