TradingViewの無料プラン・有料プランで機能・料金の違いは?

TradingViewプラン徹底比較!無料プラン・有料プランで機能の違いは?

TradingViewの無料プランと有料プランの違いが知りたい
有料プランならどれがいい?

TradingViewを普段から利用されている方であれば、有料プランが気になりますよね。

そこで、この記事ではTradingViewの無料プランと各有料プランの違いを料金・機能の両方から徹底解説しています。

さらに、TradingViewの有料プラン相当の機能が無料で使える国内FX業者も合わせて解説しているので、有料プランを検討されている方はぜひご一読ください!

みんなのFXなら有料プランの機能がPC・スマホで使える!

みんなのFXはPC・スマホの両方でTradingView内蔵!

TradingViewは豊富な機能が魅力的なツールです。もっとも、その本領を発揮するには有料プランへの加入が必要になります。

そこで注目なのが「みんなのFX」です。みんなのFXではPC版とスマホアプリの両方にTradingViewが内蔵されており、この内蔵TradingViewが非常に高機能です。

みんなのFXはPC・スマホの両方でTradingView内蔵!

テクニカル指標や描画ツールは80種類以上を標準搭載。平均足を含む7種類のチャートタイプと11種類の足種が利用可能。

さらに、PREMIUMプラン(月額8,000円相当)でしか使えないインジケーターの同時表示(25個以上)や6画面分割、テンプレートの保存(最大5個)まで無料で使えます

口座開設をするだけでTradingViewの有料プランの機能が使えるのは非常に魅力的です。有料プランを検討されている方はみんなのFXが要チェック!

※一部、利用できない機能があります。

→詳しくはみんなのFX公式サイトへみんなのFX

TradingView対応のFX会社、ブローカー一覧表

FX会社形式特徴公式
[みんなのFX]みんなのFX内蔵有料プラン(月額約8,000円相当)の機能が無料で使える
最大6画面分割、テクニカル指標の複数表示に対応
[みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FX内蔵FX初心者でも使いやすいPCツールとスマホアプリ
業界最高水準のスワップポイントが魅力
[LIGHT FX>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン内蔵スプレッドの狭さに徹底的にこだわり業界最狭水準を配信
TradingView内蔵ツール「FXTF GX」を配信
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券連携TradingViewの口座連携対応、プロ仕様の取引環境
FX通貨ペア約150種類、CFD(米国株・商品・先物)対応
[サクソバンク証券>詳細]
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan内蔵
連携
TradingView内蔵ツールと口座連携(PC・スマホ)の両対応
8画面分割や5秒足の表示も可能
[オアンダ ジャパン>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com内蔵
連携
世界180カ国に展開するグローバルプロバイダー
TradingViewをツールに内蔵、MT4にも対応
[FOREX.com>詳細]

※TradingViewの利用形式は取引ツールに内蔵しているFX業者と口座連携ができるFX業者があります。
※取引ツールに内蔵されているTradingViewはFX業者ごとに一部、搭載されていない機能があります。
※口座連携ができるFX業者のTradingViewの機能はTradingViewの契約プランによって異なります。

TradingViewの各プランを徹底比較!

TradingViewの各プランを徹底比較!

TradingViewには無料プランの「BASIC(ベーシック)」と3つの有料プラン(PRO、PRO+、PREMIUM)があります。

無料プランでもFXのチャートを確認するだけなら十分ですが、やはり本格的に相場分析をするなら有料プランを検討したいところ。

そこで、各プラン毎に利用できる機能を一覧表でまとめてみました。

機能BASICPROPRO+PREMIUM
広告表示ありなしなしなし
画面分割1248
テンプレート保存可能数1510無制限
カスタム時間足×
インジケーターの同時表示351025
出来高プロファイル×
アラート120100400

TradingViewは非常に多機能なツールなので、上記では主要な機能に絞って比較しています。

まず、無料プランでは「広告表示あり」「画面分割非対応」「テンプレ保存1つ」「インジケーター表示最大3つ」「アラート1つ」という最低限のスペックになります。

広告はチャート画面左下に一定時間毎にポップアップで表示されるため、一度消しても再度表示される仕様です。スペックに関しても、画面分割ができなかったりアラートが1つしか設定できないといった制限があります。

