【本のレビュー】「億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書」の感想

億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書

億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書

こんな人におすすめ
  • 今までの仮想通貨の本に飽きてきた人
  • ポイン流の投資哲学を知りたい人
  • 情報収集するためのコツを得たい人

今回読んだ本は、ポイン氏著書『億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書』です。ポインさん(@poipoikunpoi)は仮想通貨投資家そしてブロガーです。たった1年100万円から億り人になったすごい人です。

題名が「仮想通貨1年生の教科書」となっていますが、仮想通貨とは何なのかが書かれている箇所はほぼなく、教科書といった堅苦しい内容ではないです。どちらかというと軽いタッチのネット系のノリといった感じでしょうか。それが嫌でなければいいのですが、きちんと学びたいということであれば別の本をおすすめします。

ポインさんの体験なので、全て参考になるというわけでは当然ありません。しかし今までにない有益な情報がこの本には載ってあり、非常に参考になります。1年生の教科書というのも間違いではないと思います。

取引所口座の開設方法としてbitFlyerでの開設を紹介されてました。

詳しくはbitFlyer公式サイトへbitFlyer

書籍の見所をピックアップ

1. ポイン流・10の黄金ルール

第1章はどうしてビットコインやアルトコインを買ったのかという理由でした。そして第2章から初心者でもすぐにできる実践テクニックとなります。

特に黄金ルール⑤は、

仮想通貨の価値は「価格」で判断しない

ということでした。時価総額を見るのがいかに大事かが書かれてあります。有望なアルトコインなのに時価総額が100位にも入っていないなら値上がりするかもしれないという判断基準を使いたいです。

その情報はどうやって得られるのか。具体的に「コインマーケットキャップ」を使って知ることができ、その方法が詳しくこの本に書かれてあります。

2. 最強のトレンド活用術

仮想通貨のトレンドを読み解くヒントとして「ビットコインドミナンス」(ビットコイン支配率)に注目されてます。これもコインマーケットキャップで見ることができます。

そして私がこの本が素晴らしいと思うのがICO投資における着眼点です。どこを見れば詐欺にひっかからないのか、実際にICOに投資をしようと思ったときに非常に参考になります。これで絶対とは言い切れませんが、失敗する確率は減ると思います。

ICOに投資するときに重要視するのがホワイトペーパーです。それを読む解くためのポイントとして5つ上げてます。これは非常に大事です。ここはぜひICO投資をするのであれば知っておくべきです。

3. 情報収集術

第5章にこう書いてあります。

情報を制する者は仮想通貨を制する

億り人になるには、いかに早く正しい情報を得られるかではないでしょうか。

第5章にはポイン流情報収集術が具体的に載ってます。ツイッター、ブログ、ポータルサイト、などなど、本当に役立つ情報ばかりです。今は仮想通貨の情報が溢れかえっています。どの情報を見ればいちばん近道なのか、それがきちんとまとまっています。

仮想通貨に関する本がたくさん出版されていますが、仮想通貨を投資として考え、どうやればいいのかが具体的に書いてある本はなかなかありません。そう言った意味で非常に貴重な本だと思います。たしかにポインさんにしかできないこともあるかもしれませんし、再現性がないこともあるでしょう。もう既出で古い情報もあるでしょう。それでもこれだけ開示して書籍にしたということを大きく評価したいです。参考になることはきっとあるはずです。あとは自分でいかに落とし込んで解釈をして、実践に移せるのか。そこは自分の自己責任の範囲です。億り人になりたいと本気で思っている人に読んでほしいです。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です