【2019年版】おすすめのFXチャートツール5選!タイプ別に紹介・徹底比較

おすすめのFXチャートツール5選!タイプ別に紹介・徹底比較

ここでは、国内FX業者が提供しているチャートツールの中でも、特におすすめの5つのツールをご紹介します。初心者の方でも扱いやすいものから、上級者、プロトレーダー向けの高機能チャートツールまで個性的なツールを掲載。

国内に50社以上あるFX会社の中から、5社のチャートツールを厳選。まずは比較表でテクニカル指標の搭載数、描画ツールの搭載数、利用できる足種の数、チャート分割の最大数、そしてチャートツールの特徴・ポイントを一覧表で比較しています。

そして比較表以下では、各チャートツールの実際の画像と共に解説を行っています。チャートツールの機能の中でも特に注目していただきたいポイントも紹介。

FX会社のどのチャートツールを使おうかと迷われている方、あるいは今のチャートツールでは満足できないという方は、ぜひ当ページの情報を参考にしてみてくださいね。

おすすめのFXチャートツール 一覧比較表

FX会社・チャートツール テクニカル搭載数 描画ツール搭載数 利用可能な足種数 チャート分割 特徴・ポイント 公式サイト
[GMOクリック証券]
「プラチナチャートプラス」
38種類 25種類 18種類 16分割 ・比較チャート搭載
・複数ウィンドウ表示可能
[GMOクリック証券>詳細]
[DMM FX]
「プレミアチャート」
32種類 12種類 12種類 6分割 ・比較チャート搭載
・フィボナッチ自動描画
[DMM FX>詳細]
[セントラル短資FX]
「プログレッシブチャート」
31種類 9種類 12種類 12分割 ・比較チャート搭載
・ワンクリック注文パネルの複数配置
[セントラル短資FX>詳細]
[IG証券]
「ブラウザ版取引システム」
28種類 27種類 16種類 無制限 ・操作性が抜群
・豊富なアラート機能
[IG証券>詳細]
[サクソバンク証券]
「サクソトレーダーPRO」
51種類 21種類 15種類 無制限 ・スマホアプリ等と連動
・オートチャーティスト内蔵
[サクソバンク証券>詳細]

【タイプ別】おすすめのFXチャートツールを紹介

GMOクリック証券「プラチナチャートプラス」

GMOクリック証券「プラチナチャートプラス」のイメージ画像

「プラチナチャートプラス」のおすすめポイント・特徴は?

GMOクリック証券のFXサービス「FXネオ」では「プラチナチャートプラス」というチャートツールが提供されています。FXネオ口座にて無料で利用することが可能。ブラウザ対応なのでインストール不要です。

プラチナチャートプラスは使い勝手の良さが魅力。チャート分析機能をメインに、プライスボードやニュースパネルなどを搭載し、シンプルな見た目と操作性を実現しています。FX初心者の方にも分かりやすい構造ですので、これからテクニカル分析の技術を磨いていきたいという方にもおすすめ。

シンプルな使い勝手とは言いつつも、搭載している機能は本格的です。プラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標と、25種類の豊富な描画ツールを搭載。さらに、チャートの分割表示にも対応しており、最大で16個のチャートを並べて表示させることが可能です。

プラチナチャートプラス 実際の画面

プラチナチャートプラスのチャート画面

全通貨ペアや日経平均などの相関関係を見れる「比較チャート機能」

チャートツールの注目ポイント!

プラチナチャートプラスが搭載している豊富な機能の中に「比較チャート」というものがあります。これは、1つのチャート内に複数の銘柄を表示させて、それらの相関関係を見られるという機能。上記画像では米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円を同時に表示させています。

この比較チャート機能はセントラル短資FXやサクソバンク証券のチャートツールでも利用できますが、プラチナチャートプラスの比較チャートは使い勝手の良さがポイント。

また、GMOクリック証券のFXネオで取引できる全通貨ペアに加えて、日経平均やTOPIXなど11種類の指標も表示させられるのが魅力。これらの動きにも注目してFX取引をされる方は要チェックです。

