ビットコイン取引所一覧比較

暗号資産・ビットコイン取引所一覧比較

ここでは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を購入・取引できる、国内の暗号資産取引所・販売所を徹底比較しています。

暗号資産を購入できる取引所・販売所は国内に複数あり、業者によって取引できる暗号資産の種類が異なるのはもちろん、売買や入出金における手数料、取引ツールなどにもさまざまな違いがあります。また、暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引やFX取引ができるかどうかという点も気になるところ。

当ページでは、国内でサービスを展開している暗号資産取引所・販売所の中でも、おすすめの業者をピックアップ。一覧表にてスペックをまとめて比較し、各取引所の解説も行っています。

国内にはどんな暗号資産取引所・販売所があるのか気になる方や、各社のスペックをまとめて比較したいという方は、ぜひ当ページの情報を参考にしてみてくださいね。

暗号資産取引所・販売所 一覧比較表

取引所・販売所対応サービス対応暗号資産売買手数料レバレッジ取引業者の特徴公式サイト
[GMOコイン]GMOコイン販売所
取引所
22種類無料(※1)GMOインターネットグループの運営
即時入金や出金の手数料が無料
[GMOコイン>詳細]
[コインチェック]コインチェック販売所
取引所
19種類無料×マネックスグループの運営
豊富な暗号資産取り扱い数
[コインチェック>詳細]
[DMMビットコイン]DMMビットコイン販売所22種類無料(※2)DMMグループの運営
多彩な暗号資産でレバレッジ取引
[DMMビットコイン>詳細]
[bitFlyer]bitFlyer販売所
取引所
17種類無料国内最大級の取引所
最短即日で取引開始
[bitFlyer>詳細]
[ビットバンク]ビットバンク取引所
販売所
19種類-0.02〜0.12%(※3)×高機能チャートツール[ビットバンク>詳細]
[Liquid]Liquid取引所5種類無料〜0.3%低水準スプレッド
高機能ツール提供
[Liquid>詳細]
[ビットポイント]ビットポイント販売所
取引所
14種類無料×即時入金手数料が無料[ビットポイント>詳細]

(※1:取引所の現物取引はメイカー-0.01%、テイカー0.05%、取引所のビットコイン円のレバレッジ取引はメイカー-0.035%、テイカー0.04%の手数料が発生します)
(※2:BitMatch取引手数料を除く)
(※3:一部銘柄を除く)

暗号資産CFDサービスもおすすめ!
LIGHT FXコイン

暗号資産のレバレッジ取引をされるのであれば、「LIGHT FXコイン」の暗号資産CFDサービスもおすすめです。暗号資産CFDはビットコイン円やイーサリアム円などを対象に、レバレッジを利用した取引が可能。

LIGHT FXコインは、FXサービスを長年提供してきたトレイダーズ証券の提供。取引手数料が無料、低水準の建玉管理料、シンプルで使いやすいスマホアプリなど多くのメリットを兼ね備えています。

LIGHT FXコインに関しては別ページで徹底解説を行っていますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

→詳しくはLIGHT FXコイン公式サイトへLIGHT FXコイン

みんなのコイン

同じくトレイダーズ証券が提供している「みんなのコイン」の暗号資産CFDサービスもおすすめです。みんなのコインも取引手数料などが無料、流出リスクなし、高機能なスマホアプリ、充実のサポート体制など多くのメリットを持ちます。

また、みんなのコインを利用する際には、みんなのFX口座を開設することになるのですが、そちらはFX関連サービス(裁量取引、シストレ、バイナリーオプション)が充実しているのもポイントとなっています。

暗号資産CFDサービスに関しては別ページで特集を用意していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

→詳しくはみんなのコイン公式サイトへみんなのコイン

アルトコイン対応業者 一覧比較ページ

リップル対応の仮想通貨取引所
リップル特集
イーサリアム対応の仮想通貨取引所
イーサリアム特集
ライトコイン対応の仮想通貨取引所
ライトコイン特集
モナコイン対応の仮想通貨取引所
モナコイン特集
テゾス対応の取引所・販売所
テゾス特集
世界初のビットコイン先物ETF「BITO」を解説!
BITO

暗号資産(仮想通貨)の取引に興味のある方で「ビットコインETFにも気になる!」という方は少なくないのではないでしょうか。当サイトでは別ページにて、世界初のビットコイン先物ETF「BITO(プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETF)」の徹底解説を行っています。

「BITOを取引ができる国内業者はあるの?」「そもそもBITOって?」といった疑問にお答えしていますので、気になる方はぜひそちらもチェックしてみてくださいね!

暗号資産取引所・販売所の特徴は?

