【FX】スキャルピングOKのおすすめ国内業者7社を徹底比較!

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

ここでは、スキャルピング取引を公認している国内のFX会社・証券会社を紹介しています。FX業者の中にはスキャルピングを歓迎しないところもあるようですが、以下に挙げている各社は公式サイトで「スキャルピングOK」というようにアピールしている会社。

スキャルピング公認のFX会社をまずは一覧表で比較して、さらに「スプレッドの狭さで選ぶなら?」「NDD方式を採用しているのは?」「約定率の高さで選ぶなら?」という3つの観点からオススメのFX会社をピックアップしています。スキャルピングOKの国内業者をお探しの方はぜひ当ページの情報をご活用ください。

スキャルピングを公認しているFX会社・証券会社

FX会社 ドル円スプレッド 1度の発注上限 取引方式 特徴 公式サイト
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 変動制 2,500万通貨 NDD 雇用統計発表前後に約定率100%(※1) [サクソバンク証券>詳細]
[外為ファイネスト]外為ファイネスト 0.4〜0.7銭(※2) 1,000万通貨 NDD MT4対応
EA利用制限なし
[外為ファイネスト>詳細]
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 0.2銭(※3) 300万通貨(※4) NDD 注文方式が27種類
取引高キャンペーン豊富
[ヒロセ通商>詳細]
[セントラル短資FX]セントラル短資FX 0.2銭(※5) 300万通貨 DD マーケット情報が豊富 [セントラル短資FX>詳細]
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO 0.3銭(※6) 200万通貨 DD 約定率100%(※7) [FXプライムbyGMO>詳細]
[JFX]JFX 0.3銭(※8) 300万通貨 DD 約定速度最速0.001秒 [JFX>詳細]
[EZインベスト証券]EZインベスト証券 変動制 300万通貨 NDD MT4対応
CFD取引可能
[EZインベスト証券>詳細]
(※:ヒロセ通商、セントラル短資FX、FXプライムbyGMOのスプレッドは原則固定・例外あり)
(※1:2018年3月矢野経済研究所調べ、米ドル円とユーロ米ドルの注文結果)
(※2:外為ファイネストのスプレッドは変動制、上記スプレッドは2020年2月 外為ファイネスト調べ)
(※3:ヒロセ通商の上記スプレッド適用はAM9:00~翌AM2:00、0.2銭は2020年5月1日AM2:00までの期間限定キャンペーン)
(※4:ヒロセ通商の1度の最大注文可能数量は通貨ペアにより変動)
(※5:セントラル短資FXの上記スプレッド適用はAM8:00~翌AM5:00)
(※6:FXプライムbyGMOの上記ドル円スプレッドは1回あたり50万通貨の発注に適用、50万通貨超の発注では0.6銭原則固定・例外ありのスプレッドが適用)
(※7:2019年3月矢野経済研究所調べ)
(※8:JFXのスプレッドは原則固定・例外あり。2020年3月同社調べ)

スキャルピングOKのFX業者をニーズで選ぶ!

スプレッドの狭さで選ぶなら?

スキャルピング取引をするのであれば、やはりスプレッドは気になりますよね。まずは、スキャルピングを公認しているFX業者の中でもスプレッドの狭い会社を紹介します。FX業者には原則固定スプレッドを採用している会社と、変動制スプレッドを採用している会社があります。変動制スプレッドを採用しているFX業者ではサクソバンク証券外為ファイネスト、原則固定スプレッドを採用している業者としてはヒロセ通商セントラル短資FXの2社が、スキャルピングOKの業者としてオススメ。それぞれの特徴をご紹介します。

【サクソバンク証券】業界最狭水準の変動制スプレッド

サクソバンク証券

サクソバンク証券はスキャルピング取引を公認、歓迎している国内のFX業者。中上級者、専業トレーダー向けの高品質プラットフォームの提供や、最大2,500万通貨までの大口発注に対応、150種類以上の通貨ペアを取り扱っているなどさまざまなメリットを兼ね備えています。

