ビットコイン取引所一覧比較

仮想通貨・ビットコイン取引所一覧比較

国内の仮想通貨交換業者サービスを徹底比較

ビットコインをはじめとする仮想通貨、あるいはブロックチェーン技術は近年目覚ましい進展を見せています。
2016年の改正資金決済法の可決、2017年は仮想通貨元年と言われ、2018年以降も仮想通貨やマイニング事業など注目が集まっています。日本国内でもビットコイン決済が使える店舗やネットショッピングが増加中。

仮想通貨の現物取引やレバレッジ取引(FX取引)も取り扱い業者が増えてきました。国内大手企業の参入も話題です。

ここでは、国内でサービスを展開している仮想通貨交換業者を比較しています。取り扱っている仮想通貨の種類や手数料、レバレッジ対応・倍率などをまとめて掲載。仮想通貨交換業者によって特色がありますのでじっくり比較してみてください。

国内の仮想通貨交換業者サービス 一覧比較

仮想通貨交換業者 取扱仮想通貨 売買手数料 レバレッジ取引 特長・独自性 公式サイト
[GMOコイン]GMOコイン 5
種類
無料 5〜
10倍
即時入金無料
日本円出金無料
高機能アプリ
[GMOコイン>詳細]
[ビットポイント]ビットポイント 5
種類
無料 2〜
25倍
即時入金無料
MT4採用
[ビットポイント>詳細]
[DMM Bitcoin]DMMビットコイン 7
種類
無料 5倍 クイック入金無料
円出金無料
全7通貨レバレッジ対応
[DMM Bitcoin>詳細]
[ビットバンク]ビットバンク 6
種類
無料 Trading View採用
貸仮想通貨サービス
[ビットバンク>詳細]
[ビットトレード]ビットトレード 6
種類
0.2〜
0.7%
Trading View採用
高機能アプリ
[ビットトレード>詳細]
[リキッドバイコイン]Liquid 5
種類
0〜
0.25%
2〜
25倍
45通貨ペア
高機能ツール
[リキッドバイコイン>詳細]
[sbivc]VCTRADE 3
種類
無料 即時入金無料 [sbivc>詳細]
[フィスコ仮想通貨取引所]フィスコ仮想通貨取引所 3
種類
0.1〜
0.3%
FICC等トークン取扱 [フィスコ仮想通貨取引所>詳細]
[みんなのビットコイン]みんなのビットコイン 3
種類
無料〜
0.25%
2〜
25倍
低水準手数料 [みんなのビットコイン>詳細]
[ビットバンクトレード]ビットバンクトレード 1
種類
0〜
0.01%
10〜
20倍
BTC先物取引
最短2分で口座開設
[ビットバンクトレード>詳細]
[BTCBOX]BTCBOX 4
種類
0.05〜
0.1%
2年以上サーバーダウンゼロ [BTCBOX>詳細]
[Zaif]ザイフ 5
種類
0〜
0.3%
1〜
7.77倍
※新規登録停止中 [ザイフ>詳細]
[bitFlyer]ビットフライヤー 7
種類
無料(※1) 1〜
15倍
※新規登録停止中 [ビットフライヤー>詳細]
[coincheck]コインチェック 9
種類
無料 最大
5倍
※新規登録停止中 [コインチェック>詳細]

※1:bitFlyerではビットコイン販売所、アルトコイン販売所、Lightning FX/Futuresの売買手数料が無料。その他の簡単取引所などは手数料が発生します。

アルトコイン仮想通貨 取り扱い一覧

取引所 イーサリアム
ETH
イーサクラシック
ETC
リップル
XRP
ライトコイン
LTC
ネム
XEM
モナコイン
MONA
リスク
LISK
ビットコインキャッシュ
BCH
[GMOコイン]
[ビットポイント]
[DMM Bitcoin]
[ビットバンク]
[ビットトレード]
[コインエクスチェンジ]
[sbivc]
[フィスコ仮想通貨取引所]
[みんなのビットコイン]
[ビットバンクトレード]
[BTCBOX]
[Zaif]
[bitFlyer]
[coincheck]