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは東証プライム市場上場のGMOインターネットグループが運営している暗号資産(仮想通貨)取引所です。グループの安心感もあり、GMOクリック証券などで培われた技術力の活かされた便利ツールが魅力。

ビットコインをはじめ、イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュ、ネムやステラルーメンなどの購入・取引にも対応しています。GMOコインは他社の暗号資産(仮想通貨)取引に比べて低コストなのも魅力。多くの売買手数料、日本円の即時入金・出金がいずれも無料です。

GMOコインは取引ツールの利便性が高いのが特徴的。特に、スマホアプリの「GMOコイン 暗号資産ウォレット」がおすすめで、シンプルな構造で初心者にも扱いやすいく、ワンタップでの注文やチャート分析など、サクサク動く操作性が快適。大手企業の信頼感と取引ツールの使いやすさで選ぶなら、GMOコインは要チェック。

GMOコイン 公式サイト

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)はマネックスグループが提供している暗号資産(仮想通貨)取引所です。コインチェックの魅力はなんといっても、豊富な暗号資産を扱っているということ。ビットコインやイーサリアム、リップルなどの主要な暗号資産はもちろんのこと、リスクやファクトム、ステラルーメン、モナコインなど多彩な暗号資産の購入が可能です。

また、コインチェックはスマホアプリもおすすめ。スマホアプリからいつでも暗号資産(仮想通貨)の値動きをチェックすることができ、暗号資産の購入も可能です。さらに、ウィジェット機能に対応していますので、各種暗号資産の価格をサクッと確認できるのも魅力。

コインチェック 公式サイト

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

(※:新規口座開設キャンペーンは2023年2月1日6:59まで)

DMM BitcoinはDMMグループが運営している暗号資産(仮想通貨)取引所。DMMグループはさまざまなサービスを展開しており、中にはFXやCFD取引を取り扱っているDMM.com証券もあります。DMM BitcoinではFXサービスなどで培われたノウハウが活かされており、サービス内容の分かりやすさや、取引ツールの利便性が魅力です。

DMM Bitcoinは大手グループが運営している信頼感も魅力ですが、そのサービス内容も要チェック。なんと、DMM Bitcoinでは豊富な暗号資産(仮想通貨)がレバレッジ取引に対応しています。コインチェックのように現物取引の銘柄が充実している業者はありますが、レバレッジ取引対応の銘柄が豊富な業者は貴重。快適な使い勝手のスマホアプリを使いつつ、豊富な暗号資産のレバレッジ取引がしたい!という方はDMM Bitcoinがおすすめです。

DMMビットコイン 公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内の暗号資産取引所として知名度が高く、実績もある業者。10種類以上の豊富な暗号資産購入・取引に対応しており、フラットなデザインの取引ツールは初心者の方にもおすすめ。

取引ツールでは特に、iPhone・Android対応のスマホアプリが使いやすいです。暗号資産(仮想通貨)の購入が簡単な操作で実行でき、チャートで値動きの確認も可能。便利なウィジェット機能にも対応しており、暗号資産の価格をいつでもどこでもサクッとチェックできます。

bitFlyerは暗号資産(仮想通貨)の現物取引とFX取引(Lightning FX)にも対応。FX取引はビットコイン円のみ対応と銘柄は少ないですが、プロ向けに作られた高速取引ツールが見所です。

bitFlyer 公式サイト

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコインをはじめ、リップル、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュなど豊富な暗号資産(仮想通貨)に対応。取引所による現物取引のみ行えます。bitbankは暗号資産の取り扱いが豊富であり、かつ取引ツールの便利さも魅力。

取引ツールには人気の「TradingView」を採用。PCでの利用はもちろん、なんとスマホアプリでもTradingViewによるチャート分析に対応しています。豊富なテクニカル分析機能が使え、サクサク動く操作性も魅力。取引ツールの使い勝手で選ぶならbitbankはおすすめです。

ビットバンク 公式サイト

Liquid(リキッド)

リキッドバイコイン

Liquid(リキッド)は前身であるQUOINEXのサービスを受け継ぎつつ、さらにリニューアルした暗号資産(仮想通貨)取引所サービスです。現物取引とレバレッジ取引に対応しており、それぞれ5種類と3種類の暗号資産に対応。

さらに、Liquidは高性能なチャートツールも魅力。Liquidの取引ツールはブラウザ仕様でサクサク動き、「TradingView」と「Crypto watch」の2つのチャート機能を搭載しているのがポイントです。高機能なチャートツールが使える取引所を使いたい!という方はLiquidが要チェック。

Liquid 公式サイト

ビットポイント(BITPOINT)

ビットポイント(BITPOINT)

ビットポイント(BITPOINT)は販売所と取引所の両方の形式で暗号資産の取引が可能。ビットコインやイーサリアム、リップルなどの購入・取引ができます。国内初となるトロン(TRX)の取り扱い業者であることも特徴的。

ビットポイントの取引ツールは非常に使いやすく、特にスマホアプリがおすすめ。シンプルながら見やすいチャート機能を搭載し、銘柄ごとの保有数を把握しやすい資産管理画面なども便利となっています。また、暗号資産取引所としては珍しくApple Watch対応のアプリを提供しているのもポイント。Apple Watchユーザーの方は要チェックです。

ビットポイント 公式サイト