ミニターミナル(Mini terminal)があればMT4で思いのままに発注ができる

MT4のミニターミナル(Mini terminal)は、損益金額からリミット、ストップを計算して発注をしてくれるツールで、注文後もチャート上からマウスによる視覚の変更も可能ですし、一括決済、注文テンプレートの作成などが可能です。

山中康司氏のセミナー動画

FXTFのMT4はここがちがう!「ミニターミナルを使おう」

動画で分かりやすい解説になっています。

具体的にできること

Mini terminalパネルやチャートをMT4から分離できる

1. この水色のアイコンをクリックします。

2. 「チャートを分離」と「Mini terminalを分離」の項目があるのでクリックします。

3. MT4から分離して表示させることができます。

mini_terminalの分離とチャートの分離

チャートを何枚も見たり、複数のモニターで監視する場合に便利です。逆に別々だったチャートをMT4内に入れることも可能です。

チャート上でCtrl+クリックした価格を読み取り、指値または逆指値注文ができる

1. キーボードの[Ctrl]キーを押しながら、チャート上をクリックします。

2. ダイアログが出てきます。指値・逆指値の新規注文を選びます。

またダイアログが出てくるのでロット数など細かい設定をして確定を押してください。

名前を付けて注文テンプレートを保存し、同じ注文を何度も繰り返せる

1.新規に注文テンプレートを出します。

2.新規注文が出てくるので設定します。設定後に「テンプレートの保存」を押し、テンプレートの名称を付けて保存します。

注文の種類・・・買い/売り/買い指値/売り指値/買い逆指値/売り逆指値/OCO逆指値/OCO指値
(ここでテンプレートの選択もできます)

ロット・・・ロット/想定損失額/対有効証拠金(%)/対残高(%)

決済逆指値(S/L)・・・なし/Pips/固定価格/想定損失額/有効証拠金%/残高%

決済指値(T/P)・・・なし/Pips/固定価格/想定損失額/有効証拠金%/残高%

トレイリング・ストップ・・・なし/Pips

コメント・・・コメント/マジックナンバー

3.テンプレートの呼び出しは、Ctrlを押しながら画像の部分を押します。

4.テンプレートを選ぶだけです。画像ではデフォルト1というテンプレートを作ってあります。

保存されたテンプレートの管理からテンプレートの削除ができます。

損切り(S/L)の値幅(Pips)と想定損失金額から取引ロット数などの計算ができます

1. 電卓のアイコンをクリックします。

2. 取引ロット数の計算というダイアログが出てくるので、入力します。

取引ロット数の計算として表示されるので、「ロットを設定」をクリックすることで完了です。

その他、S/L(損切り)、T/P(利益確定)、T/S(トレイリング・ストップ)の設定も簡単に設定ができます。

注文マーカーのつまみをドラッグして利益確定(T/P)・損切り(S/L)や指値・逆指値のレートを変更できる

マーカー部分をマウスオーバーするとポジションの情報が分かります。

全注文の削除、全決済を簡単にできる

1. グレーの部分をクリックします。

2. 持っているポジションに対して、いろいろなことができます。

全ポジション決済&全注文削除
全てのポジションの決済
全ての注文の削除
全ての含み益ポジションを決済
全ての含み損ポジションを決済
ドテン注文(ポジションの反転)
ヘッジ注文

その他、OCOブレイクアウト注文やOCOリバース注文が発注可能です。

FXトレード・フィナンシャル公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です