NDD方式の国内FX業者特集!DD方式との違いやDMA・ECN方式も徹底解説!

この記事には広告・プロモーションが含まれています

NDD方式の国内FX業者特集!DD方式との違いやDMA・ECN方式も徹底解説!

NDD方式はFX会社の為替ディーラーを介さないレートの透明性が確保された通信方式です。FX業者はあくまでもトレーダーとカバー先となる金融機関を仲介するだけなので、安心してトレードすることが可能。

この記事では、そんなNDD方式を採用した国内のFX業者を徹底特集。同じNDD方式を採用した国内FX業者の中でもDMA方式やSTP方式、ECN方式など違いがあります。

各社毎の違いも含めて、詳しく解説していくのでNDD方式の国内FX業者選びにご活用ください。

NDD方式を採用した国内のFX業者一覧表

FX会社通貨ペア米ドル円スプレッド特徴公式
[Thinkmarkets]ThinkMarkets77種類0銭日本初!スプレッド0銭のサブスクFX
フルカバーのNDD方式
1日あたりの取引数量上限なし
[ThinkMarkets>詳細]
[ヒロセ通商]ヒロセ通商54種類0.2(※)国内業者で貴重なNDD業者
27種類の注文方法に対応
多彩なキャンペーンが毎月開催
[ヒロセ通商>詳細]
[フォレックス・エクスチェンジ]FOREX EXCHANGE25種類変動制DMA方式を採用し約定確認なし
多数のEAが外付け手数料で使える
[フォレックス・エクスチェンジ>詳細]
[アヴァトレード・ジャパン]アヴァトレード・ジャパン55種類0.4銭ECN方式を採用したレートの透明性
MT5対応のNDD業者
指標時でも広がりにくいスプレッド
[アヴァトレード・ジャパン>詳細]
[インヴァスト証券]インヴァスト証券20種類変動制自動売買が魅力的なNDD業者
シストレストラテジ数世界No.1
[インヴァスト証券>詳細]

※:スプレッドは2024年6月3日時点のスプレッドを記載。
※:ヒロセ通商はAM10:00~翌AM4:00の数値を掲載。AM4:00~AM10:00は3.9銭となります。
※:インヴァスト証券の上記スプレッドは原則固定・例外あり。
※:ThinkMarketsはダイヤモンドプランのスペックを掲載。スプレッドは例外あり。スプレッド0の提供時間は標準時間ではAM9:00~翌AM2:00、夏時間期間中ではAM8:00~翌AM1:00の時間帯
※:アヴァトレード・ジャパンのスプレッドはプロフェッショナルコースの数値を掲載。AM10:00〜翌AM3:00までの時間帯に適用。原則固定、例外あり

NDD方式はレートの透明性が担保されている

NDD方式はレートの透明性が担保されている

NDD方式とはNo dealing desk(ノーディーリングデスク)の略称で、為替ディーラーを設置していないFX業者のことをいいます。NDD方式のFX業者は基本的に、顧客の注文をカバー先となる銀行やLP(リクイディティ・プロバイダー)に直接流します。

ディーリングデスクを設置していないため、システムで顧客の注文を最適なレートを提示しているカバー先とつなげてくれます。レートの透明性、信憑性が担保されているのがNDD方式の最大のメリットです。

NDD方式を採用したFX業者がどこで利益を得ているかというと、スプレッドや取引手数料です。したがって、NDD方式を採用したFX業者はトレーダーに「少しでも大きなポジションでたくさん取引して欲しい」と思っています。

トレーダーが継続的に自社システムを使って取引し、勝ってくれることでスプレッドや取引手数料が入ってくるからです。NDDのFX業者とトレーダーはどちらも「勝ちたい・勝ってほしい」という意味で、同じ方向を向いています。

NDD方式とDD方式の違いは?

NDD方式とDD方式の違いは?

