MT4対応FX業者の口座開設のやり方を徹底解説!必要書類や日数などを紹介

MT4対応業者の口座開設のやり方を徹底解説!

ここでは、MT4対応の国内FX業者について、口座開設の方法を解説しています。口座開設手続きに必要な日数や、本人確認書類の送付方法などを紹介。

また、MT4対応の国内FX業者として人気のゴールデンウェイ・ジャパンに関しては、口座開設の手順を画像付きでじっくり解説しています。

MT4対応業者の口座開設について知りたい方、MT4業者での口座開設を検討されている方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、MT4対応業者のスペックや特徴を比較したい!という方のために、各社を徹底比較しているページも用意しています。そちらも併せて業者選びにご活用ください。

掲載コンテンツ

MT4対応業者の口座開設手順 一覧比較

(※:「口座開設の必要日数」は、口座開設手続き開始から取引が可能になるまでの必要日数を記載しています)

FX業者口座開設・取引手数料口座開設の必要日数本人確認書類の送付方法業者の特徴公式サイト
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン無料最短翌日アップロード、メール、郵送・オリジナルインジ40種類以上
・初心者向けアプリ提供
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[楽天証券]楽天証券(※1)無料最短2営業日アップロード・大手ネット証券
・楽天FXと併用可能
[楽天証券>詳細]
[OANDA Japan]OANDA Japan無料最短翌日オンライン本人確認、アップロード、郵送・MT5も対応
・CFD口座も対応
[OANDA Japan>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com無料最短翌日アップロード、メール、郵送、FAX・EAホスティング無料
・ノックアウト対応口座も
[FOREX.com>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券無料(※2)最短5営業日ほどアップロード、郵送・プロ向けプラン用意
・スキャルピング公認(※3)
[サクソバンク証券>詳細]
[外為ファイネスト]外為ファイネスト無料最短翌日アップロード、メール、郵送、FAX・複数口座の開設可能
・スキャルピング公認
[外為ファイネスト>詳細]
[EZインベスト証券]EZインベスト証券無料最短2営業日ほどメール、郵送・CFD銘柄も取引可能
・スキャルピング公認
[EZインベスト証券>詳細]
[FOREX EXCHANGE]FOREX EXCHANGE無料最短2営業日ほどアップロード、メール、郵送、FAX・DMA方式
・有料EAを自由に利用可能
[FOREX EXCHANGE>詳細]
[JFX]JFX(※4)無料最短即日オンライン本人確認、アップロード、メール、郵送、FAX・オリジナルインジ提供
・スキャルピング公認
[JFX>詳細]
[YJFX!]YJFX!(※4)無料最短即日オンライン本人確認、アップロード、郵送・ヤフーグループのFX
・取引に応じてPayPay貰える
[YJFX!>詳細]

(※1:楽天証券には総合口座とFX専用口座があり、ここではFX専用口座の情報を記載しています。また、FX専用口座ではスマホアプリからマイナンバーの提出が必要となります。スマートフォンをお持ちでない場合は総合口座をお申し込みください)
(※2:サクソバンク証券にはDirectプランとPrimeプランがあり、Directの利用料は無料ですがPrimeは月額70万円(初月のみ無料)の利用料が必要となります)
(※3:スキャルピングを公認しているのはPrimeプラン)
(※4:JFXとYJFX!のMT4は分析専用ツールであり、発注機能には対応していません。上記表に記載しているのは一部を除き発注可能なFXサービスにおける情報です)

「オンライン本人確認」について

FX口座の開設には本人確認書類・マイナンバー確認書類の提出が必須。提出方法は業者によって異なるのですが、概ねWEBアップロードや郵送といった方法で提出することになります。

ですが、上記表を見ていただければ分かるように、OANDAとJFX、YJFX!は「オンライン本人確認」という手段に対応しています。

これはWEBアップロードに似ているのですが、オンライン上で本人確認書類を撮影し、それと同時に口座開設者の顔写真も撮影するというもの。下記画像はJFX公式サイトから抜粋した資料です。

