サクソバンク証券でトレーディングビューを使う方法を徹底解説!

この記事には広告・プロモーションが含まれています

サクソバンク証券のTradingView特集!口座連携の方法や利用できる機能は?

この記事ではサクソバンク証券でTradingViewを使う方法を詳しく解説しています。

サクソバンク証券では外部ツールの1つとしてTradingView(トレーディングビュー)との口座連携に対応しています。口座を連携するとTradingView上で直接トレードが可能です。

手順を1つ1つ詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください!

7通貨ペアの「スプレッド縮小」&「原則固定化」!

7通貨ペアの「スプレッド縮小」&「原則固定化」!

サクソバンク証券が人気7通貨ペアのスプレッド縮小を敢行!さらに、同通貨ペアにて原則固定スプレッドの適用を開始しました。対象銘柄とスプレッドの内訳は以下の通り。

USDJPYEURJPYAUDJPYGBPJPY
0.2pips0.5pips0.7pips1.2pips
EURUSDAUDUSDGBPUSD
0.4pips0.6pips0.9pips

※USDJPYの上記スプレッドは1取引あたり5万通貨以下の注文に適用され、それ以外は10万通貨以下の注文に適用となります。
※いずれも米国東部標準時間では日本時間AM9:00~翌AM5:59、夏時間では日本時間AM8:00~翌AM4:59の時間帯にて原則固定・例外あり。

縮小されたスプレッドが適用される発注数量はやや少なめですが、条件を満たしさえすれば他社と比べても魅力的な原則固定スプレッドで取引できる、というのは魅力です。

サクソバンク証券のTradingView特集!口座連携の方法や利用できる機能は?

さらに、米国株式の取引手数料改定も実施され、業界最低水準の「0.033%~0.088%(※最低手数料1.1USD)」に!

外国株式の米ドル口座や特定口座の米ドル決済にも対応。段階的に手数料の優遇が受けられるサクソ優待プログラムなど注目ポイントがたくさんあるサクソバンク証券は要チェックです!

→詳しくはサクソバンク証券公式サイトへサクソバンク証券

サクソバンク証券はTradingViewとの口座連携に対応!

サクソバンク証券はTradingViewとの口座連携に対応!

TradingViewは5,000万人以上のトレーダーが利用しているグローバルスタンダードなチャートツールです。

100種類以上の内蔵インジケーター、80種類以上の描画ツール、10万個以上の有志プログラマーが開発したコミュニティ・スクリプトなど世界屈指の機能性と操作性を実現。

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

国内のFX業者でトレードされている方であれば「こんな機能があればいいのに」と思われた方も多いかと思います。

この点、TradingViewは全世界のユーザーから届いた声を開発に生かし、日々アップグレードが行われています。その開発スピードは非常に速く、日進月歩で進化し続けています。

そんなTradingViewですが、1つネックなのが「TradingViewから直接発注できない」という点です。

サクソバンク証券はTradingViewとの口座連携に対応!

TradingViewはあくまでチャートツールなので、基本的にTradingViewから直接トレードすることはできません。

しかし、今回解説するサクソバンク証券ではTradingViewとの口座連携に対応しています。サクソバンク証券のFX口座と連携するとTradingViewから直接発注をかけることが可能です。