サクソバンク証券のライブプライス画像スプレッドは変動制を採用しており、その数値は業界最狭水準。掲載している画像は公式サイトあるライブプライスのキャプチャ画像です(2020年3月2日14時頃撮影)。米ドル円やユーロ円だけでなく、南アフリカランド円やトルコリラ円といった高金利通貨ペアでも狭い水準のスプレッドを実現しています。

変動制で業界最狭水準スプレッド、かつプロ仕様の取引ツールを扱っているFX業者でスキャルピング取引をしたいという方は、サクソバンク証券がオススメです。

サクソバンク証券 公式サイト

【外為ファイネスト】最狭水準スプレッドのMT4業者

外為ファイネスト

外為ファイネストは「MT4・ZERO」というFXサービスをメインとして提供しているFX会社。公式サイトで「スキャルピングOK」と超短期の取引を公認しています。MT4・ZEROではその名のとおりMT4(メタトレーダー4)を取引ツールとして採用しているのもポイント。

スプレッドに関しては0.3銭原則固定などではなく、その時々でスプレッドが変わる「変動制」を採用しています。外為ファイネストではこの変動制を採用しているFX業者のなかでも、特に狭いスプレッドを実現しているのが魅力。実績でいえば米ドル円0.4~0.7銭、ユーロ円0.3~0.8銭、ユーロ米ドル0.3~0.5pipsとなっています(2020年2月 外為ファイネスト調べ)。MT4でスキャルピングをしたい方、変動制で業界最狭水準スプレッドを実現しているFX会社をお探しの方は、外為ファイネストを要チェック。

外為ファイネスト 公式サイト

【ヒロセ通商】スキャルOK&原則固定の最狭水準スプレッド

ヒロセ通商

ヒロセ通商はFX会社としては珍しく大阪に本社のある業者。ヒロセ通商もスキャルピング取引を公認しており、かつ超短期トレード向けの取引環境を実現しているのが魅力です。まず米ドル円0.2銭(※)、ユーロ米ドル0.4pipsをはじめとするスプレッドは原則固定(例外あり)で業界最狭水準。原則固定、業界最狭水準スプレッドでありながら、スキャルピングOKとしているFX会社は貴重ですのでお探しの方は要チェック。

FXサービスはお客様目線で常にバージョンアップを続けており、第三者機関の調査によって証明された約定率99.9%という実力にも注目(2018年12月4日~5日ストリーミング注文を対象とした矢野経済研究所の調査)。また、ヒロセ通商にはなんと27種類のも注文方法が用意されており、他社にはなくてスキャルピング取引に役立つものもあります。詳細は公式サイトでチェックしてみてくださいね。

(※:ヒロセ通商の米ドル円スプレッドは2020年5月1日AM2:00までの期間限定キャンペーン)

ヒロセ通商 公式サイト

【セントラル短資FX】米ドル円0.2など原則固定スプレッド

セントラル短資FX

セントラル短資FXも公式サイトで「スキャルピングOK」と公認しているFX会社。100余年の歴史を誇るセントラル短資グループの一員であり、こだわりの詰まった独自性ある取引ツールを提供しているなど実力派のFX業者です。最近になってスプレッドを積極的に狭めており、米ドル円0.2銭はもちろん、ユーロ米ドルは0.3pips、ポンド円0.9銭、高金利通貨ペアとして魅力のメキシコペソ円が0.3銭など業界最狭水準。すべて原則固定(例外あり)となっています。原則固定の業界最狭水準スプレッドを実現しており、かつ信頼感を持って取引できるFX会社をお探しの方にはセントラル短資FXがオススメです。

セントラル短資FX 公式サイト

NDD方式のFX会社でスキャルピングするなら?