スマホで本人確認
JFX公式サイトより

アップロードや郵送などで本人確認書類・マイナンバー確認書類をFX業者に送る場合だと、ログインIDや初期パスワードなどが記載された書類が郵送で送られ、それを受け取る必要があります。そのため、郵送期間が必要になるので、どうしても取引開始まである程度の時間がかかることに。

それに対して「オンライン本人確認」では、郵送によるログインIDや初期パスワードの受け取りが不要になり、これらの情報をメールで受信することが可能になります。

「オンライン本人確認」なら郵送期間が不要となるので手続きが素早く行え、JFXとYJFX!なら最短で、手続きを開始したその日から取引を始められることになるのです。

※「オンライン本人確認」の注意点

「オンライン本人確認」の注意点としては、まず手続きにはスマートフォンが必要であること。スマホのカメラを使って本人確認書類・マイナンバー確認書類の提出と、顔写真の撮影を行いますので、スマホのご用意を。

また、JFXとYJFX!では提出できる書類のパターンが比較的多いのですが、OANDAの「オンライン本人確認」では本人確認に使える書類が3パターンに限られている点はご留意を。

OANDAの「オンライン本人確認」では、個人番号カード(裏表)1枚か、通知カード+運転免許証か、マイナンバー付き住民票+運転免許証のいずれかの提出のみ対応です。

各社口座開設の特徴・注意点

ここからは、口座開設に関して特徴のある業者や、注意しておきたい点についてお伝えしていきます。気になる業者があれば、ぜひ目を通してみてくださいね。

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

ゴールデンウェイ・ジャパンはFX業者の名称であり、FXサービスとして提供されているのは「FXTF MT4」となります。以前はバイナリーオプションも提供していましたが、現在ではFXTF MT4口座のみ取り扱っています。

ゴールデンウェイ・ジャパンのFXTF MT4は業界最狭水準のスプレッドや、40種類以上もあるオリジナルインジケーター・ツール(無料)などが魅力。インストールして利用する通常のMT4ツール以外にも、Mac対応のウェブ版MT4、初心者向けのFXTFアプリを提供しているといった特徴もあります。

ただし、ゴールデンウェイ・ジャパンではEAによる自動売買に対応していない点には注意が必要です。2020年5月2日9:00より前に口座開設された方であれば自動売買をご利用いただけますが、これから新規口座開設をされる方は非対応となりますので、ご留意を。

ゴールデンウェイ・ジャパンの口座開設の手順については、こちらで詳しく解説しています。そちらも参考にしてみてくださいね。

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

楽天証券(楽天MT4)

楽天MT4

楽天証券でMT4を利用する場合は、「楽天MT4口座」を開設する必要があります。ただし、MT4口座を開設する前に、まず「楽天FX口座」を開かなければなりません。通常のFX口座を開設した後に、MT4口座の開設手続きを行うという流れになります。

また、楽天証券には「総合口座」と「FX専用口座」が用意されています。楽天証券ではFX以外にも株式や債券など多彩な金融商品を取り扱っており、それらを取引されるのであれば「総合口座」の開設をおすすめします

→詳しくは楽天証券(総合口座)公式サイトへ楽天証券(総合口座)

FXのみ取引されるのであれば「FX専用口座」がおすすめ。FX専用の方が総合口座よりも早く口座開設の手続きを終えられます。ちなみに、FX専用口座を開いてから総合口座の開設を行うことも可能。

FX専用口座を開設する際に気をつけていただきたいのが、FX専用口座開設に際してのマイナンバー提出は、スマホアプリから行うということ。スマートフォンをお持ちでない場合は、総合口座をお申し込みください。

楽天証券 公式サイト

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)

OANDAには東京サーバーコース・ベーシックコース・プロコース、複数の取引コースが用意されています。ただし、口座開設時に選択できるのはベーシックコースかプロコースのみ。

