【最新版】コインベース(COIN)の株式の買い方、購入方法まとめ!

コインベースの株式の買い方、購入方法まとめ!

この記事では、Coinbase(コインベース)の株式の買い方、購入方法を詳しく解説!コインベースは主要な仮想通貨取引所で初となるNASDAQ上場を果たした企業です。

コインベースの事業内容や株価、株式が購入できる証券会社などを解説していきます。コインベースへの投資をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

コインベースのCFD/現物取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
取引方法CFD現物/CFD
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

IG証券はコインベースの時間外取引に対応!

IG証券米国株式時間外取引

米国株式市場は日本時間の深夜(23:00~翌6:00)に開きます。リアルタイムで取引するには深夜帯に起きていなければいけません。

さらに、米国株の決算発表はほとんどが市場が開いていない時間帯に行われます。したがって、市場が開く前後のセッションで大半の取引が行われます。

IG証券ではこの点を考慮し主要米国株式70銘柄以上で時間外取引(日本時間の18:00~)が可能。コインベースも対象銘柄です。

プレマーケットだけでなくアフターマーケット(翌6:00~10:00)での取引にも対応。取引時間を気にされる方はIG証券が要チェック!

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券

Coinbase(コインベース)について

コインベースは米国最大規模の仮想通貨取引所を運営している企業です。世界100カ国以上、5600万人以上のユーザーを抱えており、7000以上の機関投資家がコインベースを利用しています。

預かり資産は2230億ドル、四半期ごとの取引量は3350億ドルにものぼります。そんなコインベースの特徴は「銀行当局も信頼するセキュリティーの高さ」にあります。

預かり資産の98%はオフラインで管理

コインベースは顧客の預かり資産の98%をオフラインのコールドストレージで保管しています。インターネットから完全に切断された暗号化ドライブと紙のバックアップで世界中の貸金庫に分散して保管する方式を採用。

物理的に保管しているためオンラインでコインベースの預かり資産にアクセスすることはできません。創業から一度もハッカーによる攻撃で顧客の預かり資産が流出したことがないのがコインベースの強みです。

残りの2%はオンラインのホットストレージで保管されていますが、この2%には保険がかけられています。コインベースの物理的セキュリティ、サイバーセキュリティが攻撃を受け損害が発生した場合、1人あたり25万ドル(日本円で約2700万円)まで保証が受けられます。

安全性の高い保管体制、万が一の保険による保証がコインベースの大きなメリットです。こうした点から、世界中の個人投資家を中心に仮想通貨の保管、送金、売買などに利用されています。

仮想通貨取引以外にも幅広いサービスを提供

コインベースは個人投資家向けの仮想通貨取引以外にもさまざまなサービスを提供しています。

個人向けには仮想通貨のウォレットサービス、デジタルアートの保管、仮想通貨の送受信を提供。「Coinbaseカード」というVISAと提携したキャッシュカードを作成すれば、コインベースアカウントの残高に応じて店舗での決済、ATMからの引き出しが可能です。

資産運用会社、ヘッジファンドなどの機関投資家向けには仮想通貨資産の保管、管理業務(カストディー)も行っています。顧客の預かり資産は「Coinbase Custody」というコインベースから独立した資本で運営されている事業として管理されています。

さらに、仮想通貨、トークンの発行・配布やeコマース向けの仮想通貨決済、請求書発行といったサービスまで提供。開発者向けには、仮想通貨トレーディングAPIを公開しており、オリジナルのトレーディングプラットフォームの作成もサポートしています。

コインベースの株価、業績

コインベース

2021年4月14日、コインベースは米国NASDAQ市場に上場し時価総額が一時、1120億ドル(約12兆2000億円)を超えました。初値は381ドルとナスダックの参考価格250ドルを大幅に上回る価格に。

上場に先駆けて発表された2021年1-3期の四半期決算発表では売上高18億ドル、純利益は約7.3~8億ドル、アクティブユーザー数は前四半期の280万人から610万人にまで増えています。

ビットコインETFの登場には要注意

コインベースは非常に好調な業績とともに、株価も当初の参考価格よりも大幅に高い水準で取引されています。

最新決算では「2021年も暗号資産クラスへの機関投資家の関心が高まっていることを考慮すれば、今後さらに取引と保管による収益に牽引され有意義な成長が見込まれる」と発表。

もっとも、注意したいのは「ビットコインETF」の存在です。現状でコインベースの収益源はビットコインの売買手数料に大きく依存しています。ここに同社よりも手数料の安いビットコインETFが登場した場合、コインベースを通した取引量が減少する懸念があります。

コインベースはサービスの多角化を進めていますが、収益構造を変化させるだけの利益を生み出せるのか、ビットコインETFにどう対抗するのかに注目が集まります。

コインベース株の買い方、購入方法

Sea・テクノロジーズへの投資方法

コインベースは米国のNASDAQに上場している米国企業です。国内では、SBI証券楽天証券マネックス証券などでコインベースの現物株式の取り扱いがあります。

コインベースは仮想通貨取引業者ですが、通常の米国株式と同様に売買が可能です。米国株式は日本株式と違い、1株単位から購入できます。

ティッカーは【COIN】なので、上記いずれかの証券会社で口座開設を行い、資金を入金、銘柄検索でCOINを入力すればコインベースの取引画面が開きます。あとは、注文数量と執行条件を選択すればコインベースの現物株式が購入可能です。

コインベース株の買い方:【CFD取引】

Sea株式の買い方:【CFD取引】

現物株式以外にも、CFD取引でコインベース株に投資する方法もあります。CFD取引とは「差金決済取引」のことで、株式の信用取引と同じような取引方法です。株式CFDでは現物株式をやり取りせず、売買差益のみをやり取りします。

空売り(売りから取引に入る)ができるのもCFD取引の大きな魅力です。CFD取引については別記事でも詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

国内では、IG証券サクソバンク証券がコインベースのCFD取引に対応しています。

以下では、コインベース株のCFD、現物取引に対応した国内証券会社を比較表にてまとめています。業者選びの際にご活用ください。

コインベースのCFD/現物取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
取引方法CFD現物/CFD
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

コインベースの現物取引対応業者一覧表

業者名取引手数料注文種類取引単位取引時間公式サイト
[SBI証券]【SBI証券】0.495%3種類1株23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]【楽天証券】0.495%2種類1株23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]【マネックス証券】0.495%8種類1株22:00-10:00[マネックス証券>詳細]

※SBI証券、楽天証券、マネックス証券の取引手数料は約定代金の0.495%になります。。
※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※DMM 株では円のみでの取引となります。米ドルの預け入れ、払い出しは行っていません。為替手数料として1ドルあたり25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。また、2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です