「プラチナチャートプラス」基本スペック表

利用手数料 無料
利用形式 ブラウザ
テクニカル指標 単純移動平均、指数平滑移動平均、エンベロープ、ボリンジャーバンド(3σまで)、高低線(HLバンド)、移動平均線/実線乖離率、ケルトナーチャネル、カオス・アリゲータ、平均足、新値足、カギ足、陰陽足、P&F、パラボリック、CCI、ジグザグチャート、線形回帰トレンド、アルーン、バランスオブパワー、一目均衡表、MACD、モメンタム、A/Dライン、ACオシレーター、オーサムオシレーター、ブルパワー、ベアパワー、デマーカー、RVI、RSI、ストキャスティクス、ウィリアムズ%R、サイコロジカルライン、DMI、ADX、ADXR、RCI、ROC
描画ツール ホリゾンタルライン、バーティカルライン、トレンドライン、チャネルライン、アングル、レクタングル、トライアングル、サークル、エリプス、ペンタゴンチャート、線形回帰チャネル、等距離幅チャネル、標準偏差チャネル、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチチャネル、フィボナッチエクスパンション、フィボナッチタイムゾーン、フィボナッチアーク、フィボナッチファン、ギャンライン、ギャンファン、ギャングリッド、コメント挿入、片矢印、双方矢印、削除、すべて削除
チャート足種(時間軸) ティック、1分足、3分足、5分足、10分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、6時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足、年足
チャートタイプ ローソク足、バー、ドット
取引画面のカスタマイズ
チャート分割表示 最大16分割
通常チャート以外の主な機能 プライスボード、ニュース、経済指標カレンダー、比較チャート
比較チャート機能 【対応銘柄】全20通貨ペア+指標11種類(日経平均、TOPIX、NYダウ、WTI原油、ロンドン金、日本国債(2年、5年、10年)、米国債(2年、5年、10年)」)
【比較数上限】4銘柄まで比較可能
アラート機能 プライスアラート
対応OS Windows、Mac
その他の特徴 別ウィンドウで複数のプラチナチャートプラスを表示可能、パネルの自動整列機能、チャートに転換点を表示

GMOクリック証券の特徴は?

GMOクリック証券

GMOクリック証券の特徴
  • 東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ企業である安心感!
  • 業界最狭水準スプレッド、かつ高水準のスワップポイントを実現!
  • プラチナチャートプラスだけでなく、スマホアプリも使いやすくて高性能!

GMOクリック証券 公式サイト

DMM FX(DMM.com証券)「プレミアチャート」

DMM FX(DMM.com証券)「プレミアチャート」

「プレミアチャート」のおすすめポイント・特徴は?

DMM FXはDMM.com証券が運営するFXサービス。DMM FXでは複数の取引ツールが提供されているのですが、中でもチャート分析機能に特化しているのが「プレミアチャート」です。テクニカル指標は32種類で描画ツールは12種類を搭載。シンプルな構造で扱いやすく、初心者の方にもおすすめ。

プレミアチャートはとにかく操作性が高いです。特にチャート分割時の一括操作が便利。下でも詳しくお伝えしていますが、時間軸やテクニカル指標をワンクリックですべての分割チャートに反映させられたり、ワンクリックで6分割チャートを表示させられたりできるのが快適です。

さらに、プレミアチャートは他にも便利な機能を複数搭載。FXだけでなくCFD銘柄との比較も行える比較チャート機能があったり、チャート上に経済指標発表のタイミングが表示されたり、1つのチャートで描画したラインが他の分割チャートすべてに反映される機能があったり、フィボナッチリトレースメントを自動で描画してくれる機能が備わっていたりします。

シンプルかつチャート機能に特化したツールを使いたいという方、ワンクリックでさまざまな操作のできる利便性に興味のある方は、DMM FXをぜひチェックしてみてくださいね。

プレミアチャート 実際の画面

プレミアチャートのチャート画面

ワンクリックで一括操作!分割チャートの操作が便利

チャートツールの注目ポイント!

