VCTRADE(SBIバーチャル・カレンシーズ)ビットコイン取引所

sbivc

SBIバーチャル・カレンシーズ 正式サービス開始

SBIバーチャル・カレンシーズの「VCTRADE」が2018年6月4日に正式サービスを開始、同年7月17日より新規口座開設の受け付けをスタートしました。これまでは先行予約者のみ口座開設ができましたが、これで一般ユーザーも口座の開設が可能。

VCTRADEではリップル(XRP)とビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3種類の仮想通貨で現物取引が行えます。

SBIバーチャル・カレンシーズ「VCTRADE」は業界最低水準のスプレッドにて仮想通貨取引サービスを展開。SBIホールディングスとしての信頼度もあり、時間をかけて構成されたセキュリティ体制が整えられていることも魅力です。口座開設される方、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

→詳しくはSBIバーチャル・カレンシーズ公式サイトへSBIバーチャル・カレンシーズ

VCTRADE 基本スペック

取り扱い仮想通貨 リップル(XRP)・ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)
FX取引 無し
売買手数料 無料
日本円入金 無料(住信SBIネット銀行「即時決済サービス」)
日本円出金 住信SBIネット銀行:51円
それ以外(出金額3万円未満):165円
それ以外(出金額3万円以上):258円
仮想通貨入出金 対応無し
スマホツール ブラウザ取引ツール
仮想通貨交換業者登録 登録完了(2017年9月29日)
備考 業界最低水準スプレッド

SBIバーチャル・カレンシーズ VCTRADEの取引画面

SBIバーチャル・カレンシーズ「VCTRADE」

VCTRADEの仮想通貨取引の画面は上記画像のようになっています。シンプルな構図で現在レートやユーザーの保有している仮想通貨の数量などを表示。
チャートボタンをクリックすると、画像のようなチャートが出てきます。操作はスムーズかつ簡単です。取引画面の他にはホームと口座管理の画面が用意。

シンプルな構造のスマホ取引ツール

シンプルな構造のスマホ取引ツール

VCTRADEはパソコンでもスマホからでも利用可能です。iPhone・Androidともに現時点ではスマホアプリは用意されておらず、取引ツールはブラウザから利用。画像は実際にログインした後の取引画面です。

シンプルな構造で操作感はとてもスムーズ。現在のレートやチャート、買付余力、リップルの保有数などを確認していただけます。チャートは時間軸の変更や、テクニカル指標の表示といった操作には対応していません。


SBIバーチャル・カレンシーズの動向

SBIホールディングスの仮想通貨取引への参入のニュースは、サービス開業前から大きな注目を集めています。2017年9月29日にSBIバーチャル・カレンシーズは金融庁にて仮想通貨交換業として登録を完了。

SBIグループは以前よりRipple社への出資を行っており、2016年5月18日には「SBI Ripple Asia(SBIリップルアジア)」を設立しています。

国内の仮想通貨市場には、GMOインターネットグループのGMOコインがすでに参入。SBIバーチャル・カレンシーズのサービス開始により、国内の仮想通貨取引業界への注目度とニーズはさらに高まると予想されます。VCTRADEのサービス展開と併せて業界動向にも注目ですね。

SBI Ripple Asiaの設立。リップルの決済基盤を活用

sbivc

SBIグループはRipple社への11.05%の出資を実施。2016年5月にはSBI Ripple Asia(SBIリップルアジア)を設立しています。
ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコイン(オルトコイン)と呼ばれますが、それらはビットコインよりも利便性の高い仮想通貨を作ろう、といった趣旨に基づいて開発されるものが多いです。
XRPはBTCに比べ、決済までに要する時間が非常に短く、取引のコストも安い。国際送金のコスト削減などが期待できます。

オリジナル仮想通貨の「Sコイン」発行を発表

SBIホールディングスは「Sコイン」という独自の仮想通貨の発行を発表。決済基盤システムを独自に開発し、送金コストがほぼ無料になるなど決済のコストを削減して、決済サービスの拡充を目指すのが狙いとのこと。SBIバーチャル・カレンシーズでも取り扱われるのでしょうか?

SBIバーチャル・カレンシーズではビットコインやリップルの仮想通貨取引だけでなく、「地域トークン」と呼ばれるもののサービスも予定されています。「地域トークン」はある地域で支える代用貨幣や引換券などのことです。仮想通貨を取引できるだけでなく、それ以外の付加価値にも期待ですね。

SBIバーチャル・カレンシーズ 公式サイト