一方、DD方式を採用した国内FX業者はディーリングデスクを設置しています。トレーダーの注文をカバー先に流すかどうかはそのFX業者に所属する為替ディーラーが判断する方式です。

NDD方式とDD方式を採用したFX業者の最も大きな違いは「取引コスト」です。NDD方式を採用したFX業者はDD方式のFX業者よりも比較的広いスプレッドと取引手数料がかかります。

この点、DD方式を採用したFX業者はかなり狭いスプレッド(ドル円0.1銭など)とほとんどの業者が取引手数料を無料にしています。もっとも、レートの信憑性が担保されているのはNDD方式です。

NDD方式とDD方式、どちらのFX業者がいいのかはトレードスタイルや個人の考え方によって変わるので、自分にとって一番使いやすいFX業者を選んで頂くのが最善です。

NDD方式にもSTP、DMA、ECNなど違いがある

NDD方式にもSTP、DMA、ECNなど違いがある

NDD方式にも、細かい執行方式の違いでいくつかの種類に分かれます。まず、STP方式とは「Straight Through Processing」の略で、名前の通りトレーダーとカバー先金融機関やリクイディティ・プロバイダーを直接繋ぐシステムのことをいいます。

STP方式を採用しているFX業者は自社のFXシステムを稼働させて、トレーダーの注文を自動的に流しているため、FX業者がトレーダーの注文に対して何か手を加えたりすることはありません。

そして、STP方式のうち約定確認(ラストルック)を行わないFX業者を「DMA(Direct Market Aceess)方式」を採用した業者といいます。少しややこしいですが、STP方式を採用した業者でも約定確認を行わない業者と行う業者があります。

約定確認(ラストルック)って?
約定確認(ラストルック)って?

約定確認とは、トレーダーの注文を受けたFX業者がカバー先に注文を流し、注文を受けたカバー先がさらなるカバー先として金融機関やリクイディティ・プロバイダーに注文を流すことです。

約定するまでの行程が1つ増えるため、時間にして0.2秒から0.5秒ほど遅くなります。NDDでSTP方式を採用し、かつDMAを採用している業者は約定確認を行わない業者です。

最後に、ECNとは「Electronic Communications Network」の略で、ネット上で金融商品が電子取引できる私設取引システムのことをいいます。「Currenex」「Hotspot」「LMAX」などが海外では有名なECNですが、日本であれば「くりっく365」がこのECNにあたります。

ECN方式では、参加している金融機関やリクイディティ・プロバイダー(LP)同士で株式の板取引と同じ要領で取引が行われます。自分が買い注文と他の売り注文をぶつけることで取引が成立します。ECN方式を採用したFX業者であれば、個人でも金融機関やLPと同じ土俵で直接、トレードが可能です。

NDD方式のFX業者を詳しくご紹介!

ここまで、NDD方式に関して解説してきましたが、次はNDD方式を採用した国内のFX業者をご紹介。各社ともに魅力的なサービスを展開しているのでぜひチェックしてみてください。

ThinkMarkets(シンクマーケッツ)

ThinkMarkets

  • 全く新しいサブスクリプション型のFX
  • 月額制で米ドル/円のスプレッド0銭
  • 上位プランは月間取引数量が無制限
通貨ペア手数料デモ初回入金額
77種類各種無料設定なし
スプレッド(ドル円)最大取引数量最小取引単位月間取引数量
0銭50万通貨1,000通貨無制限

※ダイヤモンドプランのスペックを掲載。スプレッドは例外あり。スプレッド0の提供時間は標準時間ではAM9:00~翌AM2:00、夏時間期間中ではAM8:00~翌AM1:00の時間帯

NDD方式を採用した注目のFXサービスが「ThinkMarkets(シンクマーケッツ)」のサブスクFXです。

国内のFX業界では取引手数料が無料の代わりにスプレッドが発生しますが、ThinkMarketsでは月額固定料金で米ドル/円とユーロ/米ドルのスプレッドが0銭という革新的なサービスを提供しています。

スプレッドは少額取引のうちは気にならないコストですが、10万通貨や100万通貨でトレードされる方には大きな負担です。ThinkMarketsであれば、スプレッドコストをかなり抑えることが可能。

ThinkMarkets

しかも、月額料金がかなり安いです。最安のルビープランでは月額1,500円、上位のサファイア・ダイヤモンドでも最大月額5,000円と安すぎる料金設定です。

ThinkMarketsを利用するならサファイアかダイヤモンドがおすすめ。月間の取引数量が無制限となるため、大口でスキャルピングをする際にも上限を気にすることなくトレードができます。

