GMMA(ガンマ)チャートがPC・スマホアプリで使えるFX会社特集!

ガンマ

トレンドの強弱や転換点を見極めるのに有効なテクニカル指標「GMMA(ガンマ)チャート」。国内には約50社以上のFX会社がありますが、GMMA(ガンマ)チャートが使えるFX会社は貴重です。

そこで今回は、GMMA(ガンマ)チャートが使えるFX会社をピックアップでご紹介。各社のツールの解説やスマホアプリに対応しているかも紹介しています。ガンマチャートが使える業者をお探しの方はぜひご活用ください。

GMMAチャートが使えるFX会社一覧表

FX会社 通貨ペア スマホ対応 特徴 公式サイト
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO 20種類 安定した約定力
便利なスマホアプリ
充実のマーケット情報
[FXプライムbyGMO>詳細]
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 50種類 最狭水準スプレッド
注文方式が27種類
キャンペーン豊富
[ヒロセ通商>詳細]
[外為どっとコム]外為どっとコム 20種類 外為情報ナビが便利
初心者にも使いやすいツール
キャッシュバックがお得
[外為どっとコム>詳細]
[岡三オンライン証券]岡三オンライン証券 20種類 総合力が高い
約定力に定評
豊富なマーケット情報
[岡三オンライン証券>詳細]
[JFX]JFX 24種類 スキャルピングOK
オリジナルインジ提供
狭いスプレッド
[JFX>詳細]
[dmm]DMM.com証券 20種類 × キャッシュバックがお得
洗練された取引ツール
狭いスプレッド
[DMM>詳細]

GMMAチャートが使えるFX会社を詳しく解説!

FXプライムbyGMO

ガンマ

通信業界では知らない人はいないというほどの知名度を誇っているGMOグループ。そのGMOグループが運営しているFX会社が「FXプライムbyGMO」です。FXプライムbyGMOのチャートツール「プライムチャート」でGMMAチャートが表示できます。

ガンマ

プライムチャートはブラウザタイプのチャートツールで、業界最高水準の54種類のテクニカル指標を搭載している高機能ツール。ブラウザタイプのチャートツールでここまでのテクニカル指標を標準搭載しているのはかなり貴重。

プライムチャートで表示できるGMMAチャートは各EMAの価格が画面左上の詳細で表示されるため、1本1本のレートを確認することが可能。視覚的にも見やすく使いやすいGMMAチャートが表示できます。プライムチャートはスマホでも表示できるので、スマホからでもGMMAチャートを確認可能。

さらに、1クリックで注文が完結する「ハイスピード注文」にも対応。別タブで注文画面を開くことができるので、非常に便利です。FXプライムbyGMOはスキャルピング公認のFX会社。GMMAチャートで掴んだ取引チャンスもハイスピード注文があれば逃すことはありません。

FXプライムbyGMO 公式サイト

ヒロセ通商

ガンマ

取引ツールが非常に充実しているのが「ヒロセ通商」です。各ツールは常にバージョンアップが施され進化を続けており、トレーダーからの要望も採用されると、すぐに実装される開発速度が魅力的。

そんなヒロセ通商の取引ツール「LIONチャート」「.NET4」「LIONチャートPlus+」でGMMAチャートが表示可能です。特に、LIONャートPlus+はテクニカル指標30種類、トレンドライン8種類を搭載。WEBブラウザ版なのでネットに繋がる環境さえあれば端末を選びません。

ガンマ

もちろん、スマホアプリにも対応しておりiPhoneやAndroidでもGMMAチャートを表示させることが可能。ヒロセ通商はスマホアプリの開発にもこだわっており、高速クイック注文や画面分割機能、1画面にテクニカル指標(トレンド系)最大3種類、オシレータ系1種の計4種類を同時に表示できます。