NDDは(Non Dealing Desk)の略。国内ではFX業者が取引の間に入るDD(Dealing Desk)方式を採用している場合が多いですが、いくつかのFX会社はそうではなくNDD方式を採用しています。NDD方式ではFX会社が間に入ることはなく、カバー先のレートでそのまま取引を行うことになります。NDD方式を採用しているFX会社でも、スキャルピングにオススメなのは以下の会社。

【外為ファイネスト】NDD採用かつスプレッド最狭水準

スプレッドのところでも紹介した外為ファイネストはNDD方式を採用しています。NDDを採用しているからこそ、その時々で最適なレートを提示してスプレッドも狭い水準で提供可能。ちなみに、外為ファイネストは1度に1,000万通貨の発注もできますので、スキャルピング取引をされる方にも、大口取引をされる方にもオススメのFX会社です。

外為ファイネスト 公式サイト

【FOREX EXCHANGE】DMA方式を採用しているMT4業者

FOREX EXCHANGE

FOREX EXCHANGE(フォレックス・エクスチェンジ)もディーラーを置かないNDD方式を採用しているFX会社です。FOREX EXCHANGEはNDD業者の中でも、トレーダーの注文を市場へダイレクトに流す「DMA(Direct Market Access)方式」を採用しているFX会社。約定確認を行わないので透明性の高い取引をすることが可能です。FOREX EXCHANGEは「俺のMT4」というFXサービスを提供しており、取引ツールはMT4を採用しています。DMA方式、A-BOOK業者、MT4といったキーワードが気になった方は公式サイトもチェックしてみてくださいね。

FOREX EXCHANGE 公式サイト

【EZインベスト証券】約定拒否なし、高い約定スピード

EZインベスト証券

EZインベスト証券もNDD方式を採用しており、かつ取引ツールとしてMT4を採用しているFX会社です。約定拒否なしで高い約定スピードと約定力を実現。スキャルピング取引にもオススメですし、EAによる自動売買の利用にもうれしい取引環境があります。スプレッドは公式サイトでは公開しておらず、取引ツール内で確認というかたち。ちなみに、EZインベスト証券はFX銘柄だけではなく、日経225や米国ナスダックなど10種類のCFD銘柄を、MT4で取引できるのも魅力です。

EZインベスト証券 公式サイト

約定率の高さで選ぶなら?

スキャルピングをするなら約定率の高さも気になりますよね。以下に紹介するFX業者は第三者機関(矢野経済研究所)による調査によって高い約定率の結果を出した会社。約定率の高さでFX業者を選ぶなら要チェックです。

【サクソバンク証券】業界最狭水準の変動制スプレッド

サクソバンク証券

スプレッドの項目でも紹介したサクソバンク証券は約定率の高さも魅力。2018年3月に矢野経済研究所により、雇用統計発表前後のタイミングにおける約定率とスプレッドの調査が実施されました。対象となったのは米ドル円とユーロ米ドルの注文。この調査結果において、サクソバンク証券は約定率100%、米ドル円1.1銭、ユーロ米ドル1.2銭のスプレッドという結果を残しました。相場が急変する雇用統計発表時に100%の約定率を出し、さらにスプレッドも狭い水準を維持できたのはすごいですね。スプレッドの狭さと約定率で選ぶなら、サクソバンク証券は要チェック。

サクソバンク証券 公式サイト

【FXプライムbyGMO】約定率100%の実力(※)

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは初心者から経験者、プロのトレーダーからも支持されている国内の人気FX会社です。54種類ものテクニカル指標を備えているPCチャートツールや、高性能かつプッシュ通知などが便利なスマホアプリ、高水準スワップポイントなどFXプライムbyGMOはさまざまな魅力を兼ね備えています。

