ヒロセ通商(LION FX)でトレーディングビューは使える?TradingView対応状況を解説!

この記事には広告・プロモーションが含まれています

ヒロセ通商(LION FX)でトレーディングビューは使える?

この記事では、ヒロセ通商(LION FX)でトレーディングビューは使えるの?という疑問にお答えしています。

ヒロセ通商の子会社であるJFXがTradingViewでのレート配信を開始したので、親会社も対応を進めているのでは?と気になる方がいるのでは。

興味のある方はぜひ当記事を参考にしてみてくださいね。

→詳しくはヒロセ通商公式サイトへヒロセ通商

ヒロセ通商(LION FX)はTradingView非対応

ヒロセ通商

残念ながら、ヒロセ通商はTradingView(トレーディングビュー)非対応となっています。子会社のJFXはTradingViewでのレート配信を行っていますが、ヒロセ通商は対応していません。

また、みんなのFXなどでは自社ツール内にTradingViewチャートが内蔵されていますが、ヒロセ通商では自社ツール内蔵も行っていません。

とはいえ、子会社がTradingViewに対応しているので、そちらが好評であれば親会社も対応を進めていく、かもしれませんね。

今後の展開に期待しましょう。もしヒロセ通商がトレーディングビュー対応を開始したら、当記事でもすぐにお伝えします。

子会社の「JFX」はTradingViewでのレート配信を実施中

JFXがTradingView(トレーディングビュー)対応開始!

前述の通り、ヒロセ通商の子会社であるJFXでは、TradingView(トレーディングビュー)でのレート配信を実施しています。

TradingView上にてJFXのレート・チャートを表示することが可能。TradingViewでレート配信を行っている国内業者はかなり少ないので、気になる方は要チェックです。

JFXのツールとトレーディングビューの組み合わせ!

JFXはTradingViewでのレート配信のみ行っているため、TradingView上で発注することはできません。

ただ、上記画像のようにJFXの自社ツールとTradingViewの組み合わせは可能。TradingViewの高度なチャート分析を、JFXのスキャルピングに活用するといったことができます。

JFXのTradingView(トレーディングビュー)対応に関しては別記事で詳しく解説していますので、気になる方はそちらも参考にしてみてくださいね。

→詳しくはJFX公式サイトへJFX

JFXのTradingViewレート配信を、ヒロセ通商でも活用してみる

ヒロセ通商はTradingView(トレーディングビュー)非対応ですが、JFXのTradingViewレート配信をヒロセ通商の取引に活用する、という使い方は可能です。

というのも、JFXのカバー先はヒロセ通商だからです。

JFXがTradingView(トレーディングビュー)対応開始!

上記画像はヒロセ通商の公式サイトから抜粋した取引要綱の一部。多数のカバー先が明記されていますね。

一方で、JFXのカバー先を見てみると…。

JFXがTradingView(トレーディングビュー)対応開始!

JFXのカバー先は「ヒロセ通商株式会社」のみとなっています。

つまり、JFXで表示されるレート・チャートはヒロセ通商で表示されるデータと同等である、と考えられます。

JFXがTradingView(トレーディングビュー)対応開始!

というわけで、TradingView上で表示したJFXのチャートと、ヒロセ通商のツールで表示したチャートを並べてみました。

最新の現在レートには若干の誤差が見受けられるのですが、基本的な値動きは同等と言えそうです。

TradingViewで確認できるJFXのレート・チャートがヒロセ通商と100%同じとは言い切れませんが、取引の参考にはできますね。

ヒロセ通商で使える高機能ツールもおすすめ!

ヒロセ通商はTradingView(トレーディングビュー)に対応していませんが、同社では高性能なツールが複数提供されているのでそちらもおすすめです。

「LION FX C2(インストール型/Windows対応)」

TradingView以外の複数チャート対応ツールは?

