【M1 Mac対応】Mac版MT5にインジケーターを入れる2つの方法

Mac版MT5にインジケーターを入れる2つの方法

メタクオーツ社からMac版MT5がリリースされ、フィリップ証券がいち早くMac公式対応を発表しましたが、カスタムインジケーターのインストール方法が分からず困っていませんか?

この記事では、Mac対応MT5にカスタムインジケーターを入れる方法をお伝えしています。Apple M1チップ搭載Mac Bookや、最新のmacOS Big SurやCatalinaにも問題なくインストールすることが可能です。

「コピー&貼り付けでインストールする方法」と「移動メニューからデータフォルダを開く方法」の2通りのやり方がありますので、ご自分に合った方法で試してください。

フィリップ証券がMac版MT5に公式対応!
フィリップ証券
フィリップMT5、MacOS対応のお知らせ(公式サイトより抜粋)

フィリップ証券が、国内のMT5提供業者で初めて「MacOS版MT5」に公式対応しました。Mac環境でもMT5が利用でき、FXだけでなく、いま注目の証券CFDや商品CFDも取引可能です。デモトレードも提供されていますので、MacでMT5を使いたい方は要チェックです。

→詳しくはフィリップ証券公式サイトへフィリップ証券

「コピー」&「貼り付け」でインストールする方法

まず1つ目は、「コピー」&「貼り付け」でインストールする方法です。

Mac版MT5は、WineというWindows互換レイヤーソフトで動作しているため、「データフォルダを開く」から開いたウィンドウにインジケーターをドラッグ&ドロップしてもインストールできません。

ですが、エクスプローラー画面上で「コピー」して「貼り付け」を行えば、インジケーターをインストールすることが可能です。

例として分かりやすいように、デスクトップに置いた「Sample.ex5」をインストールする手順を解説しますのでご確認ください。

MT5からデータフォルダを開く

「ファイル」から「データフォルダを開く」

MT5を起動後、メニューの「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックします。

インジケーターを「コピー」する

My Mac Desktopをクリック

エクスプローラー画面が表示されたら、「My Mac Desktop」をクリックします。

インジケーターを右クリックして「コピー」

デスクトップに置いた「Sample.ex5」が表示されますので、右クリックして「コピー」を選択します。(キーボードショートカットの「command + C」ではコピーできませんのご注意ください )

左矢印をクリックして、前の画面に戻る

コピーができたら、エクスプローラー画面の左上の左矢印をクリックして、前の画面に戻ります。

「貼り付け」してインジケーターを追加する

MQL5をダブルクリック

MQL5をダブルクリックし、さらにその中の「Indicators」をダブルクリックします。

右クリックして「貼り付け」

Indicatorsの画面内で右クリックし、「貼り付け」をします。

Sample.ex5が表示

Sample.ex5が表示されればOKです。

MT5を再起動してインジケーターを表示する

インジケーターをチャートにドラッグ

MT5を再起動すれば、追加したインジケーターがナビゲータに表示されますので、チャートにドラッグします。

MT5インジケーター

無事インジケーターが表示されましたね。以上で1つ目のインストール方法は終了です。複数のインジケーターを入れたければ、最初から「コピー」して「貼り付け」を繰り返してください。

Macの移動メニューからデータフォルダを開く方法

2つ目は、MacのFinder移動メニューからデータフォルダを開く方法です。初回は少し難しそうですが、一度やってショートカットを作れば、次回から簡単に追加できるので頻繁にインジケーターをインストールしたい方はこちらの方法がおすすめです。

移動メニューから「フォルダへ移動」を選択

「移動」から「フォルダへ移動」を選択

デスクトップをクリックすれば、MacのFinderメニューが表示されますので、「移動」から「フォルダへ移動」を選択します。

Mac版MT5のデータフォルダを開く

「フォルダへ移動」

フォルダの場所を入力:の欄に、下記の文字列をコピーしてそのまま貼り付けてください。
コピペができたら、「移動」をクリックします。

~/ライブラリ/Application Support/MetaTrader 5/Bottles/metatrader5/drive_c/Program Files/MetaTrader 5/MQL5/

「Indicators」をダブルクリック

MQL5フォルダが表示されましたね。これがMac版MT5のデータフォルダの実体です。この中にある「Indicators」フォルダにカスタムインジケーターをドラッグ&ドロップで入れればOKです。

インジケーターを追加する

「Indicators」にインジケーターを入れる

ここでは、デスクトップに置いた「Test.ex5」をドラッグ&ドロップでインストールします。

MT5を再起動してインジケーターを表示する

MT5インジケーターインストール完了

最後にMT5を再起動すればインストール完了です。

以上が、2通りのMac版MT5へのカスタムインジケーターのインストール方法です。
やりやすい方法で試してみてください。

エイリアス(ショートカット)を作っておけば便利
エイリアスを作成

頻繁にインジケーターを入れる方は、「Indicators」のエイリアス(ショートカット)を作っておけば便利です。

「Indicators」を右クリックし、エイリアスを作成。これをデスクトップなどに置いておけば、今後はここにインジケーターをドラッグ&ドロップするだけでOKです。

インジケーター以外にもEAを利用したい方は、「Experts」のエイリアスも作っておくと便利ですね。

MT5対応の国内FX業者 一覧比較

MT5が利用できるFX会社も少しずつ増えてきました。下記がMT5対応の国内FX業者一覧です。特集ページで業者の特徴を詳しく解説していますので、気になる方は合わせてご覧ください。

FX会社通貨ペア米ドル円スプレッド取引単位業者の特徴公式サイト
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan40
種類
0.3銭1万
通貨単位
NDD方式
オリジナルインジ多数
[オアンダ ジャパン>詳細]
[フィリップ証券]フィリップ証券24
種類
変動制1000
通貨単位
MacOS版MT5に対応
証券・商品CFDにも対応
[フィリップ証券>詳細]
[アヴァトレード・ジャパン]アヴァトレード・ジャパン55
種類
0.4銭1,000
通貨単位
通貨ペアが豊富
主要銘柄の最大発注数量が2,000万通貨
[アヴァトレード・ジャパン>詳細]
[外為ファイネスト]外為ファイネスト(※1)発表前発表前発表前ライブ版は今秋リリース予定
スキャルピングOK
[外為ファイネスト>詳細]

(※:スプレッドは原則固定・例外あり)
(※1:外為ファイネストは2021年7月にデモ版MT5をリリース、ライブ版は2021年秋頃リリースを予定しています)

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です