先ほども触れましたが、プレミアチャートは分割チャートの操作が非常に便利です。ちょっと見づらいのですが、上記の画像でその機能をご紹介します。

まず、プレミアチャートにはミニチャートという機能が備わっており、画面の左側にプライスボードと共に掲載されています。ミニチャートはリアルタイムに変動。このミニチャートをクリックすると、右に表示している分割チャートがすべて、選択したミニチャートの通貨ペアに切り替わります。

そして、チャート上部に時間足とテクニカル指標、チャートタイプを変更する欄があるのですが、その右側にあるボタンをクリックすると、その設定をすべての分割チャートに反映させることができます。例えばすべてのチャートを1時間足にしたり、すべてのチャートに一目均衡表を表示させたり。

ミニチャートの上には「M」と書かれた小さなボタンがあります。これをクリックすると、最大6分割のチャートをワンクリックで表示させることが可能。こちらも便利です。

「プレミアチャート」基本スペック表

利用手数料 無料
利用形式 ブラウザ
テクニカル指標 移動平均線、回帰トレンド、一目均衡表、ボリンジャーバンド、HLバンド、指数平滑移動平均線、エンベロープ、加重移動平均線、線形回帰分析、GMMA、ピボット、フィボナッチピボット、スパンモデル、スーパーボリンジャー、パラボリック、モメンタム、RSI、移動平均乖離率、MACD、RCI、ストキャスティックス、ATR、CCI、ウイリアムズ%R、DMI、Aroon-Indicator、Aroon-Oscillator、ROC、RVI、平均足、ポイント&フィギュア、新値足
描画ツール トレンドライン、水平線、垂直線、平行コピー、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・ターゲット、フィボナッチ・ファン、寸法線(本数計測)、寸法線(値幅計測)、個別削除、全削除
チャート足種(時間軸) ティック、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
チャートタイプ ローソク足、ライン、平均足、ポイント&フィギュア、バーチャート、新値足3、新値足5
取引画面のカスタマイズ ×
チャート分割表示 最大6分割
通常チャート以外の主な機能 プライスボード、ミニチャート、ワンタッチ分析ツール(フィボナッチ・リトレースメント、価格分割)、経済指標カレンダー
比較チャート機能 【対応銘柄】全20通貨ペア+CFD7銘柄(日本225種株価指数、ダウ工業株30種平均、ナスダック100指数、米国SPX500指数、金/米ドル、銀/米ドル、原油/米ドル)
【比較数上限】2銘柄まで比較可能
アラート機能 プライスアラート
対応OS Windows、Mac
その他の特徴 ワンクリックでチャートを一括操作(通貨ペア、時間足、テクニカル指標、チャートタイプをまとめて変更可能)、時間足の異なる分割チャートすべてにライン描画を反映可能、マウスホイールでチャートの拡大縮小が可能、チャート上に経済指標発表のタイミングを表示

DMM FX(DMM.com証券)の特徴は?

DMM FX(DMM.com証券)

DMM FX(DMM.com証券)の特徴
  • FX口座数が国内トップレベルの人気FX会社!
  • 業界最狭水準スプレッドで取引ができる!
  • 電話とメール、LINEでも問い合わせできるサポート体制!

DMM FX 公式サイト

セントラル短資FX「プログレッシブチャート」

セントラル短資FX「プログレッシブチャート」

「プログレッシブチャート」のおすすめポイント・特徴は?

セントラル短資FXのFXサービス「FXダイレクトプラス」にて、「プログレッシブチャート」という高性能チャートツールが提供されています。口座開設をすれば無料で使用可能。開発者のこだわりが詰まった、セントラル短資FXならではのチャートツールです。

テクニカル指標は31種類と豊富ですが、描画ツールは9種類で比較的少なめ。チャートの分割表示数も最大12分割となっており、当ページに掲載している他社のツールと比較すると少なめ。

ただ、プログレッシブチャートはインストール不要のブラウザツールでありながら、とにかくサクサク動く操作性が魅力的です。テクニカル指標の表示や通貨ペアの切り替えといった基本操作はもちろんのこと、12分割チャートの表示はボタンをクリックするだけで即座に実行できます。

チャート分析機能の充実だけではなく、とにかく操作性の良いチャートツールを使いたいという方にはプログレッシブチャートがおすすめ。

プログレッシブチャート 実際の画面

プログレッシブチャートのチャート画面

分割したすべてのチャートに配置できる「ワンクリック成行注文」

チャートツールの注目ポイント!