さらに注目していただきたいのが「約定率100%」という実績。これは2019年3月に実施された矢野経済研究所による調査で、FXプライムbyGMOはスリッページ発生率0%、約定率100%という結果を出しています。約定率に対する信頼感で選ぶならFXプライムbyGMOがオススメ。また、1回あたり50万通貨以下の発注に限られるのですが、同社では米ドル円0.3銭原則固定(例外あり)の業界最狭水準スプレッドで取引が可能です。

(※:2019年3月矢野経済研究所調べ)

FXプライムbyGMO 公式サイト

【ヒロセ通商】約定率99.9%の調査結果(※)

ヒロセ通商は矢野経済研究所による調査で約定率99.9%という結果を出しています。これは2018年12月4日~5日に実施された調査で、1,401回の発注が行われたうち1回だけ約定拒否が発生、1,400回は約定が成立したもの。また、スリッページはFXプライムbyGMOのように0%ではなく、合計52回のスリッページが発生したのですが、そのうち28回はトレーダーにとって有利に働いたものでした。業界最狭水準スプレッドやNDD方式など短期トレード向きのメリットを兼ね備えたヒロセ通商は要チェックですね。

(※:2018年12月4日~5日矢野経済研究所調べ)

ヒロセ通商 公式サイト

スキャルピングOKと公認しているFX会社を一覧にまとめ、特徴別にオススメの業者を紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。一口にスキャルピングOKといっても、業者ごとにさまざまな特徴と違ったメリットがあります。トレードスタイルや重視する部分と照らし合わせてみて、ご自身に合ったFX会社を見つけてくださいね。公式サイトでは各社の特徴をさらに詳しく見られますので、気になる業者があった方はぜひそちらも確認してみてください。

【番外編】他のFX会社のスキャルピングに関する規約

上記ではスキャルピングや短期売買が公認されているFX会社を紹介しましたが、その他のFX業者ではどのように短期売買が禁止されているか気になる方もいるかと思います。そこで、以下では各FX会社の取引規約・約款から短期売買に関係する項目をピックアップしました。

気になっていたFX業者で短期売買がどのように規約に書かれているか確認するのにご活用頂ければと思います。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

GMOクリック証券では取引約款にて「過度の回転売買等不適切な取引であると当社が判断した場合、直ちにお客様の本取引の新規取引及び本サービスを禁止することができる」と記載しています。

どのぐらいの頻度が「過度に」あたるのかは明記されていませんが、明確にスキャルピングが禁止されているとも書かれていません。GMOクリック証券でスキャルピングや超短期取引を行う際はご自身の判断でお願い致します。

→詳しくはGMOクリック証券公式サイトへGMOクリック証券

外為どっとコム

外為どっとコム

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

外為どっとコムの取引約款には解約の項目で「本システムに何らかの負荷等を与え、本システムの正常運用に支障をきたしたとき、またはそのおそれがあると当社が認めたとき」との記載があります。

この条件に該当した場合、外為どっとコムは外貨ネクストネオ口座を直ちに解約することが可能です。外為どっとコムではスキャルピング、超短期売買に関して上記のように記載されているのでご留意ください。

→詳しくは外為どっとコム公式サイトへ外為どっとコム

DMM FX

DMM.com証券(DMM FX)

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

DMM FXでは取引約款の7条(禁止事項)にて「短時間での注文を繰り返し行う行為」との記載があります。どの程度が短時間にあたるのかは明記されていませんが、7条1項にて「お客様の行為が当該禁止行為に該当するかどうかの判断は当社が行い、お客様は当社の判断に従うこととします」と記載されています。

どの程度の頻度が禁止されるかは明確に決まっていないため、DMM FXでスキャルピングされる際は自己責任となる点に注意しましょう。

→詳しくはDMM FX公式サイトへDMM FX

SBI FXトレード

SBI FXトレード

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

SBI FXトレードの取引約款には「短時間に、頻繁に行われる注文及び取引であって、他のお客様又は当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼすと認められる注文」との記載があります。