ThinkMarketsの各プランスペックと月額料金

項目ルビーコースサファイアコースダイヤモンドコース
月額料金税込1,500円税込3,000円税込5,000円
スプレッド0
対象通貨ペア(※)
米ドル円
ユーロ米ドル
米ドル円
ユーロ米ドル
米ドル円
ユーロ米ドル
NDD対象通貨ペア(※)なし23通貨ペア75通貨ペア
取引単位1,000通貨単位1,000通貨単位1,000通貨単位
1度の発注上限10万通貨25万通貨50万通貨
月ごとの新規注文上限1,000万通貨取引上限なし取引上限なし
建玉上限3,000万通貨3,000万通貨1,000万通貨〜
5,000万通貨
(※銘柄により変動)
取引ツールThinkTraderThinkTraderThinkTrader

(※:スプレッド0銭は原則固定・例外あり。標準時間AM9:00~翌AM22:00(夏時間AM8:00~翌AM1:00)の時間帯に適用、1注文あたり10万通貨までの発注に適用)
(※:NDD方式は1注文あたり10万通貨までの発注に適用)

月間の取引数量が無制限、1ショット50万通貨、月額5,000円で米ドル/円とユーロ/米ドルのスプレッドが0銭は非常に魅力的。

しっかりトレードされる方なら月に数万から数十万のスプレッドコストを支払っていると思います。この節約分はそのまま最終的な損益に直結するのでスキャルパーにはかなりおすすめです。

→詳しくはThinkMarkets(サブスクFX)公式サイトへThinkMarkets(サブスクFX)

ThinkMarkets

レート配信はインターバンクに準じたフルカバーのNDD方式を採用。トレーダーの注文はすべて自動的にカバー先に流すため、レート配信に人為的な操作はありません。

金融庁にも登録した国内FX業者なので顧客資金の信託保全と分別管理も徹底されています。最大レバレッジは25倍です。

ThinkMarkets

取引ツールは高機能な「ThinkTrader(シンクトレーダー)」というオリジナルツールを提供しています。PC向けWebブラウザ版とスマホアプリ版の2種類を配信。

どちらも本格的な相場分析に対応しており、Webブラウザ版は120種類、スマホアプリ版は90種類のテクニカル指標を標準搭載しています。

他の国内FX業者とは一線を画すサービスを提供しているのがThinkMarketsです。中上級者向けのFX業者ですが、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ThinkMarkets 公式サイト

取引シミュレーションツール「Traders Gym」登場!

サブスクFXのサービスが進化!

バックテスト対応のツールを探している方に朗報です。ThinkMarketsのサファイアコース・ダイヤモンドコースにて、取引シミュレーションツール「Traders Gym(トレーダーズジム)」の利用が可能となりました。

Traders GymはThinkTrader内でバックテストが行える機能で、多くのユーザーからの要望を受けて新規追加されたもの。

取引ツールにログインした後に、右上の口座番号をクリックして「Traders Gymモードに切り替え」から利用できます。

サブスクFXのサービスが進化!

上記画像はTraders Gymの設定画面。以下のような機能が用意されています。

・最大50個のシミュレーションを作成可能
・通貨ペア、時間軸、期間を指定可能
・テクニカル分析ツールを利用可能
・新規注文と決済の実行で、推定損益を確認可能
・チャート更新の一時停止、巻き戻し、更新速度の調整機能

バックテスト機能を搭載した高性能ツールをお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ヒロセ通商

ヒロセ通商

  • 日本の国内FX会社で貴重なNDD業者!
  • 豊富な通貨ペアと洗練された取引ツール!
  • 多種多様なキャンペーンが魅力的!