プログレッシブチャートはチャート分析のみ行えるモードと、注文操作も行えるモードとの切り替えが可能となっています。チャート画面の上部にある「トレード」ボタンを押せば、発注可能なモードにすぐ以降できます。

トレードモードに移行すると、「ワンクリック成行注文」パネルを利用することができます。このワンクリック成行注文は、分割したすべてのチャートに配置が可能。上記画像では4分割したチャートに注文パネルが表示されています。

複数のチャート分析を行いながら、その場で素早い発注が可能。この機能も当然ながらサクサク動きます。

「プログレッシブチャート」基本スペック表

利用手数料 無料
利用形式 ブラウザ
テクニカル指標 移動平均線、指数平滑平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、エンベロープ、パラボリック、高値安値移動平均、直近高値安値、ケルトナーチャネル、サポート&レジスタンス、ピボットポイント、RSI、ストキャスティックス、移動平均乖離率、RCI、サイコロジカルライン、ヒストリカルボラティリティ、DMI、MACD、強弱レシオ、モメンタム、ROC、オシレーター、CCI、ボリンジャーバンド%b、アルーン、相関係数(通貨ペアを選択)
描画ツール トレンドライン、水平線、垂直線、平行線、フィボナッチリトレースメント、日柄、ペンタゴンチャート
チャート足種(時間軸) 1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、6時間足、8時間足、日足、週足、月足
チャートタイプ ローソク足、バーチャート、ラインチャート、平均足、ポイント&フィギュア、新値足、時系列新値足、カギ足、騰落価格、騰落率
取引画面のカスタマイズ ×
チャート分割表示 最大12分割(ワンクリックで分割可能)
通常チャート以外の主な機能 注文パネル、注文・ポジション照会、比較チャート
比較チャート機能 【対応銘柄】全25通貨ペア
【比較数上限】制限なし
アラート機能 ラインブレーク通知(トレンド、水平線)
対応OS Windows、Mac
その他の特徴 分割表示したチャートすべてに注文パネルを配置可能、24種類のテーマカラーを搭載

セントラル短資FXの特徴は?

セントラル短資FX

セントラル短資FXの特徴
  • 100年以上の歴史を持つセントラル短資グループの信頼感!
  • 使いやすいだけでなく、技術者のこだわりが詰まった取引ツールが魅力!
  • セントラル短資FXは限定レポートなど情報コンテンツが充実!

セントラル短資FX 公式サイト

IG証券「Webブラウザ版取引システム」

IG証券「Webブラウザ版取引システム」

「Webブラウザ版取引システム」のおすすめポイント・特徴は?

IG証券の「Webブラウザ版取引システム」は、数年ぶりの大幅アップデートを経て誕生した取引ツールです。インストール不要のブラウザツールでありながら、操作性が非常に快適。それでいてテクニカル指標28種類や描画ツール27種類など、さまざまな機能を搭載しています。

チャート画面には発注ボタンを配置することができ、豊富なテクニカル指標や描画ツールが使えることに加えて、重要イベントをチェックすることも可能。

「Webブラウザ版取引システム」ではレートパネルやチャートパネルだけではなく、ニュースや経済指標カレンダー、さらにTwitterの表示にまで対応しています。多くの機能を備えつつ、快適な操作性も実現しているのが魅力的。

ちなみに、ここまで紹介してきたGMOクリック証券などは初心者の方にもFX業者でしたが、IG証券はどちらかというと経験者におすすめの会社。とにかく多機能なチャートツールを使いたいという方は、IG証券の取引ツールを使ってみてはいかがでしょうか。

Webブラウザ版取引システム 実際の画面

Webブラウザ版取引システムのチャート画面

レート到達・変動やテクニカル指標のシグナルなど豊富な「アラート機能」

チャートツールの注目ポイント!