口座連携にかかる費用やツールの利用料などは無料です。TradingViewの無料プラン(BASIC)でもブローカーを通したトレードが可能です。

口座連携をすれば便利なTradingViewの使い勝手をさらに一段上げることができるのでぜひお試しください。

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

では、サクソバンク証券とTradingViewの口座連携方法を解説していきます。

まず、TradingViewにログインしチャート画面を開きます。チャートの下部にある「トレードパネル」を選択。

ブローカーの中からサクソバンク証券を選択します。

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

確認画面が表示されるので「続ける」を選択。

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

サクソバンク証券の口座開設時に設定したユーザーIDとパスワードを入力し「ログイン」を選択。

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

接続が正常に完了するとトレードパネルの表示が「Saxo」に変わります。

これで口座の連携が完了です。手順としてはこれだけなのでTradingViewのアカウントとサクソバンク証券で口座開設をしていれば簡単に口座連携が可能です。

次は、トレードを行う口座を選択します。英語で表示されている口座名の下矢印を選択します。

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

サクソバンク証券で連携ができるのは一般外国株式(特定口座/一般口座)、個別株CFD口座、FX口座です。

外国株式の現物とCFD取引の口座が連携できるのはサクソバンク証券の大きなメリット。

ちなみに、日本株式の現物取引には対応していませんが日本株のCFD取引は可能です。CFD取引は現物のポジション積み増しやリスクヘッジに活用できます。

TradingViewに売買パネルを表示させる方法

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

口座の接続が完了したら、次はTradingView上に売買パネルを表示させます。

売買パネルはチャート画面右側の縦に並ぶメニューから売買パネルのアイコンを選択します。

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

チャートに表示させている銘柄の市場やブローカーがサクソバンク証券と異なる場合、上記の画像が表示されます。

例:OANDA(オアンダ)のUSD/JPYをチャートに表示しているとき

その場合は「シンボルを切り替える」をクリックすると自動的にサクソバンク証券のチャートに切り替わります。

また、「シンボルを切り替える」というボタンが表示されない場合はTradingViewでは取引ができない銘柄なのでご注意ください。

サクソバンク証券のTradingView口座連携方法

正常にシンボルを表示させると上記の売買パネルが表示されます。

ここからサクソバンク証券を通して直接発注をかけることが可能です。あとは、通常のFX業者と同じ要領で売り/買いの選択、ロット数、注文方法、指値/逆指値などを決定し発注を行います。

以上がサクソバンク証券のTradingViewの口座連携および売買を行う方法です。手順としてはそれほど難しいものではないので、「TradingViewから直接発注したい」という方はぜひ参考にしてみてください!

→詳しくはサクソバンク証券公式サイトへサクソバンク証券

TradingViewのプラン別機能と比較

TradingViewのプラン別機能と比較

サクソバンク証券のTradingViewに関して1つ注意点があります。

それは「使える機能はTradingViewの契約しているプランによる」という点です。口座連携とトレードは無料プランでも可能ですが、TradingView上で使える機能は契約しているプランによって異なります。

そこで、各プランで使える主要な機能を一覧表でまとめてみました。

機能BasicEssentialPlusPremium
広告表示ありなしなしなし
画面分割1248
インジケーターの同時表示251025
アラート520100400
表示できるローソク足5,000個1万本1万本2万本
チャート同時接続2個10個20個50個
ウォッチリスト登録数30個1,000個1,000個1,000個
レイアウトテンプレート保存可能数1510無制限
インジケーターテンプレート保存可能数1無制限無制限無制限
秒足×××
バーのリプレイ×分足42日分分足42日分分足180日分
秒足90日分
出来高プロファイル×
カスタム時間足×
自動チャートパターン×××
サポート×通常優先優先

→詳しくはTradingView公式サイトへTradingView

無料プランでは広告表示があることと、インジケーターの同時表示が最大2つまで、アラートも5つしか設定できません。

有料プランであればプランに応じて機能が解放されていきますが、費用も高くなるのがネックです。TradingViewのプランについては別記事でも詳しく解説しています。

TradingViewで本格的に相場分析をするのであれば有料プランを検討したいところですが、「固定費が増えるのは嫌」という方も多いかと思います。

そこで、注目なのが取引ツールにTradingViewを内蔵している国内FX業者です。内蔵TradingViewであれば利用料は無料。有料プラン相当の機能が使えるFX業者もあるので気になる業者があればチェックしてみてください。

TradingViewが無料のFX会社、ブローカー一覧表

FX会社形式特徴公式
[みんなのFX]みんなのFX内蔵・有料プラン(月額約9,400円相当)の機能が無料で使える
・最大6画面分割、テクニカル指標の複数表示(25個以上)
・レイアウト・テクニカル指標のテンプレート複数保存
[みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FX内蔵・業界最高水準のスワップポイントが魅力
・特に、LIGHTペアは高水準スワップポイントを提供中
[LIGHT FX>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン内蔵・スプレッドの狭さに徹底的にこだわり業界最狭水準を配信
・TradingView内蔵ツール「FXTF GX」を配信
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[GMO外貨]
GMO外貨
内蔵・株価指数と商品CFD対応の貴重な国内業者
・最大8画面の独立ウィンドウ表示でマルチモニター対応
[GMO外貨>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券連携・TradingViewの口座連携対応、スマホ連携も可能
・米国株の現物と日本株のCFD取引に対応
[サクソバンク証券>詳細]
[OANDA証券]OANDA証券内蔵
連携
・TradingView内蔵ツールと口座連携の両対応
・8画面分割や5秒足の表示も可能
[OANDA証券>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com内蔵
連携
・世界180カ国に展開するグローバルプロバイダー
・TradingViewをツールに内蔵、MT4にも対応
[FOREX.com>詳細]
[LINE FX]LINE FX(PR)内蔵・PC/スマホ両方にTradingViewを内蔵
・インジケーターの設定数が無制限
[LINE FX>詳細]
[ThinkMarkets]ThinkMarkets内蔵・日本初のサブスク型FXで米ドル円スプレッド0銭(※)
・内蔵TradingViewは最大8画面分割が可能
[ThinkMarkets>詳細]
[インヴァスト証券]インヴァスト証券内蔵・独自のリピート系自動売買サービス
・FX、指数、商品対応のTradingView内蔵ツール
[インヴァスト証券>詳細]
[JFX]
JFX
TradingViewへのレート配信のみ対応[JFX>詳細]

