【2019年最新】FX会社のおすすめスマホアプリ徹底比較!アプリの選び方・ポイントを解説

FXスマホアプリの選び方!ランキング形式でおすすめアプリを紹介

FXスマホアプリの選び方・ポイントは?

当ページでは国内FX業者が提供しているFXスマホアプリの選び方を解説しています。ここ数年で各社ともにスマホアプリの機能は大きく向上しており、PCに劣らないスペックを誇るアプリが数多く登場しています。今となってはPCよりもスマホでの取引をメインにしている、という方も多いのではないでしょうか。メインのトレードはPCで行う方も、外出先でのチャート確認やプッシュ通知などの機能を利用される方は少なくないはず。

では、各社が提供しているFXスマホアプリの中でも、どのツールを利用するのが最適なのでしょうか?国内のFX業者は50社以上もありますので、各社のアプリをすべてチェックするのは面倒…。という方のためにFX手とりでは、人気のFX会社25社(※)のスマホアプリを調査し、項目別にオススメのFXアプリを厳選しました。

「初心者にオススメのアプリ」「テクニカルの搭載数が多いアプリ」「描画ツールが多いアプリ」「通知機能が充実しているアプリ」「分割チャート機能が便利なアプリ」「情報コンテンツが充実しているアプリ」、以上の6つのポイント別にオススメのFXスマホアプリを紹介しています。テクニカルと描画ツールに関しては、25社のアプリの搭載数を実際に数えて、搭載数が本当に多いアプリを掲載しています。FX業者選びにぜひご活用ください。

(※:調査対象FXアプリ提供業者…DMM FX、FXプライムbyGMO、FXブロードネット、GMOクリック証券、IG証券、JFX、LIGHT FX、OANDA Japan、SBI FXトレード、YJFX!、アイネット証券、インヴァスト証券、サクソバンク証券、セントラル短資FX、ひまわり証券、ヒロセ通商、マネースクエア、マネーパートナーズ、マネックス証券、みんなのFX、岡三オンライン証券、外為オンライン、外為ジャパン、外為どっとコム、楽天FX)

6つのポイントからオススメのFXアプリを紹介

初心者にオススメのFXスマホアプリは?

チャート分析機能が豊富であるとか注文機能が充実しているとか、そのような高機能アプリも魅力的ではありますが、FX初心者の方にとっては「使いやすさ」「分かりやすさ」などの方が重視したいポイントではないでしょうか。まずここでは、使い勝手の良さに着目して、初心者にオススメのFXアプリを5つご紹介します。

初心者にオススメのFXスマホアプリ5選

スマホアプリ・FX業者 テクニカル指標 描画ツール チャート分割 アプリの特徴 公式サイト
[GMOクリック証券]
GMOクリック証券
12種類 11種類 アラート機能対応、高性能チャート搭載 [GMOクリック証券>詳細]
[DMM FX]
DMM FX
12種類 × プッシュ通知対応、売買比率を閲覧可能 [DMM FX>詳細]
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
19種類 3種類 プッシュ通知対応、ロイター閲覧可能 [ヒロセ通商>詳細]
[FXプライムbyGMO]
FXプライムbyGMO
17種類 1種類 プッシュ通知対応、未来予測チャート搭載 [FXプライムbyGMO>詳細]
[みんなのFX]
みんなのFX
8種類 5種類 × プッシュ通知対応、売買比率を閲覧可能 [みんなのFX>詳細]

FX初心者の方には「GMOクリック証券」のアプリがオススメ!

初心者にオススメのFXスマホアプリは?

初心者の方にまずオススメなのが、GMOクリック証券のスマホアプリ「GMOクリック FXneo」です。GMOクリック証券は高い技術力を誇っており、スマホアプリは高機能かつシンプルで分かりやすい構造となっているのが魅力。

レートやチャート画面、発注画面は数字も入力部分も見やすくなっており、サクサク動く操作性の良さもポイントです。スピード注文(下記画像中央)はチャートとレートを見ながら利用することができ、ワンタップで素早く注文が可能。直感的なトレードを実現してくれます。

また、最新ニュースの配信と経済指標カレンダーも搭載。さらに、日々のトレードを振り返られる「FXトレード日記」も備わっていますので、自身の取引状況の分析もスマホアプリ内で行えます。ヘルプからGMOクリック FXneoの操作方法を確認することも可能。

これからFX取引を始められる方、使いやすくて高機能なFXスマホアプリをお探しの方は、ぜひGMOクリック証券のGMOクリック FXneoをチェックしてみてくださいね。


「GMOクリック証券」スマホアプリのキャプチャ画像

GMOクリック FXneoの画面

GMOクリック証券 公式サイト

テクニカル指標の搭載数が多いスマホアプリは?

次にご紹介するのはテクニカル指標の搭載数が特に多いFXアプリです。冒頭でお伝えしたように、FX業者25社のスマホアプリを調査し、搭載数が本当に多いFXアプリを厳選しています。上記でお伝えした初心者向けアプリよりも高機能で、中上級者向けのアプリが揃っています。分析機能に特化したスマホアプリをお探しの方は以下の3社をチェックしてみてくださいね。

テクニカル指標の搭載数が多いFXスマホアプリ3選

スマホアプリ・FX業者 テクニカル搭載数 搭載テクニカル指標の内訳 公式サイト
[サクソバンク証券]
サクソバンク証券
51種類 ADLチャート、ADO、ADX、ADチャート、AO、ATR、CCI、COR、DMI、MACD、MFI、OBV、OI(取組高)、OSC、ROC、ROS、RSI、TR、VOL(取引高)、VWAP、WAC、WTC、Z-スコア(レシオのZ-スコア)、ウィリアムズ・アリゲーター、ウィリアムズ%R、ウィリアムズA/D、カウフマン適応移動平均、ケルトナーチャネル、ストキャスティクス(スロー)、ストキャスティクス(ファースト)、スプレッド、ドンチャン・チャネル、パラボリック、ピボット・ポイント、ボリンジャーバンド、モメンタムボリンジャーバンド幅、レシオ、移動平均エンベロープ、一目均衡表、価格チャネル、加重移動平均、割合価格オシレーター、三重指数平均、指数移動平均、修正移動平均、修正指数移動平均、相対モメンタム指数、単純移動平均、二重単純移動平均、標準偏差 [サクソバンク証券>詳細]
[OANDA Japan]
OANDA Japan
30種類 ADX、ATR、MACD、ROC、RSI、SMA(単純移動平均線)、Tick Volume、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R、オーサムオシレーター、ストキャスティクスRSI、ストラー・平均レンジ、スロー、パラボリック、バランスオブパワー(BoP)、ピボット、ファストストキャスティック、フラクタル、フルストキャスティック、ボリンジャーバンド、モメンタム、安値、一目均衡表、加重移動平均、高値、始値、指数平滑移動平均、終値、商品チャネル指数、標準偏差 [OANDA Japan>詳細]
[IG証券]
IG証券
28種類 ATR、EOM(EMV)、KDJ、MACD、RSI、アルーン、ウィリアムズ%R、オーサム・オシレーター、ケルトナー・チャネル、ストキャスティクス、チャイキン・ボラティリティー、ディレクショナル・ムーブメント、デトレンディッド・プライス・オシレーター、ドンチャル・チャネル、パラボリックSAR、ピボット・ポイント、ボリンジャーバンド、マネーフローインデックス、モメンタム、移動平均、一目均衡表、加重移動平均(WMA)、指数平滑移動平均(EMA)、出来高、出来高加重移動平均線、商品チャネル指数、標準偏差、変化率 [IG証券>詳細]

テクニカルの搭載数で選ぶなら「サクソバンク証券」のアプリがオススメ!

テクニカル指標の搭載数が多いスマホアプリは?

純粋にテクニカル指標の搭載数の多さで選ぶなら、「サクソバンク証券」のスマホアプリがオススメです。サクソバンク証券のアプリはなんと、50種類以上ものテクニカル指標を搭載。すべて無料でお使いいただけます。他の国内FX業者のアプリでは、10〜20種類程度のテクニカル搭載が標準的なのですが、サクソバンク証券のアプリはスゴいです。

しかも、サクソバンク証券の取引ツールはPC、スマホ、タブレットなどがそれぞれ連動しているのが大きなポイント。例えばPCツールでトレンドラインを引いたりテクニカル指標を設定したりすると、それがスマホアプリ版のツールにも反映されるのです。

さらに、サクソバンク証券のアプリは比較チャート機能を搭載。1つのチャート内で別の銘柄のチャートを表示させることで、相関関係をチェックすることも可能です(FXだけでなくCFD銘柄も表示できる!)。今のスマホアプリでは満足できない、もっと高機能なアプリを使いたい、という方はサクソバンク証券のスマホアプリがオススメ。


「サクソバンク証券」スマホアプリのキャプチャ画像

「サクソバンク証券」スマホアプリのキャプチャ画像

サクソバンク証券 公式サイト

描画ツールの搭載数が多いスマホアプリは?

トレンドラインやフィボナッチ・リトレースメントなど、描画ツールの機能が充実しているFXアプリをご紹介します。ここ数年で格段に機能が向上した各社のFXアプリですが、実は意外と描画機能が揃っているツールは少ないです。しかし、以下の4社はスマホアプリでありながら、10種類以上もの描画ツールを搭載。テクニカル指標の項目で紹介したアプリと同様、ここでも純粋に搭載数の多い順に4つのアプリをピックアップしています。描画機能を重視される方は要チェック。

描画ツールの搭載数が多いFXスマホアプリ4選

スマホアプリ・FX業者 描画ツール搭載数 搭載描画ツールの内訳 公式サイト
[IG証券]
IG証券
19種類 トレンドライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・エクステンション、ギャン・ファン、ギャンライン、ポイントライン、レクタングル、トライアングル、チャネル、エリオット波動(1波、2波、3波、4波、5波)、エリオット波動(A波、B波、C波)、オーバル、ピッチフォーク、ヘッド・アンド・ショルダー、テキスト、矢印、計測ツール [IG証券>詳細]
[サクソバンク証券]
サクソバンク証券
19種類 トレンドライン(セグメント)、トレンドライン(レイ)、トレンドライン(エクステンド)、平行線、水平線、縦線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・プロジェクション、フィボナッチ ファン、フィボナッチ・エクステンション、アンドリュース・ピッチフォーク、線形回帰直線、長方形(正方形)、楕円(円)、矢印、測定、バーカウンター、テキスト、コールアウト [サクソバンク証券>詳細]
[OANDA Japan]
OANDA Japan
11種類 トレンドライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・タイムゾーン、ベクトル、スピードライン、ピボット、分割線 [OANDA Japan>詳細]
[GMOクリック証券]
GMOクリック証券
11種類 トレンドライン、チャネル(平行線)、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーン、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・アーク、四角、三角、楕円 [GMOクリック証券>詳細]

描画ツールで選ぶなら「IG証券」のアプリがオススメ!

描画ツールの搭載数が多いスマホアプリは?

描画ツールの豊富さで選ぶなら「IG証券」のスマホアプリがオススメです。描画ツールの揃っているFXアプリが少ない現状の中、IG証券のアプリはなんと19種類も描画ツールを搭載。もちろんすべて無料でお使いいただけます。トレンドラインや水平線といった定番のものから、エリオット波動、テキストや矢印も描画できます。

また、描画したラインは他の時間軸チャートにも反映されるのがポイント。例えば日足で描画したラインが1時間足チャートにも表示されます。他社のFXアプリだと、他の時間軸チャートに反映されなかったり、そもそも時間軸を切り替えるだけでラインが消えてしまうといったことが多いです。ちなみに、IG証券のアプリではラインの色とデザイン、パラメーターの変更も可能です。


「IG証券」スマホアプリのキャプチャ画像

「IG証券」スマホアプリのキャプチャ画像

IG証券 公式サイト

アラート・プッシュ通知機能で選ぶなら?

スマホアプリならではの便利機能はいろいろありますが、中でもアラート・プッシュ通知機能を重宝している方は多いのではないでしょうか。指定したレートへの到達や急な相場変動、経済指標の通知などをスマホで受信することができれば、取引チャンスをうっかり逃してしまうといったミスを防止できます。ここでは、そんな通知機能で選ぶならオススメの3つのアプリを厳選しました。スマホをトレードの補助ツールとして利用される方も、気になるものがあればぜひチェックしてみてくださいね。

アラート・プッシュ通知機能がオススメのFXアプリ3選

スマホアプリ・FX業者 レート通知 相場変動通知 経済指標通知 シグナル通知 プッシュ通知 公式サイト
[FXプライムbyGMO]
FXプライムbyGMO
事前通知 × [FXプライムbyGMO>詳細]
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
事前通知・結果通知 × [ヒロセ通商>詳細]
[OANDA Japan]
OANDA Japan
× オートチャーティスト通知 [OANDA Japan>詳細]

通知機能で選ぶなら「FXプライムbyGMO」のアプリがオススメ!

アラート・プッシュ通知機能で選ぶなら?

プッシュ通知機能が特にオススメなのが「FXプライムbyGMO」のスマホアプリ。FXプライムbyGMOのFXアプリはレート通知、レート変動幅通知、経済指標通知の3つの通知機能に対応しています。レート通知に対応しているのはさほど珍しくないのですが、ここで注目していただきたいのはレート変動幅通知と経済指標通知。

レート変動幅通知は一定期間(1分・10分・30分から選択可能)における、指定したpips数のレート変動があればプッシュ通知で知らせるというもの。ポイントは、期間を1分間に設定できるということ。短い期間での変動をいち早く知りたい方にもオススメですし、バイナリーオプション取引にも活かすことができます。

経済指標通知は指標発表の前にプッシュ通知で知らせてくれるもの。便利なのが、国ごとに通知のオンオフを切り替えられるという点です。他社のアプリですと一括設定が普通ですので、細かく指定できるのはメリット。通知機能が便利なFXアプリをお探しの方は、ぜひFXプライムbyGMOをチェックしてみてくださいね。


「FXプライムbyGMO」スマホアプリのキャプチャ画像

「FXプライムbyGMO」スマホアプリのキャプチャ画像

FXプライムbyGMO 公式サイト

分割チャート対応のオススメFXスマホアプリは?

「複数のチャートを見たいけど、チャートをいちいち入れ替えるのが面倒…」という悩みを抱えている方、けっこうおられるのではないでしょうか。PCツールであれば複数のチャートを表示できるものが多いですが、スマホだとやや限られてきます。ここでは、スマホでも複数のチャートを並べて表示させたい!という方のために、分割チャート機能がオススメの3つのFXアプリをご紹介。なんと、スマホでありながら10種類ものチャートを並べられる業者も…。要チェックです。

チャートの分割表示ができるオススメのFXアプリ3選

スマホアプリ・FX業者 最大分割数 分割チャート機能の特徴 公式サイト
[楽天証券]
楽天証券
最大10分割 マイページのカスタマイズにより最大10個のミニチャートを併記可能。ただし表示できるテクニカル指標は単純移動平均線とボリンジャーバンドのみ [楽天証券>詳細]
[FXプライムbyGMO]
FXプライムbyGMO
最大4分割 分割チャートを個別に細かく設定可能。テクニカル指標は17種類を表示可能。分割時も拡大縮小ができる [FXプライムbyGMO>詳細]
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
最大4分割 通貨ペア・足種・テクニカルを一括切替できる。テクニカル指標は9種類を表示可能 [ヒロセ通商>詳細]

チャート分割機能で選ぶなら「楽天FX」のアプリがオススメ!

分割チャート対応のオススメFXスマホアプリは?

とにかくたくさんのチャートを並べたい、という方には「楽天FX(楽天証券)」のスマホアプリがオススメです。なんと、楽天FXのスマホアプリでは最大10個のミニチャートを並べることができます。まともに見れるのは8つのチャートにはなりますが(残り2つは画面外にはみ出ます)、それでもスゴいです。

これは、楽天FXのアプリに搭載されている「マイページ機能」を活用したもの。楽天FXのアプリではスマホ環境でありながら、画面表示のカスタマイズ機能を搭載。ここでミニチャートだけを並べると、最大10個のチャートを併記させることが可能なのです。ただし、表示できるテクニカル指標が単純移動平均線とボリンジャーバンドの2つだけなのは残念…。

それでも、スマホ環境でこれだけの数のチャートを並べられるのは魅力的。ちなみに、楽天証券では楽天FXの他に楽天MT4口座もありますので、MT4を分析に利用することもできます。


「楽天FX」スマホアプリのキャプチャ画像

「楽天FX」スマホアプリのキャプチャ画像

楽天FX 公式サイト

情報コンテンツが充実しているFXスマホアプリは?

最後にピックアップするのは情報コンテンツが充実しているFXアプリです。外出先でチャートをチェックするのも大切ですが、隙間時間に相場分析のレポートを読んだり、動画コンテンツを見たりできるとトレードの参考にも勉強にもなりますよね。以下に紹介する3社は、スマホ環境でも豊富な情報コンテンツにアクセスできるFX業者。情報面を重視される方はぜひご確認を。

情報コンテンツが充実しているオススメのFXアプリ3選

スマホアプリ・FX業者 オススメのポイント 公式サイト
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO ・マーケットウィン24、FXi24の最新ニュースを閲覧可能
・マーケット情報サイト(会員限定)にアクセス可能。売買戦略やレポートなどを提供
・FXプライムbyGMOは毎月オンラインセミナーを開催中
[FXプライムbyGMO>詳細]
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 ・Klug、fxwave、ダウ・ジョーンズ、ロイターの最新ニュースを閲覧可能
・小林芳彦氏のマーケットナビ(音声解説)にアプリからアクセス可能
・自分の取引を振り返れる「LION分析ノート」を利用可能
[ヒロセ通商>詳細]
[外為どっとコム]外為どっとコム ・DZHフィナンシャルリサーチ、フィスコ、ロイターの最新ニュースを閲覧可能
・経済指標カレンダー、各国の政策金利一覧を表示
・情報配信サイト「外為情報ナビ」では外為どっとコムユーザーの注文情報(外為注文情報)などが見れる
[外為どっとコム>詳細]

情報コンテンツで選ぶなら「FXプライムbyGMO」がオススメ!

情報コンテンツが充実しているFXスマホアプリは?

プッシュ通知でも紹介しましたが、情報コンテンツに関してもFXプライムbyGMOのスマホアプリ「PRIMEアプリS」がオススメです。FX各社はそれぞれが最新ニュースやレポートなどの提供を行っていますが、FXプライムbyGMOはその情報提供にも特に注力しているFX会社。ただ情報を閲覧するだけでなく、知識と技術を磨くためのコンテンツを提供してくれます。

FXプライムbyGMOには口座開設者しか入ることのできない、情報配信専用のサイトが用意されています。そこでは最新のニュースが見られるのはもちろん、取引の戦略や為替や経済に関するレポート、経済指標のデータなどさまざまな情報をチェックできます。

これらの情報コンテンツはスマホから見ることが可能。取引の合間でも、毎朝の通勤時間にでもチェックできますね。また、FXプライムbyGMOは無料のオンラインセミナーを毎週開催。満足度の高いセミナーも活用してFXや投資について学べる環境が整えられています。


「FXプライムbyGMO」スマホアプリのキャプチャ画像

「FXプライムbyGMO」スマホアプリのキャプチャ画像

FXプライムbyGMO 公式サイト

FXスマホアプリの選び方のまとめ

6つのポイントに絞ってFXスマホアプリを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。細かく見ていくと、各社のスマホアプリは個性的でさまざまな違いがあります。分かりやすさを重視するのか、機能面を重視するのか、情報力で選ぶのか、通知機能に目を向けるのか…。当ページの情報を活用していただき、ぜひご自分のトレードスタイルに最適なFXアプリを見つけ出してくださいね。