東京サーバーコースに関しては、ベーシックかプロで口座開設を行った後に、マイページからコース設定を行う流れになります。ちなみに、OANDAではMT5も利用できるのですが、MT5に対応しているのは東京サーバーコースのみです。

また、FX口座開設時にOANDAのCFD口座も同時に申し込むことが可能。申し込む場合は、口座開設申込フォームに「CFD口座も一緒に申し込む」という項目がありますので、そちらにチェックを入れてください。

OANDA Japan 公式サイト

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

FOREX.comには「MT4口座」とは別に「FOREX.com口座」もあります。MT4を利用されるのであれば前者の口座開設を行いましょう。

「FOREX.com口座」では、TradingViewを搭載した高機能ツールを使えるほか、ノックアウト・オプションにも対応しています。MT4口座はノックアウト・オプションに対応していませんのでご注意を。

両方の口座を利用するのであれば、それぞれの口座開設申込が必要となります。

→詳しくはFOREX.com(ノックアウト対応口座)公式サイトへFOREX.com(ノックアウト)

FOREX.com(MT4口座) 公式サイト

サクソバンク証券

サクソバンク証券

サクソバンク証券でMT4を利用する場合は、まず通常口座を開設し、その後にMT4口座開設の手続きを行う流れになります。新規口座開設を行う際に、キャンペーンコード欄に「mt4」と入力しておけば、口座開設完了の約1週間後にサクソバンク証券から手続きの案内メールが届きます。

キャンペーンコード欄に「mt4」と入力しなかった場合でも、口座開設後にお問い合わせフォームに「MT4」および「お客様の口座番号」を記載して連絡を行えば、手続きを進められます。

また、サクソバンク証券のMT4には通常の「Directプラン」と、プロ向けの「Prime(DMA)プラン」が用意されています。前者は手数料無料(初回入金100万円の制限あり)ですが、後者は月額70万円(初月無料)の利用料が必要。

サクソバンク証券 公式サイト

EZインベスト証券

EZインベスト証券

EZインベスト証券では口座開設を行う際、4パターンある中から口座タイプを選択します。内訳は「FX口座(ミニコース:1,000通貨単位)」「FX口座(ハーフコース:5,000通貨単位)」「FX口座(スタンダードコース:10,000通貨単位)」「CFD口座」です。

3種類あるFX口座のコースはそれぞれ最小取引単位に加えて、スプレッドも異なります。スタンダードコースよりもハーフコース、ミニコースの方がスプレッドが広い設定。

また、口座開設完了後にマイページから取引コースの追加手続きが可能です。

EZインベスト証券 公式サイト

MT4対応業者 口座開設の手順を紹介

ここからは、ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)を例に挙げて、口座開設の手順を画像付きで解説していきます。FX業者の口座開設が初めての方、どのような手続きになるのか知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)の口座開設手順

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)

早速、ゴールデンウェイ・ジャパンのFXTF MT4口座の開設手順をご紹介します。ゴールデンウェイ・ジャパンは会社名であり、FXTF MT4はサービス名になります。ちなみに、以前まではFXトレード・フィナンシャルという社名で、サービス名の「FXTF」はその名残。

ゴールデンウェイ・ジャパンは国内のMT4対応業者としては人気度が高く、ただMT4を使えるだけでなく、40種類以上ものオリジナルインジケーターをすべて無料で使えたり、0.1銭原則固定(例外あり)をはじめとする業界最狭水準が魅力であったり、サポート体制が充実していたりするのが特徴的。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)の口座開設手順の概要は、上記のような流れとなります。では、口座開設申し込みの手順を説明していきます。

口座開設手続きを始めるには、ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトを開いて「口座開設はこちら」のボタンをクリックしてくださいね。

→詳しくはゴールデンウェイ・ジャパン公式サイトへゴールデンウェイ・ジャパン

【1】規約・約款等の確認

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトから「口座開設はこちら」ボタンをクリックすると、口座開設申込ページが表示されます。ページのトップに「お申込みの前に」として、口座開設には本人確認書類・マイナンバー確認書類が必要であること等が記載されています。

口座開設申込ページでは、まず規約・約款等をご確認ください。個人情報保護方針、取引報告書等の電子交付に関する同意書、取引説明書などが並んでいます。問題なければ、右の「同意します」にチェックを入れましょう。

FXTF MT4ではEAが使えません!