アルトコイン対応業者 一覧比較ページ

リップル対応の仮想通貨取引所
リップル特集
FX業者の売りスワップポイント比較/早見表
ライトコイン特集
トルコリラ/円スワップポイント比較
モナコイン特集

仮想通貨交換業者の特長とメリット

GMOコイン

5種類の仮想通貨を取り扱い&FX取引にもすべて対応

GMOコイン

GMOインターネットグループが2017年5月末より、遂に仮想通貨取引サービス「GMOコイン」を開始! 東証一部上場グループの安心感もあり、GMOクリック証券(6年連続FX取引高世界第1位/ファイナンス・マグネイト社調べ)などの実績で培われた高い技術力が、ビットコイン取引にも活かされることに期待大。

ビットコインをはじめ、イーサリアムやライトコインの取扱いもスタートしており、注目を集めているリップルの追加も予定されています。
GMOコインは他社の仮想通貨取引に比べて低コストなのも魅力。売買手数料、日本円の即時入金・出金がいずれも無料です。

仮想通貨FX専用のスマホアプリ「ビットレ君」もおすすめ。シンプルな構造で初心者にも扱いやすいく、ワンタップでの注文やチャート分析など、サクサク動く操作性が快適!
GMOコインのサービス開始により、国内のビットコイン市場が一層盛り上がることになるでしょう。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ
対応サービス 販売所、仮想通貨FX、取引所(現物・レバレッジ)
売買手数料 無料
入出金手数料
(日本円)
即時入金:無料
銀行振込:お客様負担
出金:無料
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料(マイナー手数料はユーザー負担)
出金:無料

GMOコイン 公式サイト

BITpoint(ビットポイント)

ビットポイントFX、MT4の採用、外貨両替などのサービスを展開

ビットポイント

BITpoint(ビットポイント)では、現物取引(仮想通貨交換)、レバレッジ取引、ビットポイントFXの3種類のサービスを展開。レバレッジコースは2倍から最大25倍までと幅広いのが特長。ビットポイントFXは使える注文方法が多いのも魅力。成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCO、トレイリングストップが利用可能です。
口座開設するとお得な開設キャンペーンがあり、大口取引やお友達紹介キャンペーンなどを開催しているポイントにも注目です。

MT4が使える唯一の仮想通貨取引サービス!

メタトレーダー4

さらに特長的なのが、ビットポイントFXで採用されている取引ツールがMT4(メタトレーダー4)だということ。MT4は、FXでも馴染みが深く、世界中のトレーダーに愛用されている高性能分析プラットフォーム。EAを使用しての自動売買も使えます。ピンときた方はBITpointを要チェック。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ(※)
対応サービス 現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFX
売買手数料 無料
入出金手数料
(日本円)
即時入金:無料
銀行振込:お客様負担
出金:324円
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料
出金:無料

※レバレッジ取引とビットポイントFXでの対応仮想通貨はビットコインのみです。

ビットポイント 公式サイト

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

7種類の仮想通貨すべてがレバレッジ取引に対応

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

2018年に入りDMMビットコイン(DMM Bitcoin)サービスが開始。ビットコインをはじめとしてイーサリアムやリップル、イーサリアムクラシックなど7種類の仮想通貨を取り扱っており、通貨ペア数は14種類と豊富です。すべての通貨ペアが5倍のレバレッジ取引に対応(現物取引は3通貨ペアのみ)。
オリジナリティのあるPC取引ツール、スマホアプリを配信しているのも特長。分析機能が突出して多いというわけではありませんが、スムーズな操作ができて初心者の方にも扱いやすい仕様となっています。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ネム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ(※)
対応サービス 現物取引、レバレッジ取引
売買手数料 無料
入出金手数料
(日本円)
クイック入金:無料
銀行振込:お客様負担
出金:無料
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料(マイナー手数料はユーザー負担)
出金:無料

※現物取引での対応仮想通貨はビットコインとイーサリアムのみです。

DMMビットコイン 公式サイト

bitbank(ビットバンク)

6種類の仮想通貨を手数料無料で取引可能

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコインやリップル、ビットコインキャッシュなど6種類の仮想通貨を取り扱っています。すべての通貨ペアにて取引手数料が無料となっているのが魅力。取引ツールには人気のTradingViewを採用しており、100種類以上の分析機能を無料で使っていただけます。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナーコイン、ビットコインキャッシュ
対応サービス 現物取引
売買手数料 無料
入出金手数料
(日本円)
銀行振込:お客様負担
出金:540円〜756円
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料
出金:0.001BTC他

ビットバンク 公式サイト

ビットトレード(BitTrade)

