FXスマホアプリでプッシュ通知・アラートならFXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」

FXプライムbyGMO(スマホ)

スマホでFXのトレードをすることが当たり前になった今、各FX会社はしのぎを削って自社アプリを開発しています。その中でも、スマホならではのアラートやプッシュ機能が魅力的なのがFXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」です。

この記事では、便利なプッシュ通知・アラート機能を搭載したFXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」を徹底特集。アプリの特徴や他社FXアプリとの比較、詳しい使い方、設定方法まで解説していきます。FXのスマホアプリ選びの参考にしてみてくださいね。

Check!!

高スペックなスマホアプリなら「PRIMEアプリS」が要チェック!

FXプライムbyGMO(スマホ)

FXプライムbyGMOが開発しているFXアプリ「PRIMEアプリS」はかなり秀逸なスマホアプリです。プッシュ通知・アラート機能はレート到達・ボラティリティ通知・経済指標の3つに対応、ハイスピード注文による連続発注や未来予測ツールも標準搭載。

テクニカル指標は充実の17種類、最大4画面分割に対応しレイアウトの変更や各種設定も簡単。6種類のカラーパターンが事前に用意されているので、好みのデザインに変更することもラクラク。自動ログイン機能や取引履歴・評価損益の確認、入出金機能も搭載されているので非常に便利です。PCツールに引けを取らない高スペックなFXアプリに仕上がっています。

→詳しくはFXプライムbyGMOへFXプライムbyGMO 公式サイト

FXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」の特徴

プッシュ通知機能対応!アラートは3種類!

レート通知

FXプライムbyGMO(スマホ)

FXプライムbyGMOのスマホアプリ「PRIMEアプリS」では、指定したレートに到達したときにスマホにプッシュ通知をしてくれる「レート通知」機能があります。レート通知機能では、現在レートに対して、アラームを鳴らしたいレートを事前に設定。「〇〇以上」「〇〇以下」と選択するだけなので非常に簡単です。

FXプライムbyGMOの取扱い通貨全20種類に対応、最大30件までプッシュ通知を受け取ることができます。スマホに通知されたアラートをタップすれば、そのまま発注画面に遷移、ハイスピード注文が自動的に起動するので即時注文も可能。

1つの通貨ペアに対して複数のアラームを設定することもできるので、使い方は自由自在。簡単なメモを残したり、重要なレートで繰り返し鳴らしたりする機能も搭載しています。

レート変動幅通知

FXプライムbyGMO(スマホ)

FXプライムbyGMOのスマホアプリは、レート変動幅通知(ボラティリティ通知)にも対応。一定時間の間で、指定した値幅の値動きがあった場合にスマホに通知してくれる機能です。ボラティリティの感知時間は「1分間・10分間・30分間」の3種類。

スキャルピングなどの短期売買をする方は感知時間を1分に、デイトレードやある程度広い値幅を設定している人は30分間がオススメ。短い時間の方がチャンスを逃しにくくなりますが、通知が頻繁に来ても面倒なので、自分の取引スタイルに合わせた感知時間を設定してくださいね。

経済指標通知

FXプライムbyGMO(スマホ)

FXプライムbyGMOのスマホアプリ「PRIMEアプリS」の経済指標通知は、重要度に応じた通知の設定が可能。経済指標といっても、相場に大きな影響を与える指標とそうでない指標があります。さらに、自分がチェックしておきたい指標などもあるかと思います。

経済指標の重要度は3段階、主要10ヵ国の指標に対応しています。経済指標は一覧で並べられており、重要度毎に星マークが付いているので重要度が一目瞭然。通知時間は「5分・15分・30分」の3つから選択できます。

経済指標後の値動きを狙う人や、重要指標前はトレードしない人も、PRIMEアプリSのプッシュ通知を活用すれば余裕をもって相場に備えることができます。

ハイスピード注文でサクサク連続発注!

FXプライムbyGMO(スマホ)

FXプライムbyGMOのスマホアプリの大きな魅力の1つが「発注後の待ち時間がないハイスピード注文」です。スピード注文機能を搭載したFXアプリはたくさんありますが、数秒のラグがあるのが通常。この点、PRIMEアプリSでは、発注後のラグが無くすぐに次の注文が可能です。

特に、スキャルピングなどの短期売買をする人にとって、注文がすぐに通るかどうかは重要なポイント。FXプライムbyGMOはスキャルピングを公認しているFX会社なので、思う存分、スマホでもスキャルピングができます。

レート通知やボラティリティ通知と組み合わせれば、取引したいチャンスを逃すことなく、ハイスピード注文が可能。スマホを横にすればチャートと注文ボタンが同時に表示されるため、一瞬のタイミングを狙って連続発注もかけることもできます。1タップでドテン注文も可能なので、非常に便利。

17種類のテクニカル指標と最大4画面分割に対応!

FXプライムbyGMO(スマホ)FXプライムbyGMOのスマホアプリは充実の17種類のテクニカル指標を標準搭載。RSI、一目均衡表、ボリンジャーバンドなど主要なテクニカル指標は初期搭載されています。さらに、エンベロープやフィボナッチ、ストキャスティックスなどの人気テクニカル指標も利用可能。

画面分割は最大4画面にまで対応しており、それぞれ個別にテクニカル指標が設定できるのも嬉しいポイント。複数の通貨ペアを並べて相関を見比べたり、1つの通貨ペアで別の時間軸を表示させ、マルチタイムフレームで分析したりと本格的なチャート分析も可能。

FXプライムbyGMOのスマホアプリはプッシュ通知だけでなく、全体的なスペックが高い優秀なFXアプリです。細かなところまで気が配られているため、使い勝手が良く、直感的に操作できるのが大きな魅力ですね。