「お申込の前に」でも記載されていますが、これから新規口座開設を行われる方は、ゴールデンウェイ・ジャパンのFXTF MT4では自動売買プログラム(EA)をご利用いただけません。そのため、同社のMT4では裁量取引のみ利用可能となります。

ちなみに、発注機能に対応していないJFXとYJFX!でもEAを使った自動売買は非対応です。MT4で自動売買をされたい方は、この3社以外の業者をご利用ください。

【2】お客様の情報を入力

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

次に、口座開設を行うご自身の情報を入力していきます。お名前、性別、生年月日、ご住所、勤務先情報など必須項目を入力。メールアドレスのサブは任意で記入となっています。

住所は本人確認書類に記載されている現住所を登録してください。審査を通過できた後、この住所宛にユーザーIDと初期パスワードが記載されている簡易書留が郵送されます。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

こちらは「投資に関する事項のご確認」です。年収や金融資産の合計、取引経験の有無を登録していきます。

ゴールデンウェイ・ジャパンでは金融資産30万円未満の場合、口座開設ができませんのでご注意を。

【3】入力内容の確認

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

情報入力を終えて次に進むと、入力内容の確認画面が表示されます。問題なければ「次へ進む」を押してください。

FXTF MT4は現在「標準コース」のみ

情報入力の画面でも入力内容の確認画面でも、「お取引コース:標準コース」という表示が出ています。これを見ると、他の取引コースも選べるのかな?と思われるしれませんが、FXTF MT4では現在「標準コース」しか選ぶことができません。

以前まではストリーミングコースもあったのですが、2019年9月27日取引終了時間をもって同コースの新規申込受付は終了しています。

【4】本人確認書類・マイナンバー確認書類の提出

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

入力情報の確認を終えると、上記のような画面が表示されます。同時に、登録したメールアドレスに確認のメールが届きますので、そちらもご確認ください。

次に必要書類の提出を行います。提出書類とは「本人確認書類」と「マイナンバー確認書類」のことです。提出方法には「アップロード」「メール送信」「郵送」の3つがあります。「アップロード」であれば最短1営業日で口座開設が完了するのでおすすめ。

ここでは「アップロード」による必要書類の提出手順を解説していきます。まず、上記画像にも表示されている「アップロード画面を表示する」をクリックしてください。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

まず「マイナンバー確認書類」を提出します。マイナンバーを確認する書類としては、「個人番号カード」「マイナンバー通知カード」「マイナンバーが記載されている住民票の写し」のいずれかを利用できます。「ファイルを選択」をクリックして、該当する書類のアップロードを行いましょう。

提出書類の組み合わせ

マイナンバー確認書類・本人確認書類の組み合わせには、3つのパターンがあります。

  • [1]個人番号カード
  • [2]マイナンバー通知カード + 本人確認書類
  • [3]マイナンバー記載の住民票 + 本人確認書類(住民票以外)

[1]の場合は個人番号カードの裏と表を提出するだけでOK。[2]と[3]の場合は、マイナンバー確認書類とは別に本人確認書類を用意する必要があります。また、[2]の場合、顔写真ありの書類であれば1点のみで済みますが、顔写真なしの書類であれば2点必要になります。

[2][3]で利用できる本人確認書類・・・運転免許証、健康保険証(カード型・紙型)、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、印鑑登録証明書、住民票、パスポート

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

こちらは本人確認書類をアップロードする画面です。マイナンバー確認書類の場合と同様に、「ファイルを選択」ボタンをクリックして、該当するデータをアップロードしましょう。

【5】FX業者での口座開設審査

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

マイナンバー確認書類・本人確認書類のアップロードが完了すると、上記のような画面が表示されます。同時に、登録メールアドレスに「本人確認書類アップロード完了のお知らせ」というタイトルのメールが届きますのでご確認ください。

これからゴールデンウェイ・ジャパンでの口座開設審査が行われます。結果を待ちましょう。

【6】審査通貨〜口座情報が記載された書類の受け取り

ゴールデンウェイ・ジャパンでの審査に通過すると、ログインIDやパスワード等が記載された書類が転送不要の簡易書留で届けられます。ログインIDと初期パスワードが記載されていますので、これを使ってマイページにログインしましょう。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順
簡易書留で届く口座開設完了のお知らせ

【7】マイページへログイン

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトにアクセスし、マイページにログインしましょう。PCからでもスマホからでもアクセス可能です。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

こちらがログインIDとパスワードの入力画面です。最初のログインを行うと、まず初期パスワードから新パスワードへの変更を求められます。新パスワードの設定が完了すると、マイページ画面へ移行します(下記画像)。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

【8】クイック入金について

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

最後にクイック入金の手順について簡単にお伝えします。

クイック入金を行うには、まずマイページにある「入出金」ボタンをクリック。この操作はPCでもスマホでも実行可能です。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

次に表示される画面にて「クイック入金」を選択してください。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

次に金融機関を選択し、入金する金額を入力します。

クイック入金に対応している金融機関はFX業者によって異なっており、ゴールデンウェイ・ジャパンでは以下の金融機関に対応しています。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行

上記の金融機関の口座を持っていない場合は、対応口座を新たに開設するか、あるいは通常の銀行振込を利用しましょう。通常振込での振込先情報については、簡易書留で送られてきたID等が記載されていた書類か、マイページ等でご確認ください。

ゴールデンウェイ・ジャパン口座開設手順

クイック入金に成功すると、即座に入金が実行されます。資金が用意できましたら、いよいよ取引を始められます。

ゴールデンウェイ・ジャパンは通常のインストール型のMT4に加え、Mac環境でも利用できるMT4ウェブトレーダーもあり、もちろんスマホアプリでの取引も可能です。

ゴールデンウェイ・ジャパンのFXTFアプリ

さらに、ゴールデンウェイ・ジャパンのオリジナルツールである「FXTFアプリ」でも取引可能。「FXTFアプリ」は非常にシンプルな構造ですので、FX初心者の方におすすめ。

2020年11月30日まで限定!
FXTF MT4のキャンペーン

ゴールデンウェイ・ジャパンでは日本 No.1 最狭スプレッド挑戦計画の1周年を記念して、「総額1億円プレゼントキャンペーン」を開催中です。

新規口座開設の完了で2,000円、FXTFアプリ(FXTFオリジナル)で1取引を行えば3,000円、合計5,000円がもらえるキャンペーン。

キャンペーンは先着2万名様限定で、2020年11月30日まで開催しています。口座開設と1取引で5,000円がもらえるのは、かなり太っ腹なキャンペーン。ゴールデンウェイ・ジャパンでの口座開設を検討中の方は、この機会をお見逃しなく。

ゴールデンウェイ・ジャパン 公式サイト

MT4が使える国内のFX業者の口座開設について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここでは口座開設の情報を中心にお伝えしていますが、もし各社のスペックや特徴を比較したいということであれば、MT4対応業者の徹底比較ページも参考にしてみてくださいね。

また、当ページではゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF MT4)の口座開設手順を重点的に解説してきましたが、今後は他の業者の口座開設の流れや、口座開設に関するよくある質問なども紹介する予定です。

口座開設やその他のことに関して、リクエストなどあればアンケートからお教えください!

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です