したがって、「チャートを確認するだけ」「画面分割も必要ない」という方は無料プランでも問題ないかと思います。

また、カスタム時間足(任意の時間足を表示)や出来高プロファイル(価格帯ごとの出来高を視覚化)といった機能も利用できません。本格的に相場分析をされるなら、必要なスペックに応じて有料プランを検討しましょう。

ちなみに、トレンドラインや水平線などの描画ツールは無料プランでもすべて自由に使うことができます。

出来高プロファイルはレジサポラインの判断に使える!

TradingViewのおすすめインジケーターを解説!

出来高プロファイルはTradingViewに搭載されているオリジナルのインジケーターです。

レートの更新頻度(売買回数)を視覚化し、疑似的な出来高として表示することで重要な価格帯が一目で分かる優れモノ。

出来高プロファイルは、どの価格帯がレジスタンスもしくはサポートラインとなるのかの判断に有効です。有料プラン(PRO以上)で使える機能ですが、今までとは異なる角度での分析を可能にしてくれます。

別記事でも詳しく解説しているので気になる方はチェックしてみてください!

TradingViewのプラン別料金比較

料金BASICPROPRO+PREMIUM
月次無料14.95ドル
(2,100円)
29.95ドル
(4,200円)
59.95ドル
(8,400円)
年次
(月額)
無料12.95ドル
(1,800円)
24.95ドル
(3,500円)
49.95ドル
(7,000円)
年次
(総額)
無料155.4ドル
(21,800円)
299.4ドル
(42,000円)
599.4ドル
(84,000円)
差額
(年次総額-月次年間)
24ドル
(3,400円お得)
60ドル
(8,400円お得)
120ドル
(16,800円お得)

※1ドル=140円で計算。日本円は2桁目を四捨五入して掲載。

次は、各プランの料金を見ていきましょう。

TradingViewの有料プランは「月次(月額払い)」と「年次(1年まとめ払い)」の2種類の支払い方法があります。

各プランはアップグレードする毎に料金がほぼ倍になります(PRO:月額約2,100円、PRO+:約4,200円、PREMIUM:約8,400円)。

また、年次は「月次に比べて総額16%の割引が効く」のと「2カ月分相当が無料で利用できる特典」があります。

結論からいうと、利用できる機能と料金を比較したとき最もコスパがいいのは「PRO+プラン」です。次は、各プランの違いをより詳しく解説していきます。

→詳しくはTradingView公式サイトへTradingView

【TradingView】無料プランとPROの違い

TradingViewプラン徹底比較!無料プラン・有料プランで機能の違いは?

TradingViewの有料プランで最安値なのが「PROプラン」です。

利用できる機能としては、「最大2つの画面分割」「テンプレート保存最大5つ」「インジケーターの同時表示最大5つ」「アラート最大20個」です。

また、PROプランから広告が非表示になるため「シンプルに広告を非表示にしたいだけ」という方はPROプランがおすすめ。

Check!!

シンプルに広告を非表示にしたいだけならPROプラン
画面分割2画面、テンプレ保存5個、インジ同時表示5個の機能が解放
アラートがBASIC1つ⇒最大20個まで使える
カスタム時間足や出来高プロファイルも利用可能
料金は月額1,800円(年次プランの月額)で有料プランでは最安値

画面分割は最大2つですが、TradingViewは複数のタブを開けばタブ毎に画面分割ができるためデュアルモニターの方であれば、最大4画面のチャート分割も可能です。

アラートも最大20個設定できる(無料プランは1つだけ)ため、必要最低限のスペックはPROプランで抑えられるのではないでしょうか。

また、3分足や8時間足など任意の時間足を表示できるカスタム時間足、上記で解説した出来高プロファイルも利用可能。

月額は月次で約2,100円、年次で月額1,800円なのである程度のコストはかけつつTradingViewをより快適にすることができます。

【TradingView】PROとPRO+の違い

TradingViewプラン徹底比較!無料プラン・有料プランで機能の違いは?