アラート機能を搭載しているチャートツールは色々ありますが、IG証券のWebブラウザ版取引システムに備わっているアラート機能は特におすすめです。

複数のアラート機能に対応しており、取引画面内ではレートアラート(到達・変動)とテクニカル指標アラートの設定が可能。テクニカル指標アラートは移動平均やMACDなど、10種類以上のテクニカル指標に対応しています。また、IG証券のマイページから経済指標アラートを設定することも可能。

ちなみに、これらのアラートはスマホアプリのプッシュ通知に対応しています。PCで設定したアラート通知を、スマホアプリで受け取ることが可能なのです。外出先でも取引のチャンスを逃したくない方、スマホアプリを補助ツールとして利用されている方も要チェック。

「ブラウザ取引プラットフォーム」基本スペック表

利用手数料 無料
利用形式 ブラウザ
テクニカル指標 アルーン、ATR、オーサムオシレーター、ボリンジャーバンド、チャイキンボラティリティー、商品チャネル指数、デトレンディッドプライスオシレーター、ディレクショナルムーブメント、ドンチャンチャネル、指数平滑移動平均、EOM(EMV)、一目均衡表、KDJ、ケルトナーチャネル、MACD、モメンタム、マネーフローインデックス、移動平均、パラボリックSAR、ピボットポイント、変化率、RSI、標準偏差、ストキャスティクス、出来高、出来高加重移動平均線、加重移動平均、ウィリアムズ%R
描画ツール トレンドライン、水平線、垂直線、ポイントライン、矢印、チャネル、エリオット波動(1波、2波、3波、4波、5波)、エリオット波動(A波、B波、C波)、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクステンション、ギャンファン、ギャンライン、ヘッドアンドショルダー、計測ツール、オーバル、ピッチフォーク、トライアングル、レクタングル、テキスト、削除、すべて削除
チャート足種(時間軸) ティック、1秒足、1分足、2分足、3分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、日足、週足、月足
チャートタイプ ローソク足、平均足、ライン、バーチャート、山型
取引画面のカスタマイズ
チャート分割表示 無制限(ただしウィンドウ整列は手動)
通常チャート以外の主な機能 レートパネル、注文パネル、注文・ポジション照会、ツイート表示
比較チャート機能 搭載なし
アラート機能 レートアラート(レート到達・変動)、テクニカル指標アラート
対応OS Windows、Mac
その他の特徴 チャート上にイベント表示、バイナリーオプションとノックアウトオプションも取引可能

IG証券の特徴は?

IG証券

IG証券の特徴
  • 業界最狭水準スプレッドを実現、注文上限なしのスペックにも注目!
  • 中上級者のトレーダーにおすすめの高機能チャートツールを提供!
  • FXの約100通貨ペアに加え、16,000以上のCFD銘柄でも取引が可能!

IG証券 公式サイト

サクソバンク証券「SaxoTraderPRO」

サクソバンク証券「SaxoTraderPRO」

「SaxoTraderPRO」のおすすめポイント・特徴は?

サクソバンク証券の「SaxoTraderPRO(サクソトレーダープロ)」はその名のとおり、プロ向けの取引ツールとして提供されている高品質ツール。SaxoTraderPROはインストール型となります。

当ページで紹介しているチャートツールの中では、機能面で言えばSaxoTraderPROが最も多機能であると言えます。テクニカル指標は50種類以上も備わっており、描画ツールは21種類。チャートの分割表示数には無制限で、しかも数クリックするだけで1つのチャートを16分割まで複製させるといったことも可能です。

プラチナチャートプラス(GMOクリック証券)やプログレッシブチャート(セントラル短資FX)でも使える比較チャート機能を搭載。SaxoTraderPROでは150種類以上の通貨ペアに加えて、豊富に取り扱っているCFD銘柄などの動きを比較することができます。

また、SaxoTraderPROの機能の中でも特に注目していただきたいのが、PCやスマホアプリが連動するということ。例えば、PCで行ったテクニカル指標の設定やライン描画が、なんとスマホアプリのチャートにも反映されるのです。このような連動機能を備えているのはサクソバンク証券の取引ツールくらいでしょう。

SaxoTraderPRO 実際の画面

SaxoTraderPROのチャート画面

チャートパターンを自動で検出する「オートチャーティスト機能」

チャートパターンを自動で検出する「オートチャーティスト機能」

「オートチャーティスト」というツールをご存知でしょうか。これはオートチャーティスト社が提供しているツールで、チャートに表れるさまざまなパターンの形成を自動検出してくれるもの。

