ビットコイン取引所のスマホアプリを比較 暗号資産(仮想通貨)をiPhone/Androidで取引

ビットコイン取引所のスマホアプリを比較

ビットコインやリップル、イーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)取引サービスは国内でも拡大中。さて、取引するのであれば各社で使える取引ツールの仕様は気になりますよね。

ここでは暗号資産取引のツールの中でも、スマホ対応ブラウザツールiPhone・Android対応のスマホアプリに絞ってそれらのスペックや特長を比較しています。

初心者にも扱いやすいシンプルなアプリや、GMOコインのようにFX取引に特化したツール、100種類以上のテクニカル指標を搭載している高機能ツールなど特長はさまざま。

取引ツールの仕様とあわせて各社の取り扱い暗号資産(仮想通貨)も紹介しています。ご自分のスタイルに合ったスマホツールを見つけ出してください。

暗号資産取引所スマホアプリ/ブラウザツール比較表

取引所 暗号資産 アプリ ブラウザ FX対応 特長 公式サイト
[GMOコイン]GMOコイン 7種 FX特化アプリ
スピード注文
[GMOコイン>詳細]
[ビットポイント]ビットポイント 5種 Liteアプリ & MT4アプリ [ビットポイント>詳細]
[ビットバンク]ビットバンク 6種 × Trading View
高機能チャート
[ビットバンク>詳細]
[リキッドバイコイン]Liquid 5種 ライト版 & 高機能版 [リキッドバイコイン>詳細]
[DMM Bitcoin]DMMビットコイン 9種 4分割チャート
レートアラート
経済指標アラート
[DMM Bitcoin>詳細]
[SBIバーチャル・カレンシーズ]VCTRADE 3種 × × 即時決済サービス [SBIバーチャル・カレンシーズ>詳細]
[Zaif]Zaif 5種 × 板情報表示
チャット
[Zaif>詳細]
[bitFlyer]bitFlyer 8種 プッシュ通知
Lightning FX対応
[ビットフライヤー>詳細]
[coincheck]コインチェック 12種 プッシュ通知
指紋認証
ウィジェット
[コインチェック>詳細]

※取引所によってFX、信用取引、レバレッジ取引と名称が異なります。

スマホでもFX・レバレッジ取引が可能

レバレッジ取引(FX取引)に対応している業者では、スマホ環境でもレバレッジをかけた取引が行えます。
GMOコイン「ビットレ君」はFX取引に特化した専用アプリで、ワンタップで発注できるスピード注文や高機能チャートの搭載が魅力。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では9種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、ビットコインだけでなくリップルやネムなど、アルトコインのレバレッジ取引が可能です。

暗号資産取引所スマホツールの特徴は?

GMOコイン「ビットレ君」

GMOコインのスマホアプリGMOクリック証券のFXネオで取引されている方は、GMOコインのスマアプリ「ビットレ君」は親しみやすいと思います。デザインがフラットな雰囲気になっているのですが、構造がとても似ているからです。GMOクリック証券のアプリは何度もアップデートされ、洗練されたツールになっていますから、その技術を活かした高品質なツールだとも言えますね。実際、高品質です。

単純移動平均やボリンジャーバンドなど、10種類のテクニカル指標を搭載。ワンタップで発注できる「スピード注文」に対応。このスピード注文は、チャート画面を見ながら使えます。ビットコインなどの値動きを見つつ取引できるのは嬉しい。

スマホ取引ツール 基本スペック

対応形式 専用スマホアプリ・ブラウザ対応
取引できる暗号資産 ビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュ
FX取引 対応
スマホからの入出金 日本円:○
暗号資産:○

まとめ
  • ワンタップで発注可能なスピード注文
  • 暗号資産(仮想通貨)5種類のFXに対応
  • 10種類のテクニカル指標でチャート分析

GMOコイン 公式サイト

ビットポイント(BITPoint)

ビットポイントのスマホアプリはMT4ビットポイント(BITPoint)では、3種類の暗号資産取引サービスを展開。現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFX取引。現物とレバレッジに関しては、ブラウザ環境での取引が可能です。唯一、ビットポイントFX取引だけは、「MT4(メタトレーダー4)」に対応。同ツールはスマホアプリでも使えます。