月額料金と解放される機能を比較したときに、最もコスパがいいのは「PRO+プラン」です。

「画面分割は最大4つ」「テンプレート保存最大10個」「インジケーターの同時表示10個」「アラートは最大100個」の機能が利用できます。

Check!!

使える機能と料金のコスパが最もいいプラン
画面分割4画面、テンプレ保存10個、インジ同時表示10個の機能が解放
アラートは最大100個使える(PROは20個)
チャートデータのエクスポート、カスタム計算式(スプレッドチャート)の作成
料金は月額3,500円(年次プランの月額)で利用可能

PROプランでは1つのタブに最大2つのチャートしか表示できませんが、PRO+では最大4画面の分割が可能。レイアウトも20種類以上が用意されており、自分好みのチャート画面を構築できます。

マルチモニターでタブを複数開けば8画面、12画面、16画面のチャート分割も可能。各チャートにインジケーターは最大10個まで表示できるため、本格的な相場分析も可能になります。

また、検証に使えるチャートデータのエクスポートや時間足のカスタム計算式(反転チャートやスプレッドチャート)もPRO+から利用できる機能です。

月額料金は月次で月額約4,200円、年次の月額で約3,500円です。「チャートツールに月額4,000円なら問題ない」という方はPRO+プランがおすすめ!

【TradingView】PRO+とPREMIUMの違い

TradingViewプラン徹底比較!無料プラン・有料プランで機能の違いは?

TradingViewの全機能が解放される最上位プランが「PREMIUM」です。

PREMIUMプランでは、「最大8画面分割」「テンプレート保存無制限」「インジケーターの同時表示最大25個」「アラートは最大400個」の機能が利用できます。

Check!!

TradingViewの最上位プラン、料金を気にしないならPREMIUM
画面分割8画面、テンプレ保存無制限、インジ同時表示25個の機能が解放
アラートは最大400個使える(PRO+は100個)
秒足チャート(1秒、5秒、15秒、30秒)が利用可能
ヒストリカルバー(2倍量の過去データ)は過去50年分以上(銘柄による)
カスタマーサポートが最優先

PRO+とPREMIUMの主な違いは「画面分割が4⇒8」「秒足が使える」「過去チャートのデータが増える」という点。

このうち、最も有用なのは「秒足チャート」です。FXのスキャルピングやバイナリーオプションをされる方であれば、1分足より短いチャートが見れるのは大きなポイント。

PREMIUMでは1秒足、5秒足、15秒足、30秒足が表示できます。また、過去検証を行う際に膨大なデータが欲しいという方もPREMIUMプランがおすすめ。

もっとも、8画面分割やインジケーターの同時表示25個、アラート400個などはハイスペックすぎて必要ないという方も多いかと思います。

月額料金は月次で約8,400円、年次の月額で約7,000円です。料金と機能を見比べて自分が最適だと思うプランを選択していただければと思います。

TradingViewの決済、支払い方法について

TradingViewの決済、支払い方法について

TradingViewの決済方法は基本的にはクレジットカードです。対応ブランドはVISA、マスターカード、アメリカンエキスプレスなどです。

VISAまたはアメリカンエキスプレスのロゴがあるデビットカードも利用できます。また、Google PlayやApp Storeなどのモバイルアプリ経由でも有料プランの購読が可能です。

クレジットカードがない、使いたくないという方はPayPalアカウントで銀行口座を紐づければ口座振替でも決済が可能です。

また、年次プランは暗号資産(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、ドージコイン)での支払いもできます。暗号資産での支払いはCoinbaseを経由して行います。

TradingViewの決済はPayPal社およびBraintree社が担当しています。クレジットカード情報は暗号化されAPIを介してPayPal社およびBraintree社に渡されるためTradingViewはクレジットカード情報を保有しません。

別記事ではTradingViewの有料プランを解約する方法や解約時の注意点についても解説しているので気になる方はご一読ください。

TradingView対応のFX会社、ブローカー一覧表

有料プランを検討されている方は、TradingView内蔵ツールを提供している国内FX業者にご注目を!