通貨ペア手数料デモ初回入金額
54種類各種無料1万円以上
スプレッド(ドル円)最大取引数量最小取引単位MT4対応
0.2銭50~1000万通貨1000通貨×

※:ヒロセ通商はAM10:00~翌AM4:00の数値を記載。AM4:00~AM10:00は3.9銭となります。

国内のFX業者の中ではかなり珍しいNDD方式を採用したFX業者がヒロセ通商です。ヒロセ通商はバンクオブアメリカやBNPパリバなど世界各国22行もの銀行からレート配信を受けているFX業者。

カバー先の中からトレーダーに最も有利なレートを配信した銀行を採用、カバー先が非常に豊富なので流動性が高くNDD方式によってレートの透明性も担保されています。

ヒロセ通商

また、ヒロセ通商といえば、毎月バージョンアップされる取引ツールが魅力的。多機能かつシンプルで快適な操作性を両立したPCツールの「C2」や外出先でも本格的なチャート分析ができるスマホアプリなど独自のツール開発にかなり力を入れています。

下記の画像はヒロセ通商のPCツール「C2」の取引画面です。洗練されたクリアなデザインでチャート画面や通貨ペアも非常に見やすいですね。特に、C2はカスタマイズ性が高くレイアウトはもちろん各種細かい設定を自分好みに配置したり表示/非表示にできます。

ヒロセ通商

電話サポートやお問合せから意見をくみ上げるのはもちろん、ヒロセ通商で成績が振るわなかったトレーダーを集めて「大反省会」という名のイベントを開催。イベントではヒロセ通商の社員が直接、トレーダーから意見を聞き、開発に反映しています。

「お客様の声をカタチに」というモットーを実際に行動に移しているのがヒロセ通商の大きな魅力。その結果、多くのユーザーから支持を集め業績は右肩上がりで上昇しています。2022年オリコン顧客満足度調査では7年連続FX専門業者No.1を獲得。

ツールだけでなく27種類の注文方法に対応したり、各種セミナーや人気の食品キャンペーンなど注目ポイントがたくさんつまっています。「国内のFX業者でNDD方式のFX業者」を探している方はヒロセ通商が要チェック。

ヒロセ通商 公式サイト

ヒロセ通商は株価指数CFDにも対応!
ヒロセ通商は株価指数CFDにも対応!

ヒロセ通商はこれまでFX専業としてサービスを提供してきましたが、現在では株価指数CFDも取り扱いをしています。

日経225やNYダウ、ナスダック100など厳選された株価指数のCFD取引(差金決済取引)が可能です。長年、FXで培われたサービスと細かいところまで気配りされた取引ツールで快適な取引環境が提供されています。

別記事でも詳しく解説しているので気になる方はぜひご一読ください!

FOREX EXCHANGE(フォレックスエクスチェンジ)

FOREX EXCHANGE

  • DMA方式を採用したNDD業者!
  • 最大発注数量1000万通貨対応!
  • MT4の自動売買サービス(EA)が魅力的!

通貨ペア取引手数料デモ初回入金額
25種類各種無料10万円以上
スプレッド(ドル円)最大取引数量最小取引単位MT4対応
変動制1000万通貨1000通貨

※自動売買サービス(俺のEA)には別途、EA利用手数料がかかります。

FOREX EXCHANGE(フォレックスエクスチェンジ)はNDD方式の中でもDMA方式を採用した国内のFX業者です。フォレックスエクスチェンジのカバー先はFX-EDG社で、約定確認を行わないためカバー先が直接取引できるレートを表示してくれています。

つまり、フォレックスエクスチェンジ上で見えているレートはカバー先のFX-EDG社が出しているレートと同じです。そのため、注文から約定までのレートの透明性が担保されています。

もっとも、実際のトレードでは通信速度やサーバー処理、ボラティリティの変動などによって発注価格と約定価格がズレる場合もあるので、その点はご留意を。

FOREX EXCHANGE

フォレックスエクスチェンジの取引ツールも鉄板のMT4(メタトレーダー4)。さらに、フォレックスエクスチェンジでは自動売買にも力を入れており「俺のEA」という名称でMT4のEAを格安で利用することが可能。

高いお金を払ってEAを購入しなくても、外付けの手数料でお試しすることができます。気に入れば購入することも可能なので、EAや自動売買が気になっている方は1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

FOREX EXCHANGE 公式サイト

アヴァトレード・ジャパン

アヴァトレード・ジャパン

  • ECN方式を採用したNDD方式!
  • MT5対応の数少ないFX業者!
  • 主要通貨で狭いスプレッド!