※TradingViewの利用形式は取引ツールに内蔵しているFX業者と口座連携ができるFX業者があります。
※取引ツールに内蔵されているTradingViewはFX業者ごとに一部、搭載されていない機能があります。
※口座連携ができるFX業者のTradingViewの機能はTradingViewの契約プランによって異なります。
※内蔵ツールで提供している業者で表示できるのは、その業者の取扱銘柄に限られます。
※ThinkMarketsは有料のサブスクリプションを契約することで内蔵TradingViewが利用できます。
※ThinkMarketsのスプレッド0銭は米標準時間期間中、日本時間の朝9時~翌朝2時/米夏時間期間中、日本時間の朝8時~翌朝1時まで(例外あり)。対象通貨ペアは米ドル円、ユーロ米ドル。
※JFXはFX口座の連携およびTradingViewを内蔵した取引ツールは提供していません。

サクソバンク証券ってどんなFX業者?

サクソバンク証券はTradingViewとの口座連携に対応!

サクソバンク証券は1992年創業、デンマークのコペンハーゲンに本社を構えるサクソバンク投資銀行(A/S)の日本法人です。

サクソバンクグループは日本を含むアジア15カ国、世界170カ国80万人以上の投資家・トレーダーに利用されているグローバルプロバイダーになります。

サクソバンク証券ってどんなFX業者?

その特徴は「国内トップクラスの取扱銘柄数」「機関投資家・プロトレーダー向けの本格的な取引ツール」「長年に渡ってグローバルに金融サービスを提供してきた実績と信頼」です。

FX通貨ペアは約150種類以上に対応。CFD銘柄は株価指数から商品まで約9,000銘柄、外国株式は現物/CFDの両対応で約11,000銘柄もの取り扱いがあります。

サクソバンク証券ってどんなFX業者?

取引ツールは機関投資家やプロトレーダー向けの機能性を持つPCインストール版の「SaxoTraderPRO」とブラウザ版の「SaxoTraderGO」、そしてスマホアプリを提供。

特に、SaxoTraderPROはパワフルな機能と優れた操作性を両立させたプロ品質の取引プラットフォームです。チャートパターンを自動検出する「オートチャーティスト」も標準搭載。

対応OSはWindows、Macの両方です。Mac環境の方でも安心して使うことが可能です。

サクソバンク証券API

さらに、外部ツールとして「OpenAPI for Excel」「マルチチャート」「TradingView」の3種類に対応。プログラムを組める方はAPIサービスを利用すれば独自の取引環境を構築することも可能です。

豊富な取扱銘柄、充実の取引ツール、長年に渡ってサービスを提供してきた実績と総合的にクオリティの高いサービスを提供しているのがサクソバンク証券です。

TradingViewの口座連携を検討されている方はぜひサクソバンク証券をチェックしてみてください!

サクソバンク証券 公式サイト

サクソバンク証券の魅力を徹底解剖!

【FX】サクソバンク証券を徹底解剖!

TradingView連携対応を含め、150以上の通貨ペア取り扱いや高品質ツール提供、高水準スワップポイントなど、サクソバンク証券は様々な魅力を兼ね備えます。

その特徴を存分にお伝えすべく、当サイトではサクソバンク証券の魅力を「徹底解剖」した特集記事を用意しています。

「サクソバンク証券の特徴をもっと知りたい!」「通貨ペア数は他社と比べてどれくらい多いの?」「スワップの具体的な数値は?」といった疑問をお持ちの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です