100種類を超えるテクニカル分析を備えた取引ツールを提供

ビットトレード

ビットトレード社は、国内でFXサービスを展開するFXトレード・フィナンシャル(FXTF)の関連会社。FXTFが培ってきたノウハウが活かされます。
特に注目なのが、チャートツールとして無料提供される「TradingView」。テクニカル指標、描画機能など豊富な分析ツールを標準搭載。国内のビットコイン取引業者を選ぶとき、ツールの機能性を重視されるのであれば、ビットトレードは要チェックです。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナーコイン、ビットコインキャッシュ
対応サービス 現物取引
売買手数料 0.2〜0.7%
入出金手数料
(日本円)
銀行振込:お客様負担
出金:648円
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料
出金:0.001BTC他

ビットトレード 公式サイト

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

2018年9月に「Liquid」へサービス大幅リニューアル

リキッドバイコイン

QUOINEX(コインエクスチェンジ)が2018年9月にサービスをリニューアル。Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)として新たにサービスを開始しました。取引システムが刷新され、さまざまな情報を1画面に集約しています。
ビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルに加えて同サービスならではのQASHも取扱。レバレッジ取引も用意しており、最大25倍のレバレッジを利用することができます。
パソコン取引ツールは機能性も自由度も高くおすすめですが、シンプルな操作感のスマホアプリも注目です。仮想通貨の現物取引を簡単な操作で実行可能。
プラットフォームにこだわる方は、ぜひLiquidのサービスをチェックしてみてください。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、キャッシュ(QASH)
対応サービス 現物取引、レバレッジ取引
売買手数料 0〜0.25%
入出金手数料
(日本円)
即時入金:お客様負担
銀行振込:お客様負担
出金:500円+銀行手数料
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料
出金:無料

Liquid 公式サイト

VCTRADE(SBIバーチャル・カレンシーズ)

SBIバーチャル・カレンシーズ「VCTRADE」サービスがいよいよ登場

VCTRADE(SBIバーチャル・カレンシーズ)

SBIバーチャル・カレンシーズ「VCTRADE」が2018年6月4日より、いよいよ正式にサービスを開始しました。金融庁での仮想通貨交換業登録を完了済み。
まずは先行予約をされたユーザーに対してサービスが提供され、2018年7月17日より新規口座開設の受け付けがスタートしました。

リップルの取り扱いを先行してスタートし、ビットコインキャッシュに続いてビットコインの取り扱いもスタートしました。オリジナル仮想通貨の「Sコイン」の対応などはあるのでしょうか。

スプレッドは業界最低水準の実現には要注目。売買手数料は無料で、住信SBIネット銀行を利用した即時入金サービス(原則24時間365日いつでも入金可能)も手数料無料。低コストもサービスの魅力です。今後の展開にもぜひご注目ください。

仮想通貨 ビットコイン、リップル、ビットコインキャッシュ
対応サービス 現物取引
売買手数料 無料
入出金手数料
(日本円)
即時入金:無料
出金:51〜258円
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:取扱なし
出金:取扱なし

SBIバーチャル・カレンシーズ 公式サイト

フィスコ仮想通貨取引所(FISCO)

株式会社フィスコ(JASDAQ上場)連結対象子会社の取引所

フィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引所はJASDAQ上場の株式会社フィスコのグループ企業。セキュリティ対策にも注力していることもあって、信用度の高いビットコイン取引所といえるでしょう。2018年9月にはシステムのリニューアルが敢行され、今後の発展にも期待。
取り扱っている仮想通貨はビットコインとモナコイン、ビットコインキャッシュの3種類に加えて、フィスココイン(FSCC)などのトークンも取引できます。

仮想通貨 ビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ
対応サービス 現物取引
売買手数料 0.1〜0.3%
入出金手数料
(日本円)
銀行振込:お客様負担
出金:350〜756円
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料(マイナー手数料はユーザー負担)
出金:0.001BTC他

フィスコ仮想通貨取引所 公式サイト

みんなのBitCoin(みんなのビットコイン)