SBI FXトレードでも外為どっとコムと同じようにシステムやサーバーに過剰な負荷を与えるような注文が検知された場合、一時的に取引条件の変更または制限がかかるケースもあります。自分だけでなく他のトレーダーの迷惑になることもあるので、行う際は節度を持った行動が大切ですね。

→詳しくはSBI FXトレード公式サイトへSBI FXトレード

みんなのFX

みんなのFX

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

みんなのFXでは取引要綱22条(禁止行為)に「短時間での注文を繰り返し行う等、当社の価格形成を歪曲化し、他のお客様の不利益に繋がる行為」と記載されています。

みんなのFXを運営しているのはトレイダーズ証券という会社で、同社は「LIGHT FX」というFXサービスも提供しています。LIGHT FXでも同様に過度なスキャルピングは上記の条件に該当する可能性があるので注意しましょう。

→詳しくはみんなのFX公式サイトへみんなのFX

YJFX!

YJFX!

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

YJFX!の取引約款第21条(強制決済)では2項7号に「短時間のうちに、または高頻度で取引を行い、それにより当社が行うリスクの減少を目的としたカバー取引に影響を与えると当社が認めた場合」との記載があります。

当該条項に当てはまる場合、YJFX!は保有ポジションに対して決済の請求をすることが可能です。もし期限内に決済が行われない場合、YJFX!は事前連絡や承諾無しに当該ポジションの反対売買を行い決済することができます。

いきなり口座解約がされるわけではありませんが、YJFX!でもカバー取引に影響が出るようなスキャルピングは公認されていません。

→詳しくはYJFX!公式サイトへYJFX!

楽天証券

楽天FX

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

楽天証券では、楽天FX取引規定の第21条(契約の解除)にて「取引の方法の如何にかかわらず、当社が短時間における連続した取引、インターバンク市場の混乱を招く取引、当社のカバー取引に影響を及ぼす取引」との記載があります。

この条件に当たる場合、楽天証券は楽天FXに係る全ての契約を解除することが可能です。取引方法は問われていないため、ツールを使った自動売買はもちろん手動の場合でも過度な取引は該当する可能性があるのでご注意ください。

→詳しくは楽天証券公式サイトへ楽天証券

ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXTF)

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

ゴールデンウェイ(旧FXTF)では、インターネット取引規則の第14条(本システムの利用の制限又は停止)の3項にて「数秒間隔で注文を繰り返し発注する行為を行った場合」と記載されています。

数秒間隔と明記されているので、ごく短時間で何度も発注を繰り返すような注文は該当する可能性があります。条件に当たる場合、事前の通知なくゴールデンウェイのシステムの全部または一部に制限がかかるのでご留意を。

→詳しくはゴールデンウェイ・ジャパン公式サイトへゴールデンウェイ・ジャパン

IG証券

IG証券

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

IG証券では証拠金取引約款9-電磁的取引サービス(ソフトウェア)に「自動化ソフトウェア、アルゴリズム又は取引戦略を使用しないものとする」との記載があります。

条件として「IG証券の書面での事前承諾を得ること無く」と書かれているので、利用したい自動売買ツールやソフトウェアがある方はIG証券に相談してみてはいかがでしょうか。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券

OANDA(オアンダ)

OANDA Japan

スキャルピングOKと公認しているオススメの国内FX業者は?

OANDA(オアンダ)では店頭デリバティブ取引に関わるご注意の第30条(解約)15項にて「短時間における連続した取引、インターバンク市場での混乱を招く取引、当社のカバー取引に影響を及ぼす取引」との記載があります。

この条件に該当した場合、オアンダはお客様との間の全ての本取引を解除し、本取引口座を解約できるものとすると定められています。また、プログラム、ソフトウェア等の使用により当社のシステムの意図から外れた方法で本サービスを利用した場合又は利用しようとする場合とも記載があるので、自動売買ツールを使う際は十分ご注意ください。

→詳しくはOANDA公式サイトへOANDA

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です