未成年でも口座開設できる?年齢制限がある暗号資産(仮想通貨)取引所

未成年でも口座開設できる?年齢制限がある暗号資産(仮想通貨)取引所

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所・販売所で取引を行うには、各社で口座開設を行う必要があります。誰でも口座開設できるのかというとそうでもなく、各社ともにいくつかの制限を設けています。

では、未成年でも暗号資産(仮想通貨)を取引するための口座を開設することはできるのでしょうか?残念ながらほとんどの業者で未成年の口座開設は受け付けていない現状です。ただしBTCBOXに関しては、親権者の同意などの条件を満たせば未成年でも口座開設が可能となっています。

また、業者によっては「満75歳未満であること」というように年齢の上限を設定している場合もあります。各社の口座開設に関する年齢制限を、下記の表にまとめていますので参考にしてみてくださいね。

年齢制限がある暗号資産取引所一覧

暗号資産交換業者口座開設手数料年齢制限公式サイト
[bitFlyer]
ビットフライヤー
無料満18歳以上であること[ビットフライヤー>詳細]
[GMOコイン]
GMOコイン
無料満20歳以上であること[GMOコイン>詳細]
[DMMビットコイン]
DMMビットコイン
無料満18歳以上満75歳未満であること[DMMビットコイン>詳細]
[SBI VCトレード]
SBI VCトレード
無料18歳以上であること[SBI VCトレード>詳細]
[ビットバンク]
ビットバンク
無料18歳以上であること[ビットバンク>詳細]
[コインチェック]
コインチェック
無料18歳以上満75歳未満であること[コインチェック>詳細]
[ビットポイント]
ビットポイント
無料満18歳以上80歳以下であること[ビットポイント>詳細]

一部業者にて口座開設の年齢制限が引き下げ

一部業者にて口座開設の年齢制限が引き下げ

2022年4月1日に成年年齢の引き下げが実施され、これに伴い暗号資産取引を取り扱っているいくつかの業者にて、口座開設における年齢制限が引き下げられました。

DMM Bitcoinやビットバンクなどでは満18歳から口座開設の申込が可能に。上記画像はDMM Bitcoinの公式サイトから抜粋した「口座開設年齢の引き下げについてのお知らせ」になります。

18歳もしくは19歳の方で暗号資産(仮想通貨)の取引を行いたい方は、口座開設年齢の引き下げが行われた各社をチェックしてみてくださいね。

ビットフライヤーの年齢制限は「満18歳以上」

ビットフライヤー

ビットフライヤーでは成年年齢の引き下げに伴い、2022年6月1日より現物取引の取引開始基準年齢を満18歳以上に変更しています。

ビットフライヤーの年齢制限は「満18歳以上」
ビットフライヤーの年齢制限について(公式サイトFAQより抜粋)

上記画像はビットフライヤーの公式サイトにあるFAQから抜粋したものです。現物取引では「年齢が満18歳以上であること」と記載があります。ただし、レバレッジをかけた取引ができる証拠金取引サービス(Lightning FX)に関しては満20歳以上から利用可能です。

ビットフライヤー 公式サイト