2017年3月にサービス開始。高性能な取引ツールが魅力

みんなのビットコイン

みんなのBitCoin(みんなのビットコイン)は2017年3月にサービスを開始。みんなのFX(トレイダーズ証券)をご存知であれば親しみが湧くかも。
現物取引とレバレッジ取引を用意しており、いずれもビットコインとイーサリアムの2種類の仮想通貨を取り扱い。成行、指値、逆指値注文、トレール注文が使用可能。
特に魅力的なのが取引ツールの「BTトレーダー」。世界最速の取引エンジン、ストレスフリーな操作感、17種類のテクニカル搭載、高いカスタマイズ性能を備えています。ツールの性能で選ぶのであれば、ぜひチェックを。
また、BTC/JPY(ベース通貨)であれば取引手数料は無料。ちなみに、日本円の入出金の手数料はユーザー負担なのですが、仮想通貨の入金と出金は無料でみんなのBitCoinが負担してくれます。これは嬉しいメリット。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ(※)
対応サービス 現物取引、レバレッジ取引
売買手数料 0〜0.25%
入出金手数料
(日本円)
銀行振込:お客様負担
出金:500円
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料
出金:無料

※レバレッジ取引での対応仮想通貨はビットコインとイーサリアムのみです。

みんなのビットコイン 公式サイト

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

口座開設が最短2分で可能。ビットコインFXではレバレッジ最大20倍

ビットバンクトレード

bitbank Trade(ビットバンクトレード)は最短2分の口座開設という手続きのスピーディーさがウリの一つ。メールアドレスと携帯電話のSMS認証のみで新規開設できます。ビットコインを早く買いたい方におすすめ。
レバレッジ最大20倍での取引が可能なビットコインFX(BTCFX®)を用意。取引できる通貨ペアはビットコイン・ドル(BTCUSD)のみ。
また、「追証なし」は国内で唯一ということで、そのスペックも魅力。

仮想通貨 ビットコイン
対応サービス 先物取引(BTC/USDのみ)
売買手数料 0〜0.01%
入出金手数料
(日本円)
入金:取扱なし
出金:取扱なし
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料
出金:0.001BTC

bitbank Trade 公式サイト

BTCBOX(BTCボックス)

1,000回以上の信頼性テストをクリアしたシステムの安定性

BTCボックス

BTCBOX(BTCボックス)は2年以上サーバーダウンゼロ。「流動性第一」。システムの安定性に信頼感のある取引所です。取引できるのはビットコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの4種類。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ
対応サービス 現物取引
売買手数料 0.05〜0.1%
入出金手数料
(日本円)
銀行振込:お客様負担
出金:400〜750円
入出金手数料
(仮想通貨)
入金:無料(ネットワーク送付料はユーザー負担)
出金:0.001BTC他

BTCボックス 公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー)は、三井住友銀行グループ SMBCベンチャーキャピタルやみずほフィナンシャルグループなど大手企業を株主として名を連ねています。ビットコイン販売所、bitFlyer FXでの売買手数料は無料(キャンペーン延長中)。iPhone、Android専用アプリでもビットコインの送金と受取、取引が可能です。
また、新規アカウント開設キャンペーンなどの、お得なキャンペーン開催も魅力。bitFlyerを経由してネットショッピング(楽天、ベルメゾンネット他多数)などのサービス利用でビットコインをもらうことも!ビットコイン取引所の選択で迷ったら、まずbitFlyerをチェック。

仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコイン、リスク、ビットコインキャッシュ
対応サービス 現物取引、レバレッジ取引
売買手数料 無料
入出金手数料
(日本円)
クイック入金:324円
銀行振込:お客様負担
出金:216〜756円

bitFlyer 公式サイト

Coincheck(コインチェック)

豊富な銘柄の仮想通貨を取扱い。扱いやすいスマホアプリも提供

コインチェック

Coincheck(コインチェック)ではビットコインをはじめ、2017年3月に短期間で最高値が3倍まで上昇したイーサリアム(Ethereum)や、リップル(Ripple)など、取引できる銘柄が多いのが特長の一つ。iPhone、アンドロイド対応のスマートフォンアプリは、シンプルかつデザインが洗練されていて使い勝手がいいです。
「coincheckでんき」という独自の電力サービスを展開。電気代をビットコインで支払えるプラント、ビットコインが付与されるプランが用意されており、こちらも注目。

Coincheck 公式サイト

ポイント
2017年7月より仮想通貨の消費税が非課税に

2017年7月1日より消費税法上、ビットコインなど仮想通貨にかかる消費税が非課税となります。それ以前は、仮想通貨は「モノ」と捉えられていたため、売買には8%の消費税が発生。取引所のレートには消費税が上乗せされていました。非課税になることで、ビットコインをはじめとする仮想通貨の需要が高まり、国内で普及がより進んでいくと期待できます。今回の変化が、どんな影響を及ぼしていくのか注目です。