こちらはWindows対応の「LION FX C2」の取引画面です。C2はヒロセ通商の最新ツール。

分析機能の豊富さはもちろんのこと、視認性の良さ、20種類以上の注文機能対応、最大16枚のチャート表示対応、スキャルピング向けの注文機能などメリットが満載。

また、ヒロセ通商のPCツールでは複数チャート同士の十字カーソルの同期が可能となっています。TradingViewの代替ツールとしてもおすすめ。

「Mac専用アプリ(インストール型/Mac対応)」

ヒロセ通商「Mac専用アプリ」

ヒロセ通商は「Mac専用アプリ」を提供しており、Macユーザーからも支持される環境を整えています。

Mac専用アプリも多彩な注文方法に対応、チャートは最大20枚まで表示可能となっています。また、十字カーソルの同期にも対応。

「LIONチャートPlus+(ブラウザ利用/Windows・Mac対応)」

「LIONチャートPlus+(ブラウザ利用/Windows・Mac対応)」

「LIONチャートPlus+」はブラウザ環境で使えるチャート分析特化ツールです。30種類のテクニカル指標を搭載しており、チャート画面の最大6分割表示も可能。

TradingViewでも使える「比較チャート機能」を内蔵しており、フィボナッチ・リトレースメントの自動描画まで使えます。ヒロセ通商で取引しているトレーダーの注文数・ポジション情報をチャート上に表示することも可能。

「LIONチャートPlus+(ブラウザ利用/Windows・Mac対応)」

さらに、LIONチャートPlus+は「シグナル注文」という自動発注機能まで搭載しています。8種類のテクニカル指標から好きなものを選び、判定条件などを指定すれば自動注文を始められます。

「LION FX 5(iPhone・Android対応)」

ヒロセ通商「LION FXスマホ版」

高機能スマホアプリをお探しの方には、ヒロセ通商の「LION FX 5」がおすすめ。

LION FX 5は操作性にもデザイン性にも優れており、20種類以上の注文方法に対応、テクニカル指標は20種類以上、4分割チャート対応、アラート充実、多彩なカスタマイズ機能に対応などのメリットを備えています。

ヒロセ通商 公式サイト

トレーディングビュー対応の国内FX/CFD業者はココ!

TradingView対応の国内他社と比較!

「TradingViewに正式対応している国内業者を知りたい!」という方のために、TradingView対応の国内FX/CFD業者を以下にまとめてみました。

各社のTradingView(トレーディングビュー)の利用形式や特徴などを掲載しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

TradingView対応のFX/CFD会社一覧表

※「ツール内蔵」=自社ツール内にTradingViewチャート内蔵
※「連携対応」=TradingViewとの口座連携に対応

FX/CFD会社ツール内蔵連携対応TradingView関連の特徴公式サイト
[JFX]
JFX
××TradingView上でJFX配信のレート(FX)を表示可能[JFX>詳細]
[みんなのFX]
みんなのFX
×自社PCツール・スマホアプリにTV内蔵
FXの分析に対応
最大6枚のチャート同時表示可能
インジケーター同時表示数が無制限
[みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]
LIGHT FX
×自社PCツール・スマホアプリにTV内蔵
FXの分析に対応
最大6枚のチャート同時表示可能
インジケーター同時表示数が無制限
[LIGHT FX>詳細]
[サクソバンク証券]
サクソバンク証券
×PC版・スマホ版のTVと連携可能
連携後はFX・個別株CFD・外国株式(現物)の取引が可能
[サクソバンク証券>詳細]
[GMO外貨]
GMO外貨
×自社PCツールにTV内蔵
独立ウィンドウにて最大8チャート表示可能
CFD(株価指数、商品、米国VI)の分析に対応
[GMO外貨>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]
ゴールデンウェイ・ジャパン
×自社PCツールにTV内蔵
最大6枚のチャートを同時表示可能
FX・商品CFD・ノックアウトオプション(FX・商品)の分析に対応
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[OANDA証券]
OANDA証券
自社PCツールにTV内蔵
FXの分析に対応
PC版・スマホ版のTVと連携可能
連携後はFXの取引が可能
[OANDA証券>詳細]
[FOREX.com]
FOREX.com
自社PCツール・スマホアプリにTV内蔵
FX・CFD(株価指数)の分析に対応
PC版・スマホ版のTVと連携可能
連携後はFX・CFD(株価指数)の取引が可能
[FOREX.com>詳細]
[ThinkMarkets]
ThinkMarkets
×自社PCツールにTV内蔵
FXの分析に対応
最大8枚のチャートを同時表示可能
[ThinkMarkets>詳細]
TradingView対応業者の詳しい比較はこちら!

トレーディングビューが無料の証券会社は?国内FX会社やブローカーを徹底比較!

TradingView(トレーディングビュー)対応の国内業者に関しては、別記事で詳しく解説を行っています。

自社ツールにTradingViewチャートを内蔵している会社や、TradingViewとの口座連携に対応している会社を紹介。そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です