特に、みんなのFXLIGHT FXゴールデンウェイ・ジャパンの3社は有料プラン相当の機能を内蔵したツールが無料で利用できます。

各社の特徴を解説していくので、気になる業者があればチェックしてみてくださいね!

FX会社形式特徴公式
[みんなのFX]みんなのFX内蔵有料プラン(月額約8,000円相当)の機能が無料で使える
最大6画面分割、テクニカル指標の複数表示に対応
[みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FX内蔵FX初心者でも使いやすいPCツールとスマホアプリ
業界最高水準のスワップポイントが魅力
[LIGHT FX>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン内蔵スプレッドの狭さに徹底的にこだわり業界最狭水準を配信
TradingView内蔵ツール「FXTF GX」を配信
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券連携TradingViewの口座連携対応、プロ仕様の取引環境
FX通貨ペア約150種類、CFD(米国株・商品・先物)対応
[サクソバンク証券>詳細]
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan内蔵
連携
TradingView内蔵ツールと口座連携(PC・スマホ)の両対応
8画面分割や5秒足の表示も可能
[オアンダ ジャパン>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com内蔵
連携
世界180カ国に展開するグローバルプロバイダー
TradingViewをツールに内蔵、MT4にも対応
[FOREX.com>詳細]

※TradingViewの利用形式は取引ツールに内蔵しているFX業者と口座連携ができるFX業者があります。
※取引ツールに内蔵されているTradingViewはFX業者ごとに一部、搭載されていない機能があります。
※口座連携ができるFX業者のTradingViewの機能はTradingViewの契約プランによって異なります。

みんなのFX

みんなのFX

人気の国内FX業者の1つである「みんなのFX」では、TradingViewを内蔵した取引ツール「FXトレーダー」が利用できます。

利用できる機能は「最大6画面分割」「テンプレート保存5個」「インジケーターの同時表示25個」「比較チャート」などです。

これだけの機能がみんなのFXで口座開設するだけで無料で利用可能。口座開設費や維持費、利用料などは一切かかりません。

みんなのFX

特に、6画面分割や最大25個のインジケーター同時表示はPREMIUMプランで初めて利用できる機能です。

テンプレート保存にも対応しているため、TradingViewでチャートを分割しながら本格的な相場分析が可能。

みんなのFX

内蔵インジケーターも87種類、描画ツールは81種類が利用できます。一部、搭載していない機能はありますが、それでも無料で利用できるのはかなりお得。

有料プランにしたいけど、固定費がかかるのは嫌」という方はぜひみんなのFXをチェックしてみてください!

みんなのFX 公式サイト

LIGHT FX

みんなのFX

みんなのFXと同じ運営元(トレイダーズ証券)のLIGHT FXでもTradingViewを内蔵した取引ツールが利用できます。

基本的に利用できる機能はみんなのFXと同じですが、LIGHT FXはスワップポイントに力を入れているのが特徴です。

LIGHT FX

トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドなど高金利通貨で高いスワップポイント付与実績があります。

取引単位は1,000通貨から、通貨ペアは29種類に対応。PCツール、スマホアプリの両方でTradingView内蔵ツールが利用できるのでLIGHT FXも要チェックです!

LIGHT FX 公式サイト

ゴールデンウェイ・ジャパン

ゴールデンウェイ・ジャパン

ゴールデンウェイ・ジャパンでもTradingViewを内蔵した新ツール「FXTF GX」を提供しています。

FXTF GXは徹底的にシンプルさにこだわった取引ツールです。チャートツールにTradingViewを採用し、スッキリとした視認性の良いツールに仕上がっています。

ゴールデンウェイ・ジャパン

スペックとしては、最大6画面分割が可能ですがテンプレートの保存には対応しておらず、別画面でマルチチャートが確認できます。

機能面でいえばみんなのFXやLIGHT FXの方がより多彩な機能が利用可能です。「必要最低限の機能だけでいい」という方にはゴールデンウェイ・ジャパンが最適です!

