チャート再生モードは検証に最適

トレーディングビューにはリプレイモードという機能があります。これを使えば過去のチャートを使って、実際に動いているように再生することが可能。
ただし確定したロウソク足が出現するだけで、メタトレーダーのようにティック毎には表示されません。

リプレイモードにより実際にトレードしているような感覚で検証ができます。

やり方

メニューの再生(バーのリプレイ)を押します。

再生

赤い縦線が出現するのでスタートする位置を決めます。

スタート位置を決める

操作パネルが出現するので、再生ボタンを押します。

再生モード

スピードも6段階あり、変えることができます。

操作パネルには「早送り」というボタンもあります。これは押す毎に1本ずつ表示させることができます。一時停止してから自分のペースで1本ずつ動かすのもいいかと思います。

TradingView対応のFX会社、ブローカー一覧表

FX会社 通貨ペア 取引単位 特徴 公式サイト
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan 71種類 1000通貨 抜群の約定力
約定拒否なし
オリジナルインジ50種類以上
[オアンダ ジャパン>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 150種類 1000通貨 豊富な通貨ペア
インターバンク直結
最大発注数量2500万通貨
[サクソバンク証券>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com 84種類 1000通貨 世界180カ国に展開
安定した約定力
MT4ツール22種類が無料
[FOREX.com>詳細]

※サクソバンク証券の通貨ペアはスタンダードコースが対象、取引通貨単位・最大発注数量はアクティブトレーダーコースが対象。

TradingView 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です