通貨ごとの強弱が分かるインジケーターを詳しく解説

FXTFのMT4では独自のインジケーターを無料で使うことができます。

今回は通貨ごとの強弱が分かるインジケーター「FXTF – Symbol Kyojaku」を徹底解説します。

通貨の強弱を表示する「FXTF – Symbol Kyojaku」

なぜこのインジがすごいのか。

FXはご存知の通り通貨〝ペア”となっています。ドル円の場合、ドルと円、対象2つを同時に把握する必要があります。

例えば、このドル円のチャートを見てください。

通貨ペアではよくわからない

上昇から若干下がってきています。これはドルよりも円が強い(ドル < 円)から下がってきていますが、ドルが最も弱くて、円が最も強いとは言えません。ドル円はあくまでもドルと円だけの強さ関係を表しています。

さらにユーロドルやポンドドル、その他多数の通貨ペアを見ていくのは至難の業と言えそうです。

個々の通貨の強弱を知る

そこで

ユーロ/ドル、ポンド/ドルドル/円、豪ドル/ドルドル/カナダドル、ドル/フラン、・・・

と呼ばれる「ドルストレート」を独自の計算で合わせた値と、

ドル/、ユーロ/、ポンド/、豪ドル/、カナダドル/、フラン/・・・

と呼ばれる「クロス円」だけを計算で合わせた値を比較した結果を出すのがこのインジケーターです。他の通貨についても同じ計算式を使って結果を出し、表示しています。

ドルと円の比較が容易にできる

パラメーター設定の解説

現在表示させているチャートの通貨ペアだけの強弱を知りたいときは、「ShowOnlyPairChart」をtrueにします。そうすると対照の通貨のみ表示されます。

強弱インジケーターの設定

全てを表示させるのもよし、特定の通貨を限定するもよし。トレーダーそれぞれの思惑に合わせて表示することが可能です。チャートの背景色によっては色も変えた方が見やすいと思います。

さらに「レベル表示」で0を追加すると強弱が見やすくなります。

レベル設定を0

具体的な戦略例

複数の通貨から選ぶ場合

まずは全部の通貨がどうなっているのか見定めます。

多通貨ペアを同時に判断

そうするとドルがいちばん強く、円がいちばん弱いということが分かりました。

そこでドル円を見ます。

ドル円は上昇中

ドル円がきれいに上昇しているのでドル買いでトレードをしようということになります。最強と最弱のペアを見るとこのようにはっきりとしたトレンドが出ていることがよくあります。

今回はたまたまドル円でしたが、選んだ通貨がFX業者で扱っていないような組み合わせになったらトレードはできません。自分が得意とする通貨ペアになるまで待つのも戦略の一つでしょう。

特定の通貨ペアだけを見る場合

ユーロドルの日足です。ユーロとドルの2つの指標だけを表示させています。

行き過ぎに注意

上図で赤く囲った箇所はドル(緑ライン)がユーロ(青ライン)よりも上に来ていることで、ドルがユーロより強いと言えます。しかもドルは0以上、ユーロは0以下となっています。この赤枠でははっきりと下落していると見て、売りだけで勝負したいです。

ただしドルの緑ラインを見てください。0.025以上になるとドルが買われすぎと見られるからか、ドルの売りに向かっています。このようにいくらドルが強いといっても行き過ぎには注意が必要です。ドルの買われ過ぎなので一度ポジションを閉じてから戻り売りを狙おうという考え方もありだと思います。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です