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

TradingViewと口座連携が可能な国内FX業者

以下で解説するFX業者はTradingViewと口座連携ができる国内業者です。

口座連携ではTradingView自体の利用できる機能は契約しているプランによります。もっとも、口座連携をすればTradingViewからFX業者を介して直接発注をかけることが可能です。

国内FX業者でTradingViewとの口座連携に対応している業者は少ないので、こちらも気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

サクソバンク証券

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークのコペンハーゲンに本社を構えるサクソバンクグループの日本法人です。

サクソバンク証券の特徴は「FX150種類以上の通貨ペアに対応」「業界最高水準の約定力」「米国株式(現物)もTradingViewと口座連携可能」という点です。

サクソバンク証券

FXの通貨ペアで150種類以上が取引できるのは国内トップクラスの品揃え。米ドル、ユーロ、豪ドル、円、高金利通貨からマイナー通貨まで多種多様な組み合わせで取引が可能です。

また、欧州銀行系証券会社として長年に渡ってグローバルにサービスを提供してきた実績と信頼もあります。

サクソバンク証券

上記の画像は実際にTradingViewでサクソバンク証券と口座連携ができる口座です。

サクソバンク証券はFXだけでなく米国株式(現物)も可能なのが大きな魅力です。「通貨ペアは多い方がいい」「TradingViewで直接発注したい」という方はサクソバンク証券がおすすめ!

サクソバンク証券 公式サイト

OANDA(オアンダ)

OANDA

外資系の国内FX業者として人気のあるオアンダでもTradingViewとの口座連携に対応しています。

オアンダは「公平・公正なレート配信」を信条にサービスを提供している会社です。毎週、約定までのスピードとスリッページの発生状況を公開しており、レート配信の透明性には自信を持っています。

オアンダ東京サーバーの約定スピード公開情報(毎週更新)
オアンダ東京サーバーの約定スピード公開情報

専門のエンジニアチームを編成し、0.1pipsにまでこだわった取引環境を提供。こうした地道な努力が高い品質のサービス提供を可能にしています。

TradingViewは内蔵ツールと口座連携の両方に対応しているのも注目ポイントです。

OANDA

オアンダの取引プラットフォーム「fxTrade(エフエックストレード)」のブラウザ版にTradingViewが内蔵されています。

テクニカル指標や描画ツールは80種類以上を搭載。8画面のマルチチャートにも対応しており、レイアウト機能があるので画面分割もスムーズです。

OANDA

また、内蔵ツール以外でもサクソバンク証券と同じように本家TradingViewとの口座連携も可能。内蔵ツールと本家TradingViewのどちらでも好きな方を使うことができます。

さらに、オアンダ独自のマーケット情報も大きな魅力です。特に、世界中のトレーダーが保有している注文比率が分かるオープンブックはおすすめ!

別記事でオアンダのTradingViewに関して、その魅力を詳しく解説しているのでぜひご一読ください。

OANDA 公式サイト

OANDAはスマホでも口座連携が可能!

OANDAはPC・スマホの両方で口座連携が可能!

これまで本家TradingViewのスマホアプリはデモトレードのみの対応でしたが、新しいアップデートによりオアンダのFX口座が連携可能となりました。

スマホアプリからでもオアンダを通して直接トレードすることが可能です。高機能なTradingView内蔵ツール、PC・スマホの口座連携両対応など魅力たっぷりのオアンダは要チェックのFX業者です!

→詳しくはOANDA公式サイトへOANDA

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

FOREX.comはナスダック上場企業である「StoneX」グループ企業で、日本でも10年以上に渡ってFX/CFDを中心にサービスを提供しています。

MT4(メタトレーダー4)を使った自動売買サービスが人気の同社ですが、TradingView内蔵ツールの提供および口座連携に対応。

PC版ツールではタブを複数表示させてのマルチチャートに対応しています。また、口座連携もできるため本家TradingViewをそのまま使いたい方は口座連携をお試しください。

FX通貨ペアは84種類、1,000通貨の少額取引にも対応しています。「MT4とTradingViewを合わせて使いたい」という方はFOREX.comも要チェック!

FOREX.com 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。