通貨ペア手数料デモ初回入金額
55種類各種無料5万円以上
スプレッド(ドル円)最小取引単位追証MT4対応
0.4銭1000通貨無し

※デモ・初回入金額・追加証拠金制度はMT4を記載。
※スプレッドはプロフェッショナルコースの数値を掲載。AM10:00〜翌AM3:00までの時間帯に適用。原則固定、例外あり

アヴァトレード・ジャパンはMT4(メタトレーダー4)対応のFX会社で「DUPLI TRADE(デュプリトレード)」や「AMMA」というシステムトレードのサービスを提供しています。MT4の自動売買が主なサービスでしたが、国内FX会社の中で一番初めにMT5(メタトレーダー5)に対応。

数あるFX会社の中でもMT5が使える数少ないFX業者となっています。これまで自動売買やシストレに力を入れてきたアヴァトレードですが、MT5は主に裁量トレーダー向けのサービスとしてリリース。

下記の画像がアヴァトレード・ジャパンのMT5の取引画面です。見た目はほぼMT4と同じですが、機能面において大きく向上しています。38種類のテクニカル指標を内蔵、特に描画ツールがかなり豊富に搭載されています。

アヴァトレード・ジャパン

エリオット系やフィボナッチ系、ガンツール、オブジェクト描画も合わせれば46種類の描画ツールを搭載。MT4の欠点だったタイムライン(時間足)の数も21種類に増えているので、より幅広いタイムフレームでチャート分析ができます。

また、主要10ヵ国以上のマクロ経済指標がリアルタイムで更新されるイベントカレンダーやMT4よりも詳しい各通貨ペアの統計データ、現在の取引高分析も閲覧可能。より機能性が拡張した最新のMT5を狭いスプレッドで使えるのはアヴァトレード・ジャパンの大きな魅力ですね。

そして、もちろんですがアヴァトレード・ジャパンもNDD方式を採用したFX業者です。プライムブローカーとECNを介した透明性の高いレートを配信しています。また、レベルに応じて3つの取引コースが用意されており、初心者から上級者まで幅広い層に利用しやすい環境が整っています。

裁量トレーダー向けにカスタマイズされたアヴァトレード・ジャパンのMT5は必見です。

アヴァトレード・ジャパン 公式サイト

インヴァスト証券

インヴァスト証券

  • 取引数量で約定方式が変わる!
  • 自動売買セレクトで簡単シストレ!
  • 裁量取引と自動売買の両方に対応!

通貨ペア手数料デモ初回入金額
20種類各種無料制限無し
スプレッド(ドル円)最大取引数量最小取引単位MT4対応
変動制1000万通貨1000通貨×

※スプレッドは原則固定、例外あり。
※売買手数料は、マニュアル注文の場合は無料。自動売買注文はマークアップ手数料が適用。※最大発注数量は主要通貨ペア(ドル円・ユーロ円・ポンド円・豪ドル円・ユーロドル・ポンドドル・豪ドルドル)を記載。その他の通貨ペアは100万通貨までです。

インヴァスト証券は「トライオートFX」などの自動売買が売りの国内FX業者。最初から組み上がっているロジックを選ぶだけで簡単に自動売買ができるのが魅力です。そんなインヴァスト証券ではDD方式とNDD方式の両方を採用したシステムを提供しています。

インヴァスト証券の約定は「100万通貨まではDD方式、100万通貨を越える場合はNDD方式」というシステムです。NDD方式はそのシステム上、スプレッドがDD業者に比べて広くなりがちです。この点、インヴァスト証券では、100万通貨まではDD方式を採用することでDD業者並の狭いスプレッドを実現。

100万通貨以上の大口注文には、注文をカバー先に流し、カバー先で約定した価格に0.2pipsを上乗せした価格が約定価格となります。このシステムを採用することで、「米ドル円0.3銭」「ユーロ円0.5銭」「豪ドル円:0.6銭」(※)というDD業者並のスプレッドを配信しています。

インヴァスト証券

これは「トライオートFX」で裁量取引をした場合の話ですが、トライオートFXでは面倒な設定は不要で自動売買が始められる「自動売買セレクト」や自分だけのストラテジが組める「ビルダー」機能にも要注目。裁量取引と自動売買の両方が行えるのがインヴァスト証券の大きな魅力です。

※スプレッドはすべて原則固定(例外あり)。震災などの天変地異や事変等による突発的な相場急変時や、重要な経済指標の発表前後(毎月初に発表される米雇用統計等)、主要株式市場のオープン時、NYクローズ前後の流動性低下時等、インターバンク市場での動向によって上記のスプレッドを提供できない場合有り。

インヴァスト証券 公式サイト

外為ファイネスト

外為ファイネスト

  • フルカバーのNDD方式対応!
  • EA利用制限・指値制限無し!
  • スキャルピング公認のNDD業者!

