ビットコイン取引所のスマホアプリを比較 仮想通貨をiPhone/Androidで取引

スマホでビットコイン/仮想通貨を取引

ビットコインなど仮想通貨取引所のスマホツールをご紹介。仮想通貨の需要は国内でも着実に高まっており、取引所の数もじわじわと増えています。それぞれの業者は、どのような取引ツールを提供しているのでしょうか?

ここでは、スマホ対応のブラウザツール、もしくは、iPhone・Android(アンドロイド)対応の専用アプリを紹介しています。複数ある取引所の中でも、特に注目していただきたいものをまとめました。
シンプルで扱いやすいアプリや、あるいは特長的で、スマホでありながら高い性能を誇るツールなどなど。取引できる仮想通貨や、独自性といった部分を見ていただき、ご自分にあったものをお選びください!

仮想通貨おすすめのスマホツール スペック比較表

取引所
(公式サイト)
仮想通貨 アプリ ブラウザ FX対応
(※1)
仮想通貨
送金受金
ポイント
[coincheck]
コインチェック
BTC
ETH
XRP他
通知機能
ウィジェット
チャット
[bitFlyer]
bitFlyer
BTC
ETH
通知機能
指紋認証
[GMOコイン]
GMOコイン
BTC 高機能チャート
スピード注文
[ビットポイント]
ビットポイント
BTC
ETH
MT4アプリ対応
[ビットバンク]
ビットバンク
BTC
XRP
LTC
TradingView
高機能チャート
[Zaif]
ザイフ
BTC
MONA
XEM
TradingView
簡単売買
チャット

(※:BTC=ビットコイン、ETH=イーサリアム、XRP=リップル、MONA=モナコイン、XEM=ネム、LTC=ライトコイン)
(※1:取引所によってFX、信用取引、レバレッジ取引と名称が異なります)

各取引所スマホツールの特長

Coincheck(コインチェック)

コインチェックのスマホアプリコインチェックのアプリは非常に使い勝手がいいです。シンプルなデザインで、サクサク動く。初心者の方にもおすすめ。コインチェックでは、ビットコインやイーサリアム、リップルなど10以上の仮想通貨を扱っているのですが、そのすべてをスマホでも取引できます。

iPhone/Androidアプリ対応。ブラウザ利用も可能。レバレッジ取引も使えます。ユーザー同士のチャットもスマホから閲覧&利用できます。
スマホアプリで便利なのが通知機能。BTCやETHなど、指定した仮想通貨の値動きを、毎朝10:30にプッシュ通知でお知らせします。
とにかく扱いやすいので、ぜひダウンロードして使ってみてください!

Coincheck 公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーのスマホアプリビットフライヤーは日本一のBTC取引量を誇る取引所(※)。スマホの取引環境も充実。ブラウザ対応しており、専用のアプリもiPhone、Android(アンドロイド)ともに無料配信しています。アプリではビットコイン売買、送金&請求、イーサリアム売買など、PCと遜色ない環境で取引が可能。

さらに、FX取引に対応している「Lightning FX/Futures」も、ブラウザにて利用できます。パソコン版と同様に、次々と展開する取引の模様が、スマホでいつでもどこでも体感可能。
bitFlyerでは、ブラウザツールもスマホアプリも高品質でおすすめです。

(※2017年2月時点 シード・プランニング社調べ)

bitFlyer 公式サイト

GMOコイン(Z.comコイン byGMO)

GMOコインのスマホアプリGMOクリック証券のFXネオで取引されている方は、GMOコインのスマアプリ「ビットレ君」は親しみやすいと思います。デザインがフラットな雰囲気になっているのですが、構造がとても似ているからです。GMOクリック証券のアプリは何度もアップデートされ、洗練されたツールになっていますから、その技術を活かした高品質なツールだとも言えますね。実際、高品質です。

単純移動平均やボリンジャーバンドなど、10種類のテクニカル指標を搭載。ワンタップで発注できる「スピード注文」に対応。このスピード注文は、チャート画面を見ながら使えます。スマホ環境ながら、BTCの値動きを見つつ取引できるのは嬉しい。

GMOコイン 公式サイト

ビットポイント(BITPoint)

ビットポイントのスマホアプリはMT4ビットポイントでは、3種類の仮想通貨取引サービスを展開。現物取引(仮想通貨交換)、レバレッジ取引、ビットポイントFX取引。現物とレバレッジに関しては、ブラウザ環境での取引が可能です。唯一、ビットポイントFX取引だけは、「MT4(メタトレーダー4)」に対応。同ツールはスマホアプリでも使えます。

MT4は世界中で愛用される高性能チャートツール。約30種類のインディケーターを標準装備。高いカスタマイズ性能も魅力です。数多くの機能を備えており、経験者向けのチャートツールと言えます。MT4と聞いてピンと来た方は、ビットポイントを要チェックです。

ビットポイント 公式サイト

ビットバンク(bitbank)

ビットバンクのスマホアプリビットバンクはPCもスマホも、取引はブラウザ環境に対応。同社はチャートツール「TradingView」を採用しており、スマホにも完全対応しています。100種類以上のテクニカルを使えるチャートが、外出先でも使用可能。高度な分析機能を求められる方におすすめ。

チャート機能だけでなく、リアルタイムに進んで行く注文状況を表示。それを見ながら注文ができます。bitbankでは、ビットコインだけでなく、リップルとライトコインを取引できるのも魅力です。

ビットバンク 公式サイト

Zaif(ザイフ)

ザイフのスマホアプリZaif(ザイフ)は、ブラウザ環境と、iPhone/Androidスマホアプリに対応。2017年6月28日からは、人気ツール「TradingView」を採用。スマホ環境でも使えます。

「TradingView」は多数のインディケータを搭載。描画機能も多く備わっています。また、チャートなどをTwitterに投稿するのに便利なSNS連携機能もあり。
TradingViewを採用している取引所は増えています。Zaifでは、ツールの使い方ガイドを公開していますので、気になる方はそちらも要チェック。

Zaif 公式サイト