→詳しくはFXプライムbyGMOへFXプライムbyGMO 公式サイト

FXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」の基本スペック

テクニカル指標 注文方法 描画ツール
平均足・P&F・移動平均・指数平滑移動平均・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラボリック・エンベロープ・フィボナッチ・RSI・ストキャスティクス・DMI・RCI・モメンタム・ROC・MACD・%Rオシレーター 新規・決済注文
ハイスピード注文
(新規・決済注文、ドテン注文、通貨別全決済)
トレンドライン
トレンドライン描画・保存
フィボナッチ自動描画
足種(時間足) プッシュ通知 便利機能
13種類(ティック、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足) レート通知
レート変動幅通知
経済指標通知
(各通知、30件まで設定可能)
最大4画面分割
6種類のカラーパターン
横画面チャート
平均足上にテクニカル表示

FXプライムbyGMOのスマホアプリ「PRIMEアプリS」の基本スペックは上記のとおり。特に、トレンドラインが他のFXアプリよりも引きやすいですね。1タップでトレンドラインの描画ツールをONにして、後は任意の場所に指をスライドさせるだけ。

FXプライムbyGMO(スマホ)

手元を拡大する虫眼鏡や近くの高値安値に引っ付くマグネット機能はありませんが、シンプルが故に慣れるとかなり使いやすい。間違えたラインは消しゴムアイコンをタップすればすぐに削除可能。こうした機能性と使い勝手の良さがFXプライムbyGMOのスマホアプリの特徴ですね。

→詳しくはFXプライムbyGMOへFXプライムbyGMO 公式サイト

FXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」と他社FXスマホアプリのスペック比較

これまで、FXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」の特徴や機能を紹介してきましたが、次はプッシュ通知・アラート機能について他社のFXアプリと比較しています。アラーム機能に対応したFXアプリを選ぶ際にご活用ください。

FXスマホアプリ レート通知 相場変動通知 経済指標通知 シグナル通知 プッシュ通知 公式サイト
[FXプライムbyGMO]
FXプライムbyGMO
事前通知 × 対応 [FXプライムbyGMO>詳細]
[gmoclick]
GMOクリック証券
× 事前通知 × × [GMOクリック証券>詳細]
[ig]
IG証券
× 事前通知 対応 [IG証券>詳細]
[DMMFX]
DMM FX
× 事前通知 × 対応 [OANDA Japan>詳細]
[OANDA Japan]
OANDA Japan
× オートチャーティスト通知 [OANDA Japan>詳細]

FXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」はレート通知・相場変動通知・経済指標通知の3種類に対応。この3つに対応しているFXアプリがそもそも貴重です。さらに、経済指標は事前通知でお知らせ、各アラートがプッシュ通知に対応しているため、スマホで簡単に確認できます。

また、表中の相場変動通知(ボラティリティ通知)ではOANDA(オアンダ)が対応していますが、オアンダでは変動幅(値幅)の指定ができません。相場が動いたときにオアンダから通知が来るだけで、自分から値幅を設定できるわけではありません。この点、PRIMEアプリSでは自由に値幅(pips)を指定可能、全体的なスペックが高いのが魅力的ですね。

FXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」のアラート設定の手順

ここでは、具体的にFXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」でアラートを設定する手順・方法を解説していきます。1度分かってしまえば、誰でも簡単に設定できるので参考にしてみてくださいね。

アプリにログインする

FXプライムbyGMO(スマホ)

PRIMEアプリSでアラートを設定するには、まずFXプライムbyGMOで口座開設をし、アプリにログインする必要があります。ログインしていない状態でも、1つまでならアラートが設定できますが、本格的に活用するのであれば口座開設を行っておきましょう。

【PRIMEアプリSのメニュー】⇒【プッシュ通知】⇒【画面下部、新規登録】⇒【アプリにログイン】と進むと、プッシュ通知の設定画面に移ります。

プッシュ通知を設定する

FXプライムbyGMO(スマホ)

プッシュ通知の設定画面では、通貨ペア・売りor買い・通知設定レート・アラートの種類を設定します。通知の種類は画面上部のタブで切り替え可能。

レート通知であれば、【通知設定レートに到達指定レートを入力】⇒【以上or以下を選択】⇒【保存】でアラームの設定ができます。繰り返し設定をONにすれば、指定レートに到達するたびにプッシュ通知が届きます。

通知を受け取る

FXプライムbyGMO(スマホ)

設定したアラートにレートが到達したり、値動きがあった場合、スマホに通知が表示されます。iPhoneであれば、ロック画面・通知センター・バナーの3つに表示可能。通知を受け取るには設定から「アプリの通知をON」に設定しておく必要があるので注意しましょう。

FXプライムbyGMO(スマホ)

通知設定を変更・削除する

FXプライムbyGMO(スマホ)

1度設定したアラートは設定の変更、削除が可能です。【PRIMEアプリSのメニュー】⇒【プッシュ通知】⇒【設定したアラートをタップ】⇒【レートの変更】or【画面左下「削除」をタップ】で変更・削除ができます。

プッシュ通知・アラート機能で選ぶならFXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」

FXプライムbyGMO(スマホ)

国内のFX会社は50社以上ありますが、各社ともにスマホアプリに力を注いでいます。その中でもプッシュ通知・アラート機能に力を入れているのがFXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」です。

プッシュ通知でレート通知・ボラティリティ通知・経済指標通知の3種類に対応、ハイスピード注文や豊富なテクニカル指標、最大4画面分割のレイアウトなど魅力的なポイントがたくさんあります。「便利なプッシュ通知のFXアプリを探している」という方は、FXプライムbyGMOの「PRIMEアプリS」が要チェック!

FXプライムbyGMO 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です