暗号通貨技能検定初級に合格しました

暗号通貨技能検定初級を受験してきました。そのレポートをしたいと思います。

講義の様子

暗号通貨技能検定初級会場

講義が5時間ほどあり、その後30分程度の試験があります。試験は選択問題が多かったように思えます。講義で出てきたことが結構出題されます。講義で先生がおっしゃったことは必ず覚えた方がいいです。専門的な用語や数字も出てくるので、テキストをしっかりと勉強して覚えないと合格は厳しいでしょう。

全てが終了後、私のときは懇親会がありました。いろいろと交流ができて楽しかったです。

合否はウォレットで

合否判定はビットコインキャッシュで送られてくる数値で分かります。
0.0002(点数)・・・合格
0.0001(点数)・・・不合格

実際に送られてきたビットコインキャッシュです。

ビットコイン Cash

0.0002なので合格。次の数字が88なので88点だったことになります。80点以上が合格なので、ちょっと危なかったかなと思います。

ビットコインキャッシュを受け取るためにはウォレットが必要になります。販売所/取引所で口座開設していれば既にお持ちのはずです。仮想通貨をお持ちでなければ、試験終了後にウォレットを作る方法などを教えてもらい、実際にその場でウォレットを作ります。私はbitFlyerで口座開設していたので、bitFlyerでのウォレットを持ってました。後日アドレスを指定されたページに入力して送りました。結果は4,5日程度でウォレットに送られてきます。

合格証

試験の約2週間後、届いた合格証はこちら。

暗号通貨技能検定 初級合格証

右下に固有番号が刻印されてます。財布に入れられるサイズです。

合格した感想とこれから

私自身が暗号通貨についてどこまで知っているのかを確認する検定でもあるのですが、仮想通貨について知らない人にいかに教えるのか、これを講義で学んだように思えます。電子著名やハッシュ関数の説明などなかなか難しいと思います。それを例えを用いて分かりやすく説明する方法がよかったです。暗号通貨に対する正しい知識を広げていきたいと思うようになりました。

次は上級を目指していきます。そして「公認暗号通貨技能インストライター」または「公認暗号通貨技能コンサルタント」をめざします。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です