ビットコイン取引所の日本円入出金・クイック入金の方法/振込手数料を比較!

ここでは国内の仮想通貨交換業者における、日本円の入出金方法・対応している金融機関の一覧比較を行っています。銀行振込への対応はどの業者でも当たり前となっていますが、素早く入金を行える即時入金クイック入金に対応している会社はすべてではありません。

また、通常の銀行振込でも業者によって提携している金融機関が異なってきます。普段から利用している金融機関と同じであれば、例えば住信SBIネット銀行のように振込手数料が無料になることも…。
仮想通貨交換業者のサービスをより快適に使うためにも、各社の入出金方法と提携金融機関はぜひチェックしてみてください。

GMOコインは日本円の即時入金サービス・出金が手数料無料

GMOコイン

GMOコインは銀行振込に加えて即時入金サービスにも対応。住信SBIネット銀行、楽天銀行、ペイジーから即時入金が行えて、しかも手数料無料。受付時間はもちろん原則24時間365日で日本円入金はすぐさま反映されます。また、日本円出金も手数料無料であることにも注目。
サービスの快適性やスマホアプリなどツールの利便性の高いです。コスト面を気にされる方はGMOコインをぜひチェックしてみてください。

GMOコインの日本円入金

ポイント

GMOコインは11月中旬よりGMOあおぞらネット銀行との連携もスタート。GMOあおぞらネット銀行はネット銀行ならではの利便性はもちろん、出金と振込手数料がお得な点や高金利が魅力であり、GMOインターネットグループの各種サービスとの連携もメリットとなっています。GMOコインで取引されるのであれば、GMOあおぞらネット銀行の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

GMOコイン 公式サイト

日本円の入出金方法・対応金融機関一覧比較

即時入金(クイック入金)・銀行振込の対応一覧

仮想通貨交換業者 即時入金/クイック入金 銀行振込 公式サイト
[GMOコイン]GMOコイン 住信SBIネット銀行
楽天銀行
ジャパンネット銀行
ペイジー
GMOあおぞらネット銀行(11月中旬〜)
楽天銀行 [GMOコイン>詳細]
[ビットポイント]ビットポイント 住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
イオン銀行
ジャパンネット銀行 [ビットポイント>詳細]
[ビットバンク]ビットバンク × 住信SBIネット銀行 [ビットバンク>詳細]
[ビットトレード]ビットトレード × ジャパンネット銀行 [ビットトレード>詳細]
[DMMビットコイン]DMMビットコイン 1,000件以上 りそな銀行 [DMM Bitcoin>詳細]
[リキッド]Liquid ゆうちょダイレクト
ジャパンネット銀行
楽天銀行
じぶん銀行
ペイジー
住信SBIネット銀行 [リキッド>詳細]
[SBIバーチャル・カレンシーズ]VCTRADE 住信SBIネット銀行 × [SBIバーチャル・カレンシーズ>詳細]
[フィスコ仮想通貨取引所]フィスコ仮想通貨取引所 × 住信SBIネット銀行 [フィスコ仮想通貨取引所>詳細]
[みんなのビットコイン]みんなのビットコイン × 住信SBIネット銀行
静岡銀行
東京スター銀行
ゆうちょ銀行
[みんなのビットコイン>詳細]
[Zaif]ザイフ ペイジー 住信SBIネット銀行 [ザイフ>詳細]
[bitFlyer]bitFlyer 住信SBIネット銀行
じぶん銀行
ペイジー
住信SBIネット銀行
三井住友銀行
[ビットフライヤー>詳細]
[coincheck]コインチェック ペイジー 住信SBIネット銀行
りそな銀行
[コインチェック>詳細]

日本円入金/出金 手数料一覧

各社サービスの入出金に必要な手数料も比較しています。ここでも特にクイック入金の手数料にご注目ください。GMOコインのクイック入金は手数料無料なのですが、これが現時点では当たり前ではないので、この部分のコストを削りたい方は同社のサービスをチェックしてみてください。出金手数料にも要注目。

取引所 日本円入金 日本円出金 公式サイト
クイック入金 銀行振込 コンビニ入金
[GMOコイン] 無料 お客様負担 無料 [GMOコイン>詳細]
[ビットポイント] 無料 お客様負担 324円 [ビットポイント>詳細]
[ビットバンク] お客様負担 540〜
756円
[ビットバンク>詳細]
[ビットトレード] お客様負担 648円 [ビットトレード>詳細]
[DMMビットコイン] 無料 お客様負担 無料 [DMM Bitcoin>詳細]
[コインエクスチェンジ] 無料
(※1)
お客様負担 500円
+銀行手数料
[コインエクスチェンジ>詳細]
[SBIバーチャル・カレンシーズ] 無料 51〜
258円
[SBIバーチャル・カレンシーズ>詳細]
[フィスコ仮想通貨取引所] お客様負担 350〜
756円
[フィスコ仮想通貨取引所>詳細]
[みんなのビットコイン] お客様負担 500円 [みんなのビットコイン>詳細]
[Zaif] 486〜
594円
お客様負担 486〜
594円
350〜
756円
[ザイフ>詳細]
[bitFlyer] 324円
(※2)
お客様負担 324円 216〜
432円
[ビットフライヤー>詳細]
[coincheck] 756円〜 お客様負担 756〜
1000円
400円 [コインチェック>詳細]

※1:Liquidへのクイック入金手数料の支払いの必要はありませんが、金融機関によって手数料が発生する場合があります
※2:bitFlyerのクイック入金は住信SBIネット銀行であれば手数料無料となります

ポイント

売買手数料・仮想通貨の預入&送付手数料の比較ページも用意!

売買手数料や仮想通貨の送金手数料も含めて、各社の手数料のさらに詳しい情報は、別ページで特集を組んでいますので、そちらもお立ち寄りください。

日本円を無料で入金できるネット銀行は?

「住信SBIネット銀行」なら同銀行口座への振込手数料が無料!

住信SBIネット銀行の即時決済サービス

住信SBIネット銀行を利用すれば、原則24時間365日いつでも仮想通貨取引所の口座へ日本円を入金可能。さらに、住信SBIネット銀行では即時決済サービスを提供しており、対応している業者であれば、簡単かつ速やかに入金ができて、取引もすぐに始められます。

即時決済サービスの利用手数料は無料。そして、同銀行口座あての振込手数料も無料ですので、例えばビットフライヤーやコインチェックは住信SBIネット銀行と提携しているので、手数料0円で日本円を入金できます。

即時決済サービスによる入金は、GMOコイン、ビットフライヤー、VCTRADE(SBIバーチャル・カレンシーズ)にて利用可能。特にGMOコインとVCTRADEでは無料でクイック入金をしていただけます(※VCTRADEはサービス開始前)。

ビットコインなど仮想通貨取引サービスとの相性はかなりいいですので、住信SBIネット銀行のサービスをぜひご検討ください。

住信SBIネット銀行 公式サイト

「ジャパンネット銀行」ビットポイントなら無料で即時入金!

ジャパンネット銀行の即時決済サービス

ジャパンネット銀行からインターネットバンキングへ振込する場合、同銀行の口座宛だと54円、他の金融機関宛だと172〜270円の振込手数料が発生します(消費税含む、2015年8月17日現在)。
ただし、BITPoint(ビットポイント)GMOコインの即時入金サービスであれば、手数料無料で日本円入金が可能。かつ24時間365日、リアルタイムに入金を反映させられます。

→詳しくはビットポイント公式サイトへBITPoint(ビットポイント)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)とBitTrade(ビットトレード)では、ジャパンネット銀行を入金口座として用意しています。ジャパンネット銀行については公式サイトで詳細もご確認ください。

ジャパンネット銀行 公式サイト