MT4は世界中で愛用される高性能チャートツール。約30種類のインディケーターを標準装備。高いカスタマイズ性能も魅力です。数多くの機能を備えており、経験者向けのチャートツールと言えます。MT4と聞いてピンと来た方は、ビットポイントを要チェックです。


スマホ取引ツール 基本スペック

対応形式 MT4アプリ(FX)・ブラウザ対応(現物・レバレッジ)
取引できる暗号資産 ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュ
※MT4アプリはBTC/円・米ドル・ユーロ・香港ドルのFX取引のみ
FX取引 対応
スマホからの入出金 日本円:○
暗号資産:○

まとめ
  • iPhone・Android版メタトレーダー4対応
  • 約30種類のインディケーターを搭載
  • MT4対応はビットポイントFXのみ

ビットポイント 公式サイト

ビットバンク(bitbank)

ビットバンクのスマホアプリビットバンク(bitbank)は専用アプリとブラウザ環境での取引が可能。同社はチャートツール「TradingView」を採用しており、このツールはスマホにも完全対応しています。100種類以上のテクニカルを使えるチャートが、外出先でも使用可能。スマホの画面では操作しにくい部分もありますが、高度な分析機能を求められる方にはおすすめ。

チャート機能だけでなく、リアルタイムに進んで行く注文状況を表示。それを見ながら注文ができます。bitbankでは、ビットコインだけでなく、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュを取引できるのも魅力です。

スマホ取引ツール 基本スペック

対応形式 専用スマホアプリ・ブラウザ対応
取引できる暗号資産 ビットコイン・リップル・イーサリアム・ライトコイン・モナーコイン・ビットコインキャッシュ
FX取引 ×
スマホからの入出金 日本円:○
暗号資産:○

まとめ
  • 100種類以上の分析機能が使える「TradingView」
  • スマホ完全対応のブラウザツール
  • リップル、イーサリアム、モナコインなどを取り扱い

ビットバンク 公式サイト

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のスマホアプリDMM Bitcoin(DMMビットコイン)はDMMグループの暗号資産(仮想通貨)取引サービス。ビットコインをはじめ、リップルやネムなど豊富な暗号資産を取り扱っており、そのすべてがレバレッジ取引に対応という特長を持っています。

スマホからの取引はiPhone・Android対応の専用アプリから実行可能。もちろんレバレッジ取引にも対応しており、サクサク動かして快適に売買できます。
チャート分析に嬉しい4分割マルチチャート機能を搭載していますので、複数の暗号資産ペアを並べたり、同じ暗号資産を複数の時間軸で眺めたりできます。
レートアラート、経済指標アラートはプッシュ通知にも対応。リリース当初から完成度の高い取引ツールといえます。

スマホ取引ツール 基本スペック

対応形式 専用スマホアプリ・ブラウザ対応
取引できる暗号資産 ビットコイン・イーサリアム・ネム・リップル・ライトコイン・イーサクラシック・ビットコインキャッシュ・ステラルーメン・モナーコイン
FX取引 対応
スマホからの入出金 日本円:○
暗号資産:○

まとめ
  • 9種類の暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引に対応
  • 分析に役立つ4分割チャート機能を搭載
  • レートアラート、経済指標アラートはプッシュ通知に対応

DMMビットコイン 公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーのスマホアプリビットフライヤーはスマホの取引環境も充実。ブラウザ対応しており、専用のアプリもiPhone、Android(アンドロイド)ともに無料配信しています。アプリではビットコイン売買、送金&請求、イーサリアム売買など、PCと遜色ない環境で取引が可能。

さらに、FX取引に対応している「Lightning FX/Futures」も、ブラウザにて利用できます。パソコン版と同様に、次々と展開する取引の模様が、スマホでいつでもどこでも体感可能。
bitFlyerでは、ブラウザツールもスマホアプリも高品質でおすすめです。

スマホ取引ツール 基本スペック

対応形式 専用スマホアプリ
※FXはブラウザ対応
取引できる暗号資産 ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・モナコイン・リスク・ビットコインキャッシュ・リップル
FX取引 ブラウザ対応(Lightning Web)
スマホからの入出金 日本円:○
暗号資産:○

まとめ
  • 暗号資産売買や送金、日本円の入出金もアプリで完結
  • 暗号資産レートを確認できるウィジェット機能を搭載
  • Lightning FXはブラウザから利用可能

bitFlyer 公式サイト