70ティックチャート対応のFX業者は?ProRealTime対応業者、MT4対応業者を紹介

70ティックチャート対応のFX業者は?ProRealTime対応業者、MT4対応業者を紹介

当ページでは、ボブ・ボルマン氏の人気書籍『FXスキャルピング(パンローリング社)』に登場する70ティックチャートを利用できる国内のFX業者、対応チャートツールを紹介しています。先にお伝えしておくと、FXスキャルピングの書籍に登場する「ProRealTimeチャート(プロリアルタイムチャート)」を利用できる国内FX業者はIG証券です。IG証券ではProRealTimeチャートを初月無料で提供しており、それ以降は月4回の取引をすれば無料で使い続けることができます。

また、ProRealTimeチャートではありませんが、OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)ではMT4上で70ティックチャートを利用できます。「TickChart」というインジケーターを無料提供しており、このインジを使えば70ティックチャートを表示することが可能。IG証券とOANDAの他にも、チャート足のカスタマイズ機能を利用すれば簡単に70ティックチャートを使えるFX業者、取引ツールがいくつか存在します。

70ティックチャートを利用できるFX業者は下記の一覧表にまとめていますが、まず先にボブ・ボルマン著『FXスキャルピング』で紹介されている70ティックチャートとはどんなものか、簡単にご説明します。

70ティックチャートとは?

ティック(tick)は株式や為替における値動きの最小値です。時系列チャートでは1分や1時間ごとの値動きをローソク足などで表示しますが、ティックチャートは時間に関係なく、値動きがあるたびにチャートが描画されていくもの。最小値ごとに描かれる普通のティックチャートは、折れ線のグラフで描かれるものがほとんどです。70ティックチャートは、最小の値動きが70回あるたびに1本のローソク足が形成されていくものになります。

70ティックチャートを表示する方法は?

『FXスキャルピング』で紹介されているProRealTimeチャートには、ティック数を指定してティックチャートをカスタマイズする機能が搭載されています。ここではその機能を「カスタム足機能」と呼ぶことにします。ProRealTimeチャートには「(x)ティック」というかたちでカスタム足機能が搭載されています。

70ティックチャートを表示する方法は?

ですので、70ティックチャートを作ることもできますし、ボブ・ボルマン氏の別の著作である『FX 5分足スキャルピング』に登場する200ティックチャートなども自由に設定することができます。ちなみにティックだけではなく、秒足や分足、時間足、日足などの単位でも数値をカスタマイズすることができます。3分足や5分足といった時間足チャートも利用可能。

OANDAのMT4インジケーター「TickChart」にもティック数のカスタマイズ機能が搭載されており、これで70ティックチャートを表示させることができます。

70ティックチャートはスマホで使える?

『FXスキャルピング』で紹介されている70ティックチャートは、ProRealTimeやOANDAのMT4で利用できますが、残念ながらスマホ環境でも70ティックを利用できるFX業者は今のところありません。今後もしかするとカスタム足機能を搭載したスマホアプリが登場するかもしれませんので、各社のアップデートに期待しましょう。対応スマホアプリが登場した場合は、当ページでもお伝えします。

70ティックチャートが使えるFX業者・ツールの特徴

FX会社 FX会社・取引ツールの特徴 公式サイト
[IG証券]IG証券 ・『FXスキャルピング』に登場する「ProRealTime」に対応(WindowsでもMacでも利用可能)
・ProRealTimeは初月無料、月4回取引で翌月以降も無料(通常は月額4,000円)
・最狭水準スプレッド、発注上限なしの取引環境
[IG証券>詳細]
[OANDA Japan]OANDA Japan 「MT4」で70ティックチャートを利用可能(インジケーターを使用)
・MT4も70ティックチャートも利用料は完全無料
・他にも50種類以上のMT4インジケーターを提供
[OANDA Japan>詳細]
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ ・「HyperSpeed NEXT」でチャート足のカスタマイズが可能
・HyperSpeed NEXTの利用料は完全無料
・マネーパートナーズは10年連続で約定力No.1の実力(矢野経済研究所調査)
[マネーパートナーズ>詳細]
[インヴァスト証券]インヴァスト証券 ・FX24の「リッチクライアント版ツール」で70ティック対応
・リッチクライアント版ツールの利用料は完全無料
・インヴァスト証券はシストレやETFなどのサービスも提供
[インヴァスト証券>詳細]

70ティックチャート対応FX業者・ツールの特徴は?

【IG証券】ProRealTimeを使うならIG証券

【IG証券】ProRealTimeを使うならIG証券

前述したようにボブ・ボルマン氏の『FXスキャルピング』で使用されている「ProRealTimeチャート(プロリアルタイムチャート)」は、国内FX業者ではIG証券にて提供されています。ProRealTimeチャートはIG証券の基本プラットフォームよりも多機能な上級者向けツール。豊富なテクニカル指標を搭載しているのはもちろん、トレンドラインの自動描画機能が備わっていたり、インジケーターのカスタマイズができたり、さらに自動売買システムも使えたりします。

ProRealTimeチャートではティックや秒、時間などの単位ごとに数値をカスタマイズすることが可能。「(x)ティック」や「(x)分」というかたちでカスタム足機能が搭載されており、ユーザーは自由に数値を指定して好きなチャートを表示させることができます。「(x)ティック」を利用して70ティックチャートも簡単に表示可能。『FXスキャルピング』で紹介されているProRealTimeチャートを利用したいという方はIG証券を要チェック。

また、ProRealTimeはWindowsだけではなくMacにも対応している点に注目です。当ページでは4社のツールを紹介していますが、Macに公式対応しているのはProRealTimeだけ。

ProRealTimeで70ティックチャートを表示させた画面

ProRealTimeで70ティックチャートを表示させた画面

ProRealTimeチャートの利用方法は?