通貨ペア手数料デモ初回入金額
29種類各種無料制限無し
スプレッド(ドル円)最大取引数量最小取引単位MT4対応
変動制1000万通貨1000通貨

外為ファイネストは香港でFXサービスを提供しているHantecグループの日本法人です。フルカバーのNDD方式を採用しており、ディーリングデスクを持たない業者です。

外為ファイネストの「MT4 ZERO」コースでは、世界中で人気のチャートツール「MT4(メタトレーダー4)」がSTP方式の環境で利用できます。さらに、取引手数料は無料、スキャルピングOK、EA利用制限無し、指値制限無しという高スペック。

1回あたりの最大取引数量は1,000万通貨と大口取引にも対応。最適取引単位は1,000通貨から取引できるので、MT4初心者でも安心です。

外為ファイネスト

さらに、取引ツールは新たにMT5にも対応しています。メタクォーツ社の最新ツールで本格的な取引環境が構築できます。

「大口取引で透明性の高いトレードがしたい」「インターバンク市場で直接取引したい」という方には外為ファイネストが最適です。

外為ファイネスト 公式サイト

MT5の最大発注数量が1,000万通貨に拡張!

MT5が使えるFX業者を徹底比較

大口取引を希望される方に朗報です。外為ファイネストのMT5はこれまで、最大発注数量が300万通貨だったのですが、1度の発注上限が「最大1,000万通貨」まで拡張されました。

これにより、外為ファイネストではMT4/MT5の両サービスにて最大1,000万通貨の大口発注が可能に!

MT5対応かつスキャルピングOKかつ、最大1,000万通貨の大口発注ができる国内業者をお探しであれば、外為ファイネストをぜひご検討ください。

サクソバンク証券

サクソバンク証券

  • プロトレーダー向けの流動性と約定力!
  • 150種類以上の通貨ペアとCFD銘柄!
  • TradingViewと口座連携が可能!

※サクソバンク証券のMT4口座(NDD対応)はサービスを終了しました。NDD方式は利用できないのでご注意ください。


通貨ペア手数料デモ初回入金額
150種類各種無料10万円以上
スプレッド(ドル円)最大取引数量最小取引単位MT4対応
変動制2500万通貨1000通貨

※通貨ペア・最小取引単位・最大取引数量はスタンダードコースを記載。

NDD業者の中でも本格的なプロトレーダー向けのサービスを提供しているのがサクソバンク証券です。サクソバンク証券はデンマークに本社がある投資銀行で、サクソバンク証券はその日本法人になります。サクソバンク証券の特徴は「業界最多水準の通貨ペア」と「プロトレーダー向けの強力な約定力」です。

対応している通貨ペアはなんと150種類以上。クロス円やドルストレートなど主要通貨ペアはもちろん、トルコリラや南アフリカランドなどの高金利通貨、マイナー通貨にエキゾチック通貨ペアまで非常に幅広い通貨ペアを取り扱い。まさに世界水準のサービスを提供しています。

サクソバンク証券

また、サクソバンク証券はスワップポイントも魅力的。150種類以上の通貨ペアの中から、有利なスワップポイントがつく通貨ペアを選択できるためスワップ戦略の幅が大きく広がります。多通貨ペアを監視する方やスワップポイント狙いの方は注目。

そして、気になるのが約定システムですよね。もちろん、サクソバンク証券もディーリングデスクを置かないNDD方式を採用したFX会社です。世界中に安定した流動性が提供できる強力なシステムとサーバーを構築しているため、スリッページやリジェクト(約定拒否)がほとんど発生しないのが特徴。

サクソバンク証券

スプレッドは変動制を採用しており、流動性が高まるロンドン時間において業界最狭水準のスプレッドを配信。NDD業者ながらもDD業者に引けを取らない魅力的なスプレッドです。

その他にも、スキャルピングが公認されていたり、1回当りの最大注文数量が2500万通貨まで対応していたりと、非常に高スペックなサービスを提供しています。取引ツールはマルチデバイス対応の「Saxo TraderGO」とインストール版の「Saxo Trader」の2種類です。

「プロトレーダー向けのサービスを受けたい」「高スペックなNDD業者がいい」という方はサクソバンク証券が要チェック。

サクソバンク証券 公式サイト

サクソバンク証券はTradingViewとの口座連携に対応!