サクソバンク証券はそのオートチャーティストに対応している数少ない国内FX業者の1つです。しかも、このオートチャーティスト機能をSaxoTraderPROに内蔵。プライスボードでまとめて見ることもできますし、上記画像のように詳細を閲覧することもできます。

オートチャーティストの分析画面からそのまま発注することも可能。オートチャーティストを内蔵しているチャートツールというのは非常に貴重です。こちらの機能が気になる方も、ぜひサクソバンク証券をチェックしてみてくださいね。

「SaxoTraderPRO」基本スペック表

利用手数料 無料
利用形式 インストール
テクニカル指標 ADチャート、ADLチャート、ADO、ADX、オーサムオシレーター、ATR、ボリンジャーバンド、ボリンジャーバンド幅、CCI、COR、ドンチャンチャネル、DMI、二重単純移動平均、指数移動平均、一目均衡表、ケルトナーチャネル、カウフマン適応移動平均、MACD、移動平均エンベロープ、修正指数移動平均、MFI、修正移動平均、モメンタム、OBV、取組高、オシレーター、価格チャネル、ピボットポイント、割合価格オシレーター、パラボリック、相対モメンタム指数、ROC、ROS、RSI、RTO、単純移動平均、スプレッド、標準偏差、ストキャスティクス(ファースト)、ストキャスティクス(スロー)、トゥルーレンジ、三重指数平均、取引高、VWAP、ウィリアムズアリゲーター、WAC、ウィリアムズA/D)、WTC、加重移動平均、ウィリアムズ%R、Z-スコア(レシオのZ-スコア)
描画ツール トレンドライン(セグメント)、トレンドライン(レイ)、トレンドライン(エクステンド)、平行線、水平線、縦線、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチプロジェクション、フィボナッチファン、フィボナッチエクステンション、アンドリュースピッチフォーク、線形回帰直線、長方形、円、矢印、測定、バーカウンター、テキスト、コールアウト、削除、すべて削除
チャート足種(時間軸) 1分足、2分足、3分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、6時間足、8時間足、日足、週間足、月足
チャートタイプ ビッド/アスク、ローソク足、平均足、ライン、バーHLC、バーOHLC、%比較
取引画面のカスタマイズ
チャート分割表示 無制限(ワンクリックで単一チャートを最大16個の等分割が可能)
通常チャート以外の主な機能 レートパネル、注文パネル、注文・ポジション照会、ニュース、経済指標カレンダー、オートチャーティスト(チャートパターン形成を自動で検索)
比較チャート機能 【対応銘柄】全150通貨ペア以上+多数のCFD銘柄
【比較数上限】5銘柄
アラート機能 レートアラート(レート到達・変動率)
対応OS Windows、Mac
その他の特徴 マウスホイールでチャートの拡大縮小が可能、他デバイスとの連動(ブラウザ版ツール、スマホアプリとチャート設定などを共有)

サクソバンク証券の特徴は?

サクソバンク証券

サクソバンク証券の特徴
  • 業界トップクラスとなる150種類以上の通貨ペアを取り扱い!
  • 変動制スプレッドを採用、業界最狭水準のスプレッドを実現!
  • 上級者、プロトレーダーの方にも支持される高性能ツールを無料で使える!

サクソバンク証券 公式サイト


FX会社のチャートツールを使いこなそう!

国内FX会社の中から5社を厳選し、おすすめのチャートツールを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。シンプルな操作性のチャートツール、テクニカル指標の搭載が豊富なツール、発注機能が便利なツール、プロ向けのチャートツールなどなど。気になったチャートツールがもしあれば、ぜひ公式サイトもチェックしてみてくださいね。

世界中のトレーダーに愛される「MT4」

世界中のトレーダーに愛される「MT4」当ページではFX会社5社が提供しているチャートツールを紹介してきました。ですが、それらよりも「MT4(メタトレーダー4)」の対応業者が気になる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

MT4はロシアのメタクオーツ社が開発したツールで、世界中のFXトレーダーに愛用されています。国内ではいくつかのFX業者がこのMT4を取り扱っており、当サイトでは各社の比較ページを用意しています。MT4を使いたいという方、取り扱い業者を詳しく知りたい方はそちらのページもチェックしてみてくださいね。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です