ラインの描画機能も搭載しているので、GMMAチャートを表示させながら、レジスタンス・サポートラインの確認、トレンドラインの描画も可能です。

ヒロセ通商といえば、業界最狭水準のスプレッドに高水準のスワップポイント、27種類の注文方法にも対応、通貨ペアも50種類から選ぶことができる高スペックなサービスを提供しています。スキャルピングも公認しているので、気になる方は公式サイトを確認してみてください。

ヒロセ通商 公式サイト

岡三オンライン証券

ガンマ

岡三オンライン証券は株式や投資信託、先物、オプション取引、CFDなどを取り扱う総合オンライン証券会社です。岡三オンライン証券の店頭FXサービスで取り扱っている取引ツールでもGMMAチャートが表示可能。

ガンマ

岡三オンライン証券の取引ツールは「WEB版」と「インストール版」の2種類ですが、そのどちらでもガンマチャートが表示できます。岡三オンライン証券のGMMAチャートは「長期」「中期」「短期」のEMAを設定可能。細かくパラメーターを調整すれば、自分好みのGMMAチャートが作れます。

岡三オンライン証券はスマホアプリでもガンマを設定可能。スマホアプリは4分割画面に対応、ガンマチャートもしっかり表示させられます。ヒロセ通商やFXプライムbyGMOと違い、アプリに標準搭載されているので使いやすいのが特徴です。

さらに、株式や先物を取り扱っている総合証券会社である同社の強みを生かした最新のマーケット情報は要チェック。岡三オリジナル投資情報やFX投資情報局、最新為替ニュースとレポートなど、マーケット情報が非常に充実しています。

岡三オンライン証券 公式サイト

JFX

ガンマ

JFXは元カリスマトレーダー「小林芳彦氏」が代表を務めるFX会社。業界最狭水準のスプレッドと高スペックな取引ツール「MATRIX TRADER」が魅力的で、同ツールにてGMMAチャートが表示可能です。

ガンマ

各EMAの細かなパラメーター調整はもちろん、線の種類や色も細かく指定できます。MATRIX TRADERは安定した約定力も魅力的、最速0.001秒の高速約定と約定率99%を誇ります(※)。

JFXは注文機能にもこだわっています。ワンクリックで新規注文と決済注文が同時にできる機能や、通貨ペアごとの全決済注文、ワンクリックドテン注文など便利な機能が満載。

さらに、スキャルピングを公認しているので安心して短期トレードもできます。1日の取引数量に上限もないので大口スキャルパーの方でも問題ありません。時期に応じてキャッシュバックやスプレッド縮小、食品プレゼントのキャンペーンも行っているので要チェック。

※MATRIX TRADERのストリーミング注文(許容スリップ1銭)を対象にした矢野経済研究所調査(2018年8月6日~8日調査)時点

JFX 公式サイト

DMM FX

ガンマ

FX国内口座開設数No.1(※1)を誇るのが「DMM FX」です。その数なんと70万口座以上(※2)、選ばれる理由は何といっても「スタイリッシュで初心者でも使いやすいツール」にあります。

PCツールはシンプルなUIで直感的に操作可能な「DMMFX STANDARD」と取引スタイルに応じたレイアウトが可能な「DMMFX PLUS」の2種類。ガンマは「DMMFX PLUS」に搭載されている「プレミアチャート」で表示させることができます。

※1 2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)
※2 2019年1月15日時点。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値。

ガンマ

プレミアチャートはGMMAチャート以外にも29種類のテクニカル指標を標準搭載、スーパーボリンジャーやスパンモデルも表示可能。各種パラメーター設定やカラー変更、レイアウトの設定が自由自在です。

オシレーター系のテクニカル指標にトレンドラインを引くこともできるのでトレードの幅が広がります。もちろん、画面分割にも対応、日経225やNYダウ、金・原油などのチャートをドル円のチャートに重ねて表示する比較チャートも可能です。

高機能でありながら初心者でも扱いやすい取引ツールがDMM FXの大きな魅力。スマホアプリもスタイリッシュでかなり使いやすいですが、スマホではGMMAチャートは表示できないので、その点はご留意を。

DMM FX 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です