サクソバンク証券はTradingViewとの口座連携に対応!

サクソバンク証券は外部ツールとして今、全世界でユーザーを爆発的に増やしているTradingView(トレーディングビュー)との口座連携が可能です。

FX口座、外国株式口座、CFD口座の連携に対応しており、口座を接続するとTradingView上から直接発注をかけることができます。

別記事でもサクソバンク証券を含めたTradingView対応の国内FX/CFD業者を解説しているので、トレーディングビューをお使いの方はぜひチェックしてみてください!

MT4対応の国内NDD業者の一覧表

「NDD方式でMT4を使いたい」というトレーダーの方も多いですよね。そこで、以下では国内のNDD業者をまとめてみました。MT4自体はどの業者でも同じですが、スプレッドやサービスのスペックは違います。各業者の特徴もまとめているので、「国内のNDD業者でMT4を使いたい」という方は参考にしてみてくださいね。

FX業者特徴公式サイト
[フォレックス・エクスチェンジ]FOREX EXCHANGE・約定確認を行わないDMA方式のNDD
・1取引当りの最大発注数量1000万通貨に対応
・「俺のEA」で有料EAを格安手数料で利用可能
[フォレックス・エクスチェンジ>詳細]

記事まとめ&よくある質問

記事まとめ&よくある質問

NDD方式って何?

NDD方式とは「No dealing desk」の略で、ディーラーを設置せずトレーダーの注文を直接カバー先へと流す約定方式のことをいいます。NDD方式ではカバー先が提示したレートに対してトレーダーに最も有利なレートを自動的に提示します。NDD方式のFX業者はカバー先とトレーダーを仲介するだけでディーリングは行わないため、レートの信ぴょう性、透明性が確保された約定方式になります。

NDD方式とDD方式の違いは?

NDD方式のFX業者ではディーリングデスクを設置していないため、トレーダーの注文は自動的にカバー先へと流されます。一方、DD方式を採用している業者ではディーリングデスクを設置しており、トレーダーの注文をカバー先へと流すかどうかはディーラーが判断します。

NDD方式はレートの透明性が担保された約定方式ですが、DD業者と比べるとスプレッドが広くなる傾向にあります。一方、国内のDD業者は世界的にみても非常に狭いスプレッドを配信しており、取引コストを抑えることができます。

STP方式、ECN方式、DMA方式の違いは?

NDD方式のうちSTP方式とは「Straight Through Processing」の略でトレーダーの注文を直接カバー先やLP(リクイディティプロバイダー)に流します。STP方式のうち約定確認を行わない業者をDMA(Direct Market Aceess)方式といいます。

ECN方式とは「Electronic Communications Network」の略で、複数の金融機関やLPが参加している私設取引システムのことをいいます。

国内でNDD方式に対応したFX業者は?

国内でNDD方式を採用している業者はヒロセ通商、アヴァトレード・ジャパン、FOREX EXCHANGE、インヴァスト証券などです。FX業者ごとに採用している約定方式が異なるのでご注意ください。

信用できるレートで安心して取引に臨む

今回はNDD方式を採用した国内のFX業者について特集しました。上記で紹介した国内FX業者はすべてディーリングデスクを設置しておらず、透明性の高い公平なトレードができる環境を整えてくれているFX業者です。

取引手数料やスプレッドの面から見ればDD業者に軍配があがりますが、NDD方式の国内業者は取引コストには代えられないレートの信憑性があります。「安心して取引したい」「公平なトレードがしたい」という方は今回紹介した国内FX業者を覗いてみてください。きっとお気に入りのFX業者が見つかるはずです。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です