【2024年版】FX会社の外貨両替で海外旅行をお得に!両替・現受けの方法や出金について

この記事には広告・プロモーションが含まれています

FX会社の外貨両替で海外旅行をお得に!

夏休みや年末年始、ゴールデンウィークなどの連休で海外旅行に行く方は多いでしょう。

しかしながら、海外旅行をする前に米ドルなどの外貨を用意したいのだけど、手数料が高かったりするのが負担になる…という方も多いと思います。海外旅行へ行く前に、できるだけお得に外貨両替をしたいところ。

そこでおすすめなのが、FX会社を使った外貨両替です。FX会社は米ドル円やユーロ円などの取引サービスの提供がメインですが、中には、外貨両替サービスを取り扱っている会社が存在します。

以下では、外貨両替に対応している貴重なFX会社を紹介。また、「GMOクリック証券」と「GMO外貨」に関しては、口座開設から外貨両替、外貨出金までの流れも解説していきます。海外旅行のために外貨が必要な方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

海外旅行の前に、FX会社で外貨両替する

海外旅行の前に、FX会社で外貨両替する

「GMOクリック証券」「GMO外貨」などが外貨両替サービスを提供

外貨両替を扱っているFX会社は非常に少ないのですが、例えば「GMOクリック証券」や「GMO外貨」にて該当サービスを利用できます。

「GMOクリック証券」では外貨取扱サービスを提供していて、簡単な操作で日本円を米ドルにしたり、米ドルを日本円に両替したりできます。ただ、外貨入出金は2024年7月から対応予定なのでご注意を。

「GMO外貨」は現受け・現渡しによる外貨両替に対応しています。米ドル円やユーロ円などのポジションを保有して、そのポジションを外貨または円貨のまま受け取る、というサービスです。FX会社ならではの仕組みと言えます。

「GMOクリック証券」「GMO外貨」は両替手数料が無料!

海外旅行の前に、FX会社で外貨両替する

「GMOクリック証券」「GMO外貨」は、いずれも両替手数料が無料です。しかも、「GMOクリック証券」はMIDレートで両替を行うためスプレッドなし。好条件下で外貨両替が可能となっています。

いずれのFX会社も、外貨両替サービスを利用するにはFX口座の開設が必要なのですが、当記事で紹介しているFX会社は、すべて口座開設手数料は無料。口座維持手数料も無料なので、その点に関しては余計は費用は発生しません。

ただし、「GMO外貨」の外貨出金には1回あたり1,500円の外貨出金手数料が必要となっています。…が、同社では月間の合計取引数量が100万通貨以上であれば、同期間中の外貨出金手数料を翌月に返却する、という特典が存在します(※)。普段からFX取引をする方におすすめ。

また、米ドルやユーロなどの外貨をFX口座から引き出す際には、外貨預金口座が必要になります。こちらも事前に用意しておきましょう。

(※:外貨出金時、利用している金融機関によってはリフティングチャージ等の手数料が別途発生する場合があります。リフティングチャージ等は返却の対象外)

外貨両替が使えるおすすめのFX会社一覧

外貨両替に対応しているおすすめのFX会社は以下の通り。FX会社の外貨両替は便利なサービスですが、対応業者は僅少となっています。海外旅行の前に、気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

FX業者両替できる外貨両替手数料外貨出金手数料公式サイト
[GMOクリック証券]GMOクリック証券USD無料2024年7月より対応予定[GMOクリック証券>詳細]
[GMO外貨]GMO外貨USD、EUR、AUD、NZD、GBP、CHF、CAD、HKD無料1回あたり1,500円(※1)[GMO外貨>詳細]
[マネックス証券]マネックス証券USD、EUR(※2)1回あたり2,000円[マネックス証券>詳細]

(※1:GMO外貨では月間合計取引数量が100万通貨以上の場合、同期間中の外貨出金手数料が翌月に返却されます。また、利用している金融機関によっては外貨出金時にリフティングチャージ等の手数料が別途発生する場合があります。リフティングチャージ等は返却の対象外)
(※2:マネックス証券は「コンバージョン(両替取引)」と「デリバリー(現物受渡決済)」という2つの手続きに対応。「コンバージョン(両替取引)」は両替手数料が無料ですが、提示レートの売値/買値に20ポイントの外貨調達コストが加算されます。「デリバリー(現物受渡決済)」では1,000通貨あたり200円または2,000円の手数料が発生します)

外貨両替のやり方・手順を解説

次に、「GMOクリック証券」「GMO外貨」での外貨両替のやり方・手順を解説していきます。口座開設を検討している方も、すでに口座をお持ちの方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「GMOクリック証券」の場合

GMOクリック証券

FX口座の開設・入金

GMOクリック証券の外貨両替

GMOクリック証券で外貨両替を利用するには、まず同社FXサービス「FXネオ」の口座開設を行いましょう。公式サイトからオンライン上で申し込み可能です。

→詳しくはGMOクリック証券公式サイトへGMOクリック証券

GMOクリック証券の外貨両替

口座開設が完了したら、マイページまたはスマホアプリにログインして、両替するための資金の入金を行いましょう。

マイページから外貨両替を実行

GMOクリック証券の外貨両替

外貨両替はマイページの場合、入出金と同じ画面から利用できます。ここではPC環境にてマイページから両替を行っていますが、スマホアプリからも外貨両替が可能です。

GMOクリック証券の外貨両替

GMOクリック証券では日本円を米ドルに、または、米ドルを日本円に両替できます。いずれかを選択しましょう。次に、両替金額を入力して、確認画面へ移行。問題なければ両替を実行します。

外貨出金は2024年7月より対応予定

GMOクリック証券の外貨両替

既にお伝えしている通り、GMOクリック証券の外貨入出金サービスは2024年7月開始予定となっています。詳細が分かり次第、当記事の情報も更新します。

GMOクリック証券 公式サイト

【期間限定】最大1万米ドルキャッシュバックキャンペーン!

【期間限定】最大1万米ドルキャッシュバックキャンペーン!

GMOクリック証券では期間限定で「【最大10,000米ドル】ドルスト強化!FXキャッシュバックキャンペーン」を実施中!

キャンペーン期間中における、FXネオの新規建て取引の数量に応じて、最大で合計10,000米ドルをキャッシュバック。

全通貨ペアの取引が対象ですが、通貨ペアによってボーナスグループとスタンダードグループに区分されます。

【期間限定】最大1万米ドルキャッシュバックキャンペーン!

ボーナスグループは対ドル通貨ペア(ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル)で固められているのが特徴的。

キャンペーンは2024年5月13日(月)オープン〜7月31日(水)ニューヨーククローズまでの期間限定となっています。

GMOクリック証券では「外貨取扱サービス」の提供を開始し、対ドル通貨ペアの決済損益を米ドルで受け取ることが可能です。また、日本円を米ドルに両替したり、米ドルを日本円に替えたりすることも可能。米ドル関連サービスの強化にも注目です。

「GMO外貨」の場合

GMO外貨の外貨両替

FX口座の開設・入金

GMO外貨の外貨両替

GMO外貨のFXサービス「外貨ex」では、GMOクリック証券より以前から外貨両替を取り扱っています。2015年の年間利用件数は約32,000件とのこと。

GMO外貨で外貨両替を行う場合も、FX口座の開設が必要です。公式サイトにアクセスして各種手続きを行いましょう。

→詳しくはGMO外貨公式サイトへGMO外貨

GMO外貨の外貨両替

口座開設が完了したら、PC取引画面またはスマホアプリにログインして、クイック入金または振込入金にて、必要な資金を入金しましょう。

取引してポジションを保有する

GMO外貨の外貨両替

GMO外貨はGMOクリック証券とは違い、現受け・現渡しによる外貨両替に対応。そのため、まずはポジションの保有が必要となります。

例えば、日本円を米ドルに両替したい場合は、米ドル円の買いポジションを保有します。ワンタッチ注文もしくは通常の新規注文を利用しましょう。

外貨両替(現受・現渡)を実行

GMO外貨の外貨両替

ポジションを保有できたら、現受け・現渡しを行います。取引画面の左側のメニュー内に「通貨の交換(現受・現渡)」という項目があるので、そちらを選択。次に「現受・現渡画面へ」をクリックします。

現受け・現渡しを行うポジションの選択画面が表示されるので、希望するポジションを選びます。画面の指示に従って現受け・現渡しを実行しましょう。

また、現受け・現渡しは1,000通貨単位(香港ドルのみ1万通貨単位)での利用となります。

外貨出金

GMO外貨の外貨両替

外貨出金は取引画面の「出金依頼」から行います。前述の通り、外貨出金を行う場合は外貨預金口座の用意が必須です。

GMO外貨 公式サイト

「GMOクリック証券」と「GMO外貨」の違いとは?

【保存版】GMOクリック証券・GMO外貨の違いとは?FXネオ・外貨exを徹底比較!

「GMOクリック証券とGMO外貨のFXは、何が違うの?」という疑問に答えるべく、当サイトでは、2社のFXサービスの徹底比較も用意しています。

対応通貨ペアやスプレッド、スワップポイント、ツール、キャンペーンなど複数の観点から違いを徹底調査しました。

2サービスの違いを知りたい方、口座選びの参考にしたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

FX会社の外貨両替で海外旅行をお得に

「GMOクリック証券」と「GMO外貨」を中心に、FX会社の外貨両替サービスを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

FX口座の開設や、外貨出金のための外貨預金口座の用意が必要だったりしますが、外貨両替自体はオンライン上で行えるのが便利。

また、何といっても「GMOクリック証券」「GMO外貨」は両替手数料が無料となっているのが最大の魅力です。

海外旅行のために銀行などで外貨両替をする前に、FX会社の外貨両替サービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です