みんなのFXのTradingView特集!ブラウザ・スマホアプリの特徴、機能は?

みんなのFXのTradingViewを徹底特集!PC版・スマホアプリの機能は?

この記事では、みんなのFXの取引ツールに搭載されているTradingView(トレーディングビュー)について詳しく解説!

世界トップクラスの機能性と使いやすさを持ったTradingViewですが、その本領を発揮するには有料プランへの加入が必須です。

この点、みんなのFXの内蔵TradingViewではPREMIUMプラン(月額8,000円相当)の機能が無料で利用できます

みんなのFXのTradingViewではどんな機能が使えるのか。ブラウザ版とスマホアプリの両方を解説していきます。TradingViewの有料プランを検討されている方は契約する前にぜひご一読を。

※一部、利用できない機能があります。

みんなのFXってどんなFX業者?

みんなのFXってどんなFX業者?

みんなのFXはトレイダーズ証券が提供しているFXサービスです。狭いスプレッドや1,000通貨取引、高いスワップポイントなど質の高いサービスが大きな特徴。

スプレッドはクロス円を中心に業界最狭水準を配信、安定した約定力で快適な取引環境を提供しています。

みんなのFXのTradingView

取引単位は1,000通貨なので少額資金の方でも気軽にFXがスタート可能。また、米ドル円は1回の注文で300万通貨が取引できる「USD/JPYラージ」という大口注文にも対応しています。

スワップポイントはトルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドなどの高金利通貨と中国人民元/円で高いスワップポイントを配信しています。

みんなのFX

そして、取引ツールには全世界で利用者を急激に増やしているTradingView(トレーディングビュー)を内蔵と注目ポイントが目白押し!

初心者から上級者までそれぞれのレベルに合った取引環境を提供しているのがみんなのFXの大きな魅力です。

→詳しくはみんなのFX公式サイトへみんなのFX

みんなのFXは取引ツールにTradingViewを内蔵!

みんなのFX

TradingViewは世界中の金融商品のチャートがチェックできる総合金融プラットフォームです。

基本的にはチャートをチェックするためのツールなので、TradingView上で直接発注をすることはできません。

この点、みんなのFXでは内蔵されたTradingViewで相場分析を行いつつ、そのまま発注をかけることが可能です。

国内FX業者でTradingViewを内蔵したツールを提供しているのはごく少数。みんなのFXのTradingViewではどんな機能が使えるのか詳しく解説していきます。

ブラウザ版搭載TradingViewの特徴

87種類のテクニカル指標を搭載

みんなのFXのTradingView

「自分が普段使っているテクニカル指標が使えるのか」という点が気になる方も多いかと思います。

この点、みんなのFXの内蔵TradingViewでは80種類以上のテクニカル指標を内蔵しています。移動平均線やボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクスなど人気のテクニカル指標は一通り標準搭載。

その他にも一目均衡表(雲)、RSI、ZigZag(ジグザグ)、パラボリックSAR、モメンタムなど幅広いニーズに応えてくれるインジケーターのラインナップがあります。

さらに、TradingViewの無料プラン(BASIC)では1つのチャートに最大3個までしか同時に表示できませんが、みんなのFXでは25個以上のインジケーターが同時表示可能です。

これはPREMIUMプラン(月額8,000円相当)で初めて使える機能です。TradingViewの無料プランでインジケーターがネックだった方は要チェック!

81種類の描画ツールを搭載

みんなのFXのTradingView

みんなのFXの内蔵TradingViewは描画ツールも充実しています。

トレンドラインや水平線はもちろん、フィボナッチ・リトレースメントやエリオット波動など81種類の描画ツールが自由に使えます。

特に、リスクリワードが一目で分かる「ロングポジション」「ショートポジション」などの便利ツールが使えるのは嬉しいですね。

高値安値に引っ付いてくれるマグネット機能や描画ツールを一覧で管理できるオブジェクトツリーなど公式TradingViewと何ら変わらない操作性で相場分析が可能です。

最大6画面分割によるマルチチャート分析

みんなのFXのTradingView

「画面を分割してマルチタイムフレームで分析したい」「複数通貨ペアを一度に監視したい」という方にもみんなのFXは最適です。

最大6分割のマルチチャートに対応しており、画面サイズやレイアウトは任意の大きさにカスタマイズが可能。

同じ通貨ペアで異なる時間足を表示したり、通貨ペア同士の相関をチェックする際にも有用です。チャート分割も公式では有料プランでしか使えない機能になります。

これだけの機能が無料で利用できるのはかなり魅力的。もちろん、口座開設費や維持費などもかかりません。みんなのFXの口座を開設するだけで誰でも利用できます。

→詳しくはみんなのFX公式サイトへみんなのFX

スマホアプリ搭載TradingViewの特徴

PC版と同等の機能性を搭載

みんなのFXのTradingView

みんなのFXではスマホアプリ(iPhone、Android両対応)にもTradingViewが内蔵されています。

テクニカル指標と描画ツールはブラウザ版と同じで80種類以上を搭載。インジケーターの同時表示にも対応しているのでスマホでも本格的な相場分析が可能です。

描画ツールはスマホでも引きやすいようにポイントが表示されます。実際に使うと分かるのですが、この機能がかなり使いやすいです。

「スマホでトレンドラインや水平線が引きにくい」とお悩みの方はぜひ一度お試しください。

多彩なチャートタイプを搭載

みんなのFXのTradingView

機能性が高く評価されているTradingViewですが、みんなのFXのTradingViewではチャートタイプも充実しています。

表示できるのは「ローソク足」「中空ローソク足」「バー」「ライン」「エリア」「ベースライン」「平均足」の7種類です。特に、平均足が表示できるのは注目ポイント。

平均足は一般的なローソク足の四本値を平均化して陽線と陰線に連続性を持たせたチャートのことをいいます。上昇トレンド・下降トレンドの流れを判断する際に有用です。

豊富なテクニカル指標と合わせて平均足も使うという方にも最適です!

テンプレートの保存・呼び出しもできる

みんなのFXのTradingView

細かく設定したインジケーターを何度も設定し直すのは面倒ですよね。特に、手法ごとにインジケーターを設定している場合は尚更かと思います。

この点、みんなのFXのTradingViewではテンプレートの保存と呼び出しが可能です。テンプレートでは通貨ペア・時間軸・インジケーターの設定を保存することができます。

手法ごとにテンプレートを保存しておけば、いつでも瞬時に呼び出すことが可能。テンプレートの保存も公式の無料プランでは1個しか使えませんが、みんなのFXでは10個以上の保存に対応しています。

TradingViewのプラン別機能と比較

みんなのFXのTradingView

機能みんなのFXBASICPROPRO+PREMIUM
広告表示なしありなしなしなし
画面分割61248
テンプレート保存可能数10以上1510無制限
インジケーターの同時表示25351025
アラート×120100400

上記の表は公式TradingViewの主要な機能をプラン別で抜粋して比較したものです。

みんなのFXでは広告非表示、最大6画面分割、インジケーターの複数表示など有料プランでしか使えない機能が無料で利用できます。

ただし、スマホアプリの内蔵TradingViewでは画面分割ができないこと、アラートはPC・スマホともに設定できない点にご留意ください。

一部利用できない機能はありますが、それでも無料でこれだけの機能が使えるのは魅力的なサービスではないでしょうか。

→詳しくはTradingView公式サイトへTradingView

有料プランを検討する前にみんなのFXが要チェック!

みんなのFXのTradingView

ここまでみんなのFXのTradingViewについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

みんなのFXは総合的にクオリティの高いサービスを提供している人気の国内FX業者です。

十分、魅力的なサービスを提供している同社ですが、TradingViewまで利用できるのは流石ですね。

TradingViewの有料プランを検討されている方は、契約する前にぜひみんなのFXをチェックしてみてくださいね!

みんなのFX 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。