SBI証券のFX(SBI FXα)特集!スプレッドからスキャルピングまで徹底解説!

SBI証券のFX(SBI FXα)徹底特集!

大手ネット証券会社として知名度・実績ともに抜群のSBI証券、そのSBI証券が提供しているFXサービスが「SBI FXα(アルファ)」です。この記事ではSBI証券のFXについて詳しくご紹介。

SBI FXαは大手ネット証券会社とは思えないほど狭いスプレッドと豊富な取扱銘柄が大きな魅力です。FX専業の会社と比べても遜色のないスペックを提供しています。

また、株式を担保に証拠金として充当できるFX株担保サービスは大手ネット証券ならでは。この記事ではそんなSBI証券のFXサービス「SBI FXα」について色んな角度から解説していきます。

→詳しくはSBI証券(SBI FXα)公式サイトへSBI証券(SBI FXα) 公式サイト

SBI証券のFX(SBI FXα)基本スペック

サービス名称 SBI FXα(アルファ)
通貨ペア 全28通貨ペア
スプレッド 米ドル円0.2銭(原則固定例外あり)
取引単位 1,000通貨単位
建玉上限 無制限(※)
1注文あたりの建玉制限 米ドル円:1注文あたり300万通貨
米ドル円以外:1注文あたり500万通貨
取引手数料 新規・決済共に無料
口座開設手数料 無料
取引コース ローレバレッジ1倍コース:約1倍
ローレバレッジ3倍コース:約3倍
ローレバレッジ5倍コース:約5倍
スタンダードコース:約10倍
ハイレバレッジ25コース:約25倍
取引ツール PC、スマホ
特徴 株券担保サービスで証拠金0円からFXが始められる!

※建玉上限は預託保証金の範囲内において無制限です。

SBI証券のFX(SBI FXα)の特徴!

FX口座数国内No.1!SBIグループで120万口座突破!

FX口座数国内No.1!SBIグループで120万口座突破!

国内にはFXサービスを提供している会社が50社以上ありますが、SBIグループはグループ全体でFX口座数が国内No.1の会社です。その総口座数はなんと120万口座以上、このうちSBI証券のFX口座は約7割を占めています。

SBIグループ全体の口座数とはいえ120万以上の口座開設があるというのは、それだけ多くのトレーダーから選ばれているという証拠。これだけの実績を積み上げているのは流石、SBI証券ですね。

SBI証券のFX(SBI FXα)

上記の画像はSBI証券の2020年3月期の決算概況の資料ですが、他の大手ネット証券会社と比較してもFX売買代金が多いのが一目瞭然です。

FX専業会社だけでなく、競合のネット証券と比較してもSBI証券のFXサービスが多くの人に選ばれているのが分かります。そして、売買代金が多いということは実際にトレードされているという証拠。

やはり長年に渡って総合的な金融サービスを提供してきた実績と知名度の高さがSBI証券のFXの大きな魅力です。

※2019年4月末時点 矢野経済研究所調べ(有力FX企業16社の月間データランキング)
※SBIグループ(SBIグループはSBI証券、住信SBIネット銀行、SBI FXトレード3社の店頭取引の合算値)のうち、約7割がSBI証券のFX口座
※FX売買代金と収益推移は株式会社SBI証券2020年3月期第3四半期決算概況を参照

FX専業会社にも負けない最狭水準のスプレッド!

FX専業会社にも負けない最狭水準のスプレッド!

SBI証券のFX(SBI FXα)は大手ネット証券とは思えないほど狭いスプレッドを配信しています。米ドル円は0.2銭の原則固定制を採用(例外あり)、その他の主要通貨ペアでもFX専業の会社に負けない水準のスプレッドです。

SBI証券はFX以外にも国内外株式や投資信託、債権といった金融商品を総合的に取扱いしている会社。CFD取引や金・銀・プラチナなどの商品銘柄にも対応、NISAやiDeCoなども取扱いしています。

SBI証券の総合口座を開設しているだけでこれらの金融商品に総合的に投資できるのがSBI証券の大きなメリット。それでいて、FX取引はFX業界でも最狭水準のスプレッドを配信しているというハイスペックさです。

「FX以外にも株式や債券にも投資してみたい」「株式はやっているけどFXも挑戦してみたい」という方にとってSBI証券のFXサービスは最適です。

使いやすさにこだわったFXスマホアプリ!

使いやすさにこだわったFXスマホアプリ!

SBI FXαでは取引ツールにもこだわりを見せています。特に、スマホアプリは要チェック。最短ワンタップで新規・決済・ドテン・全決済の注文ができるスピード注文機能を標準搭載、14種類のテクニカル指標とトレンドラインの描画機能も搭載している高機能FXアプリです。

画面分割は最大4画面に対応、縦横どちらでもチャート画面と注文画面を表示できるのでチャートを見ながらの注文もスムーズ。1つのチャートに最大5つ(トレンド系3種、オシレーター系2種)の多重分析チャートも表示可能です。

また、スマホアプリでは非常に珍しい2通貨ペアの比較チャート機能も搭載されています。異なる2つの通貨ペアを重ねて比較させることで、通貨ペア同士の相関関係の分析も可能。

FXアプリを始めて使う方でも迷わず直感的に操作できる使い勝手の良さも兼ね備えているので、FX初心者の方でも安心して使えます。高い機能性と操作性の良さが両立した秀逸なスマホアプリです。「よくスマホで取引をする」「始めてFXアプリを使う」という方はSBI FXαのスマホツールがイチオシ!

→詳しくはSBI証券(SBI FXα)公式サイトへSBI証券(SBI FXα) 公式サイト

SBI FXαとSBI FXトレードの違いは?

SBI FXαとSBI FXトレードの違いは?

SBIグループではSBI証券のFXサービス(SBI FXα)の他に「SBI FXトレード」というFX専門のサービスも提供しています。よく似た名称のサービスですが、2つのサービスはスペックの点でいくつか異なるポイントがあります。

比較項目 SBI FXα SBI FXトレード
通貨ペア 28通貨ペア 34通貨ペア
取扱銘柄 FX、株式、債権、CFD、先物など FXのみ
スプレッド
(米ドル円)
0.2銭(※) 0.17銭~0.27銭(※)
最小取引数量 1,000通貨 1通貨
最大取引数量
(米ドル円)
300万通貨 1,000万通貨
レバレッジ 1倍・3倍・5倍・10倍・25倍 25倍
スワップポイント 同等 同等

※SBI FXαのスプレッドは原則固定例外あり
※SBI FXトレードのスプレッドは1,001〜100万通貨まで上記スプレッド。2020年1月2日7時~2020年2月1日6時30分時点での実績

SBI FXトレードはSBIグループの中でもFXサービスに特化した会社です。通貨ペアやスプレッド、ワンショット上限などはやはり専業なだけあって高スペック。一方、SBI証券が提供している「SBI FXα」では取扱銘柄が豊富なこと、レバレッジのコースが選択できるのがポイントですね。

FXだけをするならSBI FXトレード、FX以外にも株式や債券、CFD取引をするのであればSBI FXαが最適です。もっとも、SBI証券のFXサービスでも米ドル円のスプレッドはSBI FXトレードとほぼ同じ、スワップポイントも同等レベルで付いてきます。

FXに関していえば両社の違いはそれほど大きくないので自分のトレードスタイルに合ってる方を利用して頂ければと思います。

SBI証券のFX(SBI FXα)ではスキャルピングできるの?

SBI証券のFX(SBI FXα)ではスキャルピングできるの?

SBI証券:外国為替保証金取引約款
https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/derivative/fx_yakkan.pdf

FX会社を選ぶときにスキャルピングなどの超短期取引や自動売買ツールを使ったトレードができるのか気になる方も多いのではないでしょうか。FX会社によっては取引要綱にて短期取引が禁止されている業者もあります。

この点、SBI証券(SBI FXα)の取引約款には禁止事項として「短時間、または合理性を超えるような頻繁なアクセス・注文・取引であると認められる場合」との記載があります。

具体的にどの程度の短期取引が禁止されているかは明記されていませんが、ツールを使って過度にサーバーに負荷をかけるような取引は禁止されています。SBI証券のFXでスキャルピングが公認されているとはいえないため、スキャルピングを行う際は自己責任となるのでご注意を。

国内のFX会社でスキャルピングが公認されている業者は別記事にて詳しくまとめているので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

FX株担保で証拠金0円からトレードできる!

FX株担保で証拠金0円からトレードできる!

SBI証券のFX(SBI FXα)では国内株式を担保として差し入れることでFX取引が始められるFX株担保というサービスを提供しています。SBI証券で保有している国内株式の評価額の70%分までを預託保証金として活用することができます。

担保に差し入れた株式は保有したまま配当や株主優待を受けることが可能。長期保有で眠らしている株式をFXの証拠金として有効活用できるサービスになります。

株式の信用取引では約3倍のレバレッジまでしかかけられませんが、FXは最大25倍のレバレッジをかけることができます。FX株担保サービスでは、株式の購入に充てている資金をFXの証拠金としても活用できるので資金効率がぐんと上がります。

「長期保有の株式があるけど、もっと積極的に運用したい」という方はSBI証券のFX株担保を利用してFXをスタートしてみてはいかがでしょうか。

SBI証券のFX(SBI FXα)は総合口座を開設!

SBI証券のFX(SBI FXα)は総合口座を開設!

SBI証券でFXを始めるには株式や債券も取引できる総合口座を開設する必要があります。FX口座だけを開設することはできないのでご注意ください。

SBI証券の総合口座はネットから申込みを行います。公式サイトにアクセスし口座開設申込フォームから必要事項を入力、各種規程を確認して同意、必要書類を提出することで口座開設が完了します。

SBI証券の総合口座を開設すると、FX以外にも国内外株式や海外ETF、投資信託、オプション取引、カバードワラントなど様々な金融商品に投資することが可能です。大手ネット証券の老舗企業なので安心して投資を始められるのも魅力ですね。

大手証券会社でFXするならSBI FXαがイチオシ!

大手証券会社でFXするならSBI FXαがイチオシ!

ここまでSBI証券のFX(SBI FXα)について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。SBI証券のFXは大手ネット証券が提供しているFXの中でもハイスペックなサービスを提供しています。FX専業の会社と比較しても遜色ありません。「株式はやってきたけど、FXは初めて」「安心できる大手企業でFXを始めてみたい」という方はSBI証券のFX(SBI FXα)をぜひチェックしてみてくださいね。

SBI証券(SBI FXα) 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です