【TradingView講座】使い方、便利機能、対応FX/CFD業者まで分かりやすく解説!

tradingview講座

TradingView(トレーディングビュー)はFX、暗号資産、株価指数、商品など全世界の金融商品のチャートが表示できる総合金融プラットフォームです。

100種類を超える分析機能を搭載しており、チャート上に経済指標を表示させたりチャートを反転させたりといったさまざまな機能も備えています。

ここではチャート分析に役立つTradingViewの機能を特集記事にて手とり足とり解説しています。すでに使っている方も、これから使ってみようかとお考えの方も、ぜひチェックしてみてくださいね!

→詳しくはTradingView公式サイトへTradingView

TradingViewイメージ画像

TradingViewの基本スペック

チャート分析をサポートする機能

TradingViewを取引ツールに内蔵している国内FX業者

FX会社特徴公式サイト
[みんなのFX]みんなのFX有料プラン(月額約8,000円相当)の機能が無料で使える!
スマホアプリにもTradingView内蔵
[みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FXFX初心者でも使いやすいPCツールとスマホアプリ
業界最高水準のスワップポイントが魅力
[LIGHT FX>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパンスプレッドの狭さに徹底的にこだわり業界最狭水準を配信
TradingView内蔵ツール「FXTF GX」を配信
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[オアンダ ジャパン]OANDA Japanすべてのトレーダーに公平・公正なレート配信が理念
約定拒否なし・抜群の約定力で快適な取引環境を実現
[オアンダ ジャパン>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com世界180カ国に展開するグローバルプロバイダー
TradingViewをツールに内蔵、MT4にも対応
[FOREX.com>詳細]

※みんなのFX、LIGHT FXに搭載のTradingViewには一部、搭載されていない機能があります。

みんなのFX

みんなのFX

みんなのFXではTradingViewを内蔵した取引ツールが利用できます。みんなのFXといえば、狭いスプレッドと充実のサービスで人気の国内FX業者。

1,000通貨の少額取引にも対応しておりFX初心者から上級者まで安心して取引できるのが大きな魅力です。みんなのFXではPC版ツール「FX Trader」にTradingViewが搭載されています。

みんなのFX

みんなのFXではボタンを切り替えるだけでTradingViewのチャートに切り替えることが可能。最大6チャートが表示できる画面分割やティックチャート、テクニカル指標の同時表示(25個以上)に対応しています。

これらの機能はTradingViewの有料プラン(PREMIUMプラン:月額約8,000円相当)でしか使えない機能です。みんなのFXで口座開設をするだけ(口座開設費、利用料は無料)で誰でも利用できます

さらに、スマホアプリにもTradingViewのチャートが搭載されており、PC・スマホの両方でTradingViewが利用できます。「TradingViewの有料プランを使ってみたい」という方はみんなのFXがおすすめです!

みんなのFX 公式サイト

LIGHT FX

みんなのFX

国内FX業者の中でも魅力的なスワップポイントを提供しているのがLIGHT FXです。LIGHT FXとみんなのFXは「トレイダーズ証券」が運営しているFXサービスになります。

LIGHT FXでもPC版取引ツールにTradingViewを内蔵。みんなのFXと同じようにスマホアプリでもTradingViewのチャートに切り替えることが可能です。

LIGHT FXやみんなのFXを利用すればTradingViewを使って相場分析しつつ、そのまま発注をかけることができます。もちろん、スワップポイントも付与されるのでスワップ狙いの長期保有をされる方はLIGHT FXがおすすめ!

LIGHT FX 公式サイト

ゴールデンウェイ・ジャパン

ゴールデンウェイ・ジャパン

ゴールデンウェイ・ジャパンはとにかく狭いスプレッドに強いこだわりを持っている国内FX業者です。

日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」と銘打ったプログラムを継続的に進めており、クロス円を中心に業界最狭水準のスプレッドを配信しています。

ゴールデンウェイ・ジャパンでも新PC版ツール「FXTF GX」にTradingViewが内蔵されています。100種類以上のインジケーターや50種類以上の描画ツールを無料で利用可能。

「クロス円を主にトレードする」「スプレッドはできるだけ狭い方がいい」という方はゴールデンウェイ・ジャパンのTradingViewも要チェックです!

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

TradingViewと口座連携が可能な国内FX業者

FX会社特徴公式サイト
[サクソバンク証券]サクソバンク証券TradingViewの口座連携対応、プロ仕様の取引環境
FX通貨ペア約150種類、CFD(米国株・商品・先物)対応
[サクソバンク証券>詳細]
[オアンダ ジャパン]OANDA Japanすべてのトレーダーに公平・公正なレート配信が理念
約定拒否なし・抜群の約定力で快適な取引環境を実現
[オアンダ ジャパン>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com世界180カ国に展開するグローバルプロバイダー
TradingViewをツールに内蔵、MT4にも対応
[FOREX.com>詳細]

サクソバンク証券

サクソバンク証券

サクソバンク証券では、TradingViewとFX口座および米国株式(現物取引)口座を連携することが可能です

口座連携は簡単でTradingViewからサクソバンク証券を選択し口座のIDとパスワードを入力するだけ。口座連携費用や利用料は無料です。

みんなのFXやゴールデンウェイ・ジャパンは取引ツールに内蔵しているFX業者ですが、サクソバンク証券であれば本家TradingViewをそのまま利用しつつサクソバンク証券を通して発注をかけることができます。

サクソバンク証券

サクソバンク証券は全世界80カ国150万人以上のトレーダーが利用するグローバルプロバイダーです。

日本でも10年以上に渡ってFX/CFD取引を中心にサービスを提供しています。サクソバンク証券のFXでは150種類以上の通貨ペアに対応。

プロトレーダーや機関投資家レベルの取引環境が構築できるFX中上級者向けの証券会社になります。「TradingView上で発注をかけたい」「豊富な通貨ペアでFXがしたい」という方はサクソバンク証券がおすすめ!

サクソバンク証券 公式サイト

OANDA(オアンダ)

OANDA

オアンダもTradingViewとの口座連携に対応したFX業者です。OANDAは「公平・公正な取引環境をすべてのトレーダーに提供する」という企業理念を持った会社です。

全世界で最初に為替のレート配信を行った歴史のある企業でもあるOANDA。レート配信の透明性、信頼性は折り紙付きです。

取引ツールも充実しており、TradingViewとの口座連携の他にも高機能な独自PCツール・スマホアプリを配信。MT4(メタトレーダー)も利用できるため、多彩なプラットフォームから自分に合ったものを選択できます。

また、FXだけでなく主要株価指数のCFD取引も可能です。「MT4で自動売買をする」「レート配信は信頼できる業者がいい」という方はオアンダがおすすめ!

OANDA 公式サイト

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

FOREX.comはNASDAQ上場企業であるStoneXグループの日本法人です。日本では2009年からサービスを提供しており、世界標準の取引環境でFXが可能。

取引ツールはMT4が基本ですが、TradingViewとの口座連携にも対応しているのでTradingViewをプラットフォームにすることもできます。

FOREX.comではFX84通貨ペアに対応、取引単位が1,000通貨の少額取引も可能です。約定力にも自信があるため、世界水準のサービスを受けたい方はFOREX.comも要チェック!

FOREX.com 公式サイト