IG証券でProRealTimeチャート(プロリアルタイムチャート)を利用するには、まずツールを有効にする必要があります。IG証券のマイページ(My IG)にログインし、「各種設定」から「ProRealTime」を選択してください。「ProRealTimeチャートを有効にする」ボタンがありますので、それをクリック。ProRealTimeチャートは初月無料で、翌月以降も月4回の取引を行えば無料で使えます(月4回の取引がなければ月額4,000円の手数料が発生しますのでご注意を)ちなみに、ProRealTimeチャートはデモ口座でも使えます。

ProRealTimeチャートの使用方法

ProRealTimeチャートを有効にした後、「ダッシュボード」からProRealTimeの起動を行います。各口座の「取引画面を開く」ボタンの横にある「∨」をクリックして、「ProRealTimeの起動」を選択します。

ProRealTimeチャートの使用方法

初めて利用する場合はプログラムのインストールが必要になります。インストール画面は英語表記となっていて、ちょっと分かりにくい部分があるかもしれません。初期設定について詳しくは、IG証券の公式サイトにインストール方法の解説がありますので、そちらをご参照ください。

IG証券 公式サイト

【OANDA Japan】MT4で70ティックを使うならOANDA

【OANDA Japan】MT4で70ティックを使うならOANDA

MT4(メタトレーダー4)で70ティックチャートを使いたいという方にはOANDA Japan(オアンダ・ジャパン)がオススメ。OANDAはMT4を取引ツールに採用しており、なんと50種類以上ものオリジナルインジケーターを提供。その中にMT4でティックチャートを使える「TickChart」が含まれています。

このTickChartを利用すれば、MT4にデフォルトでは搭載されていないティックチャートを表示させることができ、指定したティック数ごとにローソク足を形成させる設定も可能。パラメーター設定画面にてティック数を指定することができ、70ティックチャートや200ティックチャートを表示させることができます。指数平滑移動平均線も併せて表示させることが可能。

OANDAのMT4で「TickChart」を表示させた画面

OANDAのMT4で「TickChart」を表示させた画面

「TickChart」パラメーター設定画面

OANDAのMT4で「TickChart」を表示させた画面

「OANDA Tick Chart Trader」の「Tick Candles」もオススメ

OANDAには「OANDA Tick Chart Trader」というオリジナルMT4インジケーターも提供されており、このインジケーターを利用すればティックチャートのさまざまな機能を利用できます。シンプルなティックチャート表示やティックの平均更新時間をバーで表示する機能など。その中に「Tick Candles」という機能があり、これを利用すれば一定のティック数でローソク足を形成するチャートを表示することが可能です。OANDAには複数の取引コースがあるのですが、「OANDA Tick Chart Trader」は東京サーバーコースでのみ提供されているインジケーター。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

「OANDA Tick Chart Trader」の「Tick Candles」機能

OANDA Japan 公式サイト

【マネーパートナーズ】カスタム足機能を標準搭載、完全無料

【マネーパートナーズ】カスタム足機能を標準搭載、完全無料

マネーパートナーズの高機能ツール「HyperSpeed NEXT」でも、プロリアルタイムチャートのようなティック足のカスタマイズ機能が搭載されています。分足や時間足でも数値をカスタマイズしてチャート表示が可能。70ティックチャートも自由にお使いいただけます。ただし、プロリアルタイムほど自由度があるわけではなく、ティック数は1〜100の間で選択することになります。

HyperSpeed NEXTは70ティックチャートを利用できるだけでなく、豊富なテクニカル指標の搭載や、売買シグナル機能も利用可能。売買シグナルは自分でストラテジを作ることができ、ツール内でバックテストもできます。

HyperSpeed NEXTはインストール型ツールで、マネーパートナーズで口座を開設していれば完全無料で利用可能。プロリアルタイムチャートの月4回取引で無料というような条件はありません。70ティックチャートを使える他のツールと比べて使用のハードルは低めですね。

HyperSpeed NEXTで70ティックチャートを表示させた画面

見出し

マネーパートナーズ 公式サイト

【インヴァスト証券】完全無料で70ティックチャートを使用可能

【インヴァスト証券】完全無料で70ティックチャートを使用可能

インヴァスト証券にはトライオートFXやシストレ24など複数のサービスがありますが、FXサービスの一つであるFX24で提供されている、リッチクライアント版ツールにて70ティックチャートが使えます。ティックや分、時間や日足など6種類の単位を選択して、数値はユーザーが設定可能。マネーパートナーズのHyperSpeed NEXTと同じくティック数は1〜100の間で設定できます。

インヴァスト証券FX24のリッチクライアント版ツールは、口座開設者であれば完全無料でお使いいただけます。70ティックチャートを設定できるカスタム足機能だけではなく、50種類以上のテクニカル指標を搭載しており、マニアックな分析機能も備わっています。

リッチクライアント版ツールで70ティックチャートを表示させた画面

見出し

インヴァスト証券 公式サイト

ボブ・ボルマン著『FXスキャルピング』で紹介されている、70ティックチャートを利用できるFX業者とチャートツールを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。書籍で紹介されているプロリアルタイムチャートを使うならIG証券、MT4で使うのであればOANDA Japanがオススメ。マネーパートナーズとインヴァスト証券の高機能ツールも、他にはない独特な機能を備えていますので要チェックですね。

ちなみに、ここで紹介した4社はスキャルピングを公認しているわけではありませんので、もし、スキャルピングOKと公認しているFX会社をお探しの方はスキャルピング公認のFX業者特集ページもチェックしてみてくださいね。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です