ビットコイン取引所のセキュリティ体制&補償(不正ログインや盗難時など)サービス比較

ビットコイン取引所のセキュリティ体制

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、売買したり利用する機会が国内でも着実に増加。2017年4月の改正法により仮想通貨が「財産的価値」として定義され、2017年は仮想通貨元年と称されました。2018年にはDMMグループやSBIホールディングスも本格的に仮想通貨交換業界に参入。2019年以降もさらなる発展が期待されます。

ですが、仮想通貨の不正流出といったネガティブなニュースも話題になっており、不安感を持たれている方もいらっしゃると思います。また、ビットコインなど仮想通貨に関して名前は知っているけれど、具体的にどんなものかは掴みきれていない…。という方は多いのではないでしょうか。ビットコイン、仮想通貨に関する解説に関しては、ぜひ下記のページをご参考ください。

仮想通貨交換業者のセキュリティ・補償はどうなってる?

ビットコインなど仮想通貨の取引をする際には、大切な資産を預け入れる必要がありますので、売買できる業者のセキュリティ、資産の管理、安全面はどうしても気になります。
さらには、もしも不正で被害を被った場合は補償があるのか? 盗難の被害に遭ったときどうなのか? そういった点も非常に気になります。

そこでこのページでは、ビットコイン取引所のセキュリティ面と、不正ログイン・不正出金があった場合の補償に注目して、各社の対応をまとめて紹介しています。

仮想通貨交換業者のセキュリティ・補償を比較

仮想通貨交換業者 コールドウォレット マルチ・シグネチャ 補足 公式サイト
[GMOコイン]GMOコイン 三井住友海上火災保険株式会社と連携 [GMOコイン>詳細]
[ビットトレード]ビットトレード 公式にてセキュリティ体制を公表
サポート体制の充実
[ビットトレード>詳細]
[DMMビットコイン]DMMビットコイン 土日含む24時間サポート体制 [DMM Bitcoin>詳細]
[ビットバンク]ビットバンク 公式にてセキュリティ体制を公表 [ビットバンク>詳細]
[みんなのビットコイン]みんなのビットコイン 1日1回すべてのアカウントを自動的に検証 [みんなのビットコイン>詳細]
[Zaif]ザイフ 欧米型の数理モデルによる不正検知の導入、国内の金融事情に特化した不正対策など [ザイフ>詳細]
[bitFlyer]ビットフライヤー 「メールアドレス・パスワード等の盗取による不正出金被害の補償」
三井住友海上火災保険株式会社と保険契約の締結
[ビットフライヤー>詳細]

金融庁での仮想通貨交換業者の登録が完了している業者

2018年9月3日現在、仮想通貨交換業者として金融庁での登録が完了している国内の業者は16社。当サイトに掲載している中では以下の業者が該当します。

  • マネーパートナーズ(サービス開始前)
  • コインエクスチェンジ
  • ビットフライヤー
  • ビットバンク
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • GMOコイン
  • ビットトレード
  • BTCボックス
  • ビットポイント
  • DMM Bitcoin
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • Zaif(テックビューロ株式会社)

ポイント
コールドウォレット(コールドストレージ)とは?

「コールドウォレット(あるいはコールドストレージ)」は、非常にセキュリティレベルの高いビットコインの保管方法です。コールドウォレットは、インターネットから物理的に隔離されたオフラインの状態にあります。coincheckでは資産の97%をこの方法で保管しているなど、ほとんどの取引所がコールドウォレットを採用しています。

マルチ・シグネチャ(マルチシグ)とは?

「マルチ・シグネチャ(略称はマルチシグ)」は、ビットコインの出金に複数の署名が必要となるもの。単独の管理者では仮想通貨の出金ができませんので、内部犯行による不正の防止対策ができます。これも多くの取引所で採用されている方式。

ビットコイン取引所 各社セキュリティ・補償の特長

GMOコイン

24時間365日の監視体制、三井住友海上火災保険株式会社との連携

GMOコイン

GMOインターネットグループより展開されているGMOコイン。グループに親しみのある方も多くいらっしゃると思いますし、確かな実績には信頼感もあります。
GMOコインはセキュリティ面に注力しており、ハッキング対策としてコールドストレージ、内部不正対策としてマルチシグネチャによる防止体制を設けています。本人確認の徹底もしており、24時間365日の監視体制、定期的な脆弱性診断も実施。さらに、三井住友海上火災保険株式会社との連携も行っています。

GMOコイン 公式サイト

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

コールドストレージや資産分別管理など多角的なセキュリティ体制

DMMビットコイン

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)は認知度も実績もあるDMMグループによる仮想通貨交換業者。コールドストレージ、2段階認証、お客様の資産の分別管理、SSL暗号化通信と複数の面でセキュリティ体制を整えています。
また問い合わせフォームがあるのはもちろん、LINEでのメッセージのやりとりによるサポートも行っています。24時間365日サポート対応してくれるので、困ったときに質問できる安心感もメリットです。

DMMビットコイン 公式サイト

みんなのBitCoin(みんなのビットコイン)

1日1回の検証を実施し、悪質な残高の操作などの不正を防止

みんなのBitCoinのセキュリティー

みんなのBitCoinは2017年3月30日にサービスを開始。口座開設の手続きは簡単ですし、公式サイトもシンプル、取引ツールもサクサク動いてくれて、わかりやすくて親しみやすいサービスを展開しています。
みんなのBitCoinではコールドストレージでウォレットを管理。さらに、1日の取引の処理前に全アカウントの自動的な検証を実施。残高の不正な操作による齟齬の発生などを、素早く検知し、対応する体制ができています。毎日チェックしてくれていると安心感が湧いてきますね。

みんなのビットコイン 公式サイト

Zaif(ザイフ)

仮想通貨のオフライン管理、マルチシグ採用など保全に尽力

ザイフ

Zaif(ザイフ)も人気の国内の取引所で、例えばビットコインの現物取引では手数料が-0.01%に設定されているので、取引すればボーナスがもらえるという嬉しい会社(対象は現物取引のみ)。
Zaif(ザイフ)でもコールドストレージとマルチシグを採用。さらに、バックアップデータの管理やシステムインフラの強化を実施。シリコンバレーにて金融サービス開発をしていた人材を採用するなどして、利用者の資産の保全に対して「最大限の努力」を行っています。

Zaif 公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

コールドストレージ&最大500万円までの不正出金被害の補償を用意

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引所として国内で非常に大きなシェアを誇る業者です。ビットコインFXもあり、イーサリアムの取扱いもスタート。
コールドストレージ、マルチシグネチャを両方採用。さらに、2017年6月からは不正出金被害の補償サービスを開始。補償対象になる条件として「アカウントクラスがトレードクラス、かつ、ログイン時および日本円出金時に二段階認証を実施」が設定されています。また、預かり資産が円換算して合計100万円を超えていれば、補償上限が500万円となります(それ以外の場合は10万円まで)。安心感で取引所を選ぶのであれば、bitFlyerはぜひとも候補に入れていただきたいです。

bitFlyer 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です