IG証券でビットコインの取引は可能?暗号資産(仮想通貨)の取り扱い状況を解説

この記事には広告・プロモーションが含まれています

IG証券でビットコインの取引は可能?

IG証券は17,000銘柄以上のCFD/FX取引に対応している人気の国内業者。株式や株価指数、商品、債券、FXなど多彩な銘柄を取り扱っています。

それほど数多くの銘柄を取り扱っているIG証券ですので、「IG証券はビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)も取引できる?」と気になる方もいると思います。

残念ながら、IG証券はビットコイン含む暗号資産の取引には対応していません。

ただ、IG証券では米国の大手取引所である「コインベース」の株式CFDに対応。コインベースの株価はビットコインと相関性がある上に、課税の面でメリットがあるのもポイントです。

また、IG証券はビットコインの取引に対応していませんが、日本暗号資産取引業協会の会員になっていたり、IGグループの海外業者はビットコインCFDに対応していたりします。

当記事ではこのような情報をまとめていますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券

IG証券でビットコイン(暗号資産)を取引できる?

IG証券はビットコインの取引に非対応

IG証券でビットコイン(暗号資産)を取引できる?

冒頭でお伝えしたとおり、IG証券はビットコイン含む暗号資産(仮想通貨)の取引には対応していません。

IG証券の公式サイトでビットコインなどと検索するといくつか情報が出てきますが、注文は不可となっています。

日本暗号資産取引業協会の第二種会員には入会している

日本暗号資産取引業協会の第二種会員には入会してる

ただ、IG証券は一般社団法人日本暗号資産取引業協会「第二種会員」として入会はしています。上記画像は同協会の公式サイトより抜粋したもの。

第二種会員の欄にIG証券株式会社と明記されていますね。OANDA証券やサクソバンク証券なども入っています。

日本暗号資産取引業協会の第二種会員には入会してる

ちなみに、第二種会員とは暗号資産の取引を扱う業者になるため、「登録申請中又は登録申請を予定する業者」とされています。

ですので、この情報を見ると今後はIG証券でビットコインなどの暗号資産を取引できるようになるかも?と期待が持てます。

ただ、IG証券が第二種会員として入会したのは2021年3月8日のこと。だいぶ間が空いてしまっていますが…。いずれにせよ、今後の展開に期待です。

IGグループの海外業者はビットコインCFD対応

IGグループの海外業者はビットコインCFD対応

日本のIG証券は非対応ですが、実は、IGグループの海外業者はビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の取引に対応しています。

IGの海外サイトを見ると、取り扱い商品の中に「Cryptocurrency trading」が含まれており、暗号資産のCFD取引が紹介されています。

銘柄のランナップを見てみると、ビットコインはもちろんイーサリアムやライトコインなども対応。「Crypto 10 index」まであります。

あくまで海外の対応状況ではありますが、グループ会社が暗号資産CFDを扱っているということは、その流れでいずれ日本でも取り扱いが始まるかも?

コインベース(Coinbase)のCFD取引は対応

コインベース(Coinbase)のCFD取引は対応

IG証券はビットコイン取引には非対応ですが、株式CFDにて関連銘柄である「コインベース(Coinbase)」の取引は可能です。コインベースは米国の大手暗号資産取引所。

コインベースは暗号資産関連の事業を行っているため、同社の株価はビットコインとの相関性があります。ですので、ビットコインの代わりにコインベース株を取引する、というのも手です。

IG証券の株式CFDでは5倍のレバレッジを使えるため、現物取引よりも少ない証拠金額で取引が可能。2023年11月8日時点であれば約2,700円から取引を始められます。

また、暗号資産(仮想通貨)の取引に対しては総合課税が課せられるのですが、株式CFDの場合は申告分離課税となるので税金対策にもなる、というメリットも。

コインベース(Coinbase)のCFD取引は対応

ちなみに、IG証券では一部の米株銘柄にて取引時間の拡張を実施しており、コインベース株も時間外取引が可能です。

標準時で23:30〜翌6:00(金曜は7:00)までが通常の取引時間ですが、IG証券なら18:00〜23:30、6:00〜10:00の時間帯もできます(夏時間は1時間ずつズレます)。

しかも、時間外取引をした場合も通常の取引時間と同じ取引手数料でOK。

ただし、時間外取引は通常の取引時間に比べて流動性が低かったり、ボラティリティが高くなったりする可能性があるのでご注意を。

IG証券 公式サイト

ビットコインを取引できるおすすめ業者は?

ビットコインを取引できるおすすめ業者は?

コインベースも良いけど、やっぱり普通に暗号資産の取引がしたい!という方は多いと思うので、最後にビットコインなどを取引できる、おすすめの国内業者を紹介します。気になる業者があれば公式サイトもチェックしてみてくださいね。

LIGHT FXコイン

LIGHT FXコイン

LIGHT FXコインはトレイダーズ証券が提供しているサービスであり、ビットコイン/円やイーサリアム/円でのレバレッジ取引が可能です。

トレイダーズ証券はFX取引を長年提供し続けてきた実績を持ち、FXで培ってきたノウハウが暗号資産の取引でも遺憾なく発揮されています。

LIGHT FXコインはスマホアプリの利便性も大きなメリット。シンプルな仕様で発注操作やチャート操作を快適に実行できます。

それでいて素早く発注できるスピード注文、移動平均線やMACDを用いたチャート分析、トレンドラインやフィボナッチ・リトレースメントなどの描画ツールも搭載。

LIGHT FXコインに関しては別記事で詳しく解説していますので、興味のある方はそちらも参考にしてみてくださいね。

LIGHT FXコイン 公式サイト

みんなのコイン

みんなのコイン

みんなのコインはLIGHT FXコインと同じく、トレイダーズ証券が提供している暗号資産CFDサービスです。対応している暗号資産や取引単位、ツール面など多くの共通点を持ちます。

ただし、みんなのコインは「みんなのFX」のFX口座、LIGHT FXコインは「LIGHT FXコイン」のFX口座を開設してから利用するのですが、そちらのサービス内容にはいくつか違いがあります。

みんなのFXではFXの裁量取引に加え、シストレとバイナリーオプションも取り扱っています。取り扱いサービスの種類で選ぶなら同社がおすすめ。

みんなのコインでは高機能なスマホアプリを無料で利用可能です。移動平均線やMACD、RSIを用いたチャート分析、スピード注文にも対応。ポジション照会なども快適に使えます。

みんなのコイン 公式サイト

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループ(東証プライム上場)に所属する人気業者。

ビットコインを含む20種類以上の暗号資産を取り扱っており、その上で、販売所と取引所、暗号資産FX、つみたて暗号資産など複数のサービスを扱っているのが魅力です。

また、TradingViewチャート内蔵の高機能ツールに対応しているのもポイント。TradingViewチャート内蔵ツールは無料で利用できます。

スマホアプリはシンプルで扱いやすい設計となっており、多数の銘柄をサクサク取引可能。スマホアプリはチャート分析や資産管理に対応しているのはもちろん、各種アラートやウィジェット機能対応などのメリットも兼